顔たち、ところどころの作品情報・感想・評価・動画配信

「顔たち、ところどころ」に投稿された感想・評価

アートだなぁ
年齢関係ない友達って憧れる
十何年も昔に撮った写真のとこを鮮明に覚えてる、写真に残すことも大事だー
heeper

heeperの感想・評価

4.2
評判のいいドキュメンタリーってことだけで見たので登場人物のことは一切知らなかった。主役の二人の組み合わせがあまりにもよくて、もしかしたらこれはフェイクドキュメンタリーで役者が演じているのではとすら思った。それくらいこの映画全体が物語としてきちんと出来ていてびっくり。一体どこまで見通してこの映画を撮りはじめたんだろうか?
ゆん

ゆんの感想・評価

3.8
全てが芸術
2人の行動力と創造力と
全てが美しく思った。

今欲しい気持ちをスっと
埋めてくれるような映画だった。
観てて心地よかった
aoiro

aoiroの感想・評価

4.3
ドキュメンタリー映画。
最初から映像がおしゃれで、題材も興味深く、一気に引き込まれました。
一般の人々を撮影して、壁画に貼り、アートにする。新鮮で、見てて楽しかった。
想像力と行動力でいろんなものが作り出せるんだ!
アニエスとJRのコンビ、好きだなー。
自由に好きな物事を突きつめる2人の生き方にただただ感服
才能があるから結果としてこう成功してるのかわからないけど
自分が同じことやったら路頭に迷うかな

ゴダールもどこまでも変わった人間で好き

アニエスヴァルダの文化人ながら気取ってないところもいい
作品の中でも、幸福とかクレオはお洒落だったな
心地が良いなぁ。ユニークな始まり方を見て、この映画、わたし好きだ!と直感が働く。その通りで嬉しい。

鐘を鳴らす画の美しいことと言ったら!涙出た。忘れ難い。
この2人は、確かに、芸術で人を幸せにした。そのことを考えて胸いっぱい。
Bouncy

Bouncyの感想・評価

-
アニエスヴァルダがベンチに座っているときに脚をぶらぶらする姿がめちゃくちゃかわいかった
ねる

ねるの感想・評価

-
その場で現地の人の写真を撮ったり、昔の写真を使って、建物など色んなところに貼る

ずっと残るものではないので、またそこがいいです。

コンテナのママ3人衆よかった。心臓部分に座って粋だな〜と思った
映画監督アニエスと写真家JRが田舎町を回り、その土地で出会った人々を撮った写真をその土地の建物に貼っていく旅をするお話。

人の写った巨大な写真を壁に貼るだけでこんなに景色が変わるのかと度肝抜かれたドキュメンタリー。

やってることはいたってシンプル。
旅をしながらそこで出会った人達の写真を撮り、建物に貼る。

たったこれだけですが、ものすごい惹かれる作品になっていて、素晴らしかったです〜✨✨✨

特にコンテナに貼った写真とその写真に写った人々が同時に映るシーンは特に素晴らしかった〜🤩🤩🤩

シンプルな方がクリエイターの腕が試されるんですかね〜💪💪💪

その土地その土地で生活している人の話に耳を傾けて、写真を撮っていたからでしょうか。
写真に写った人々の顔は皆、とっても良い顔をしている。

人の写真を撮るのって、素敵だなと改めて思わされました〜🤩🤩🤩

全体的にはドキュメンタリーだと思うのですが、この映像を映画にするってわかってたからやったんかなと思わされるような演出があったのは、やはり映画監督アニエスがいたからでしょうかね〜。

長々とすいません。
の

のの感想・評価

-
アニエス・ヴァルダとJRが、フランスの農村を旅しながら写真を撮って行くドキュメンタリー。

アニエス・ヴァルダとJRの何気ない会話の中にも彼ら独特の空気感があって、見ていて全く飽きさせない。あまりにも全てが映画としてまとまっているので、フェイクドキュメンタリーなんだろうか?と調べたくらいである。

二人とも偉大であるはずなのに、気取っていなくて素晴らしい。本物だなぁと思う。
>|

似ている作品