ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラの作品情報・感想・評価・動画配信

『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』に投稿された感想・評価

海辺。きれいな家。伝記もの。才能。嫉妬。ゆいの好きなものが詰まった映画。予告とあらすじを見ただけで秒でアマプラで探した。序盤すこし、誰が誰だかわかんないから観づらかったけれど、徐々にそれがなくなって…

>>続きを読む
kty

ktyの感想・評価

5.0

『アイリーン・グレイ 孤高のデザイナー』のポスターによく似た女優オーラ・ブラディ演じるグレイの悲痛な表情と始終憂いを秘めた弦の調べが静謐な画面構成と合う😊

更に嫌な性格の滲み出るル・コルビュジエ役…

>>続きを読む

伝統からモダンへの挑戦。
物質の本質的な部分を気付かされる、アートこそが世のことわりの分析。具現化、言語化のツール。
建築は精神を表す物、形式にはとらわれない。住宅は人が住む機械ではない、人を包み込…

>>続きを読む
麗

麗の感想・評価

4.5

形式主義よりも生き方だ。
簡素で、モダニズムの中にも包み込まれるような温かい生活の空間を生み出せるのは女性が作ったからなのか。
だから個人的に、E.1027よりテンペ・ア・パイアの方が好き。
ここ最…

>>続きを読む
コルビジェとアイリーンが、ずっとケンカしててバチくそおもろい。

近代建築の巨匠ル・コルビュジエ。彼には生涯で唯一、その才能を羨んだと言われる女性がいた。彼女の名はル・コルビュジエとアイリーン。

2009年にクリスティーズで行われた『イヴ・サンローラン&ピエール…

>>続きを読む
人の作品に絵描くとかとんでもなさすぎる‥
コルビュジェの嫉妬心の部分はちょっと手塚治虫と被って見えた。
Kaitoku

Kaitokuの感想・評価

3.4

映像資料だったね。
ドラフターの前でイチャつくな〜‼︎?

建築家って本当に平行定規、ドラフターみたいな合理的なイメージなんだけども
アイリーンは観察分析から入り+感受性大事にしてる部分がありそう

>>続きを読む
A

Aの感想・評価

3.7

AALTOを観たいのでもう少し建築とインテリアについて勉強しようと思い観賞。

"私は自由のために孤独を選びます。
仕事に没頭することで危うい人生に溺れることもない。"
アイリーン・グレイの言葉にマ…

>>続きを読む
3akata

3akataの感想・評価

3.2
モダン建築や家具好きにはたまらないだろう。
そしてこんな南仏の世紀の別荘にもぬかりなく邪魔するナチス。
>|

あなたにおすすめの記事