笑う故郷の作品情報・感想・評価

笑う故郷2016年製作の映画)

El ciudadano ilustre/The Distinguished Citizen

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

世界的な成功をおさめた作家ダニエル・マントバーニは、生まれ故郷であるアルゼンチンの町サラスから「名誉市民」としての招待を受け、40年ぶりにヨーロッパから帰国する。彼の小説はサラスでの思い出から着想を得たものも多く、故郷の人々から盛大に歓迎される。幼なじみや昔の恋人とも再会しご満悦のダニエルだったが、まもなく手痛いしっぺ返しを食らうことに・・・。

「笑う故郷」に投稿された感想・評価

ゆき

ゆきの感想・評価

2.8
コメディかと思いきや、ちょっとダークな感じが怖かった。
自分の故郷なのに、20年ぶりに帰ると町の人たちも微妙に変わっていて。
ひとりひとりの個性が濃すぎて、ラストみたいになるのも納得なんだけどー。
狭い世界から外に出ないとダメなのねー。
ノーベル文学賞を受賞した作家ダニエルは、取材や講演の依頼が引っ切り無しに舞い込むが、ことごとく断っていた。ある日、故郷アルゼンチンのサラスという町から名誉市民賞授与の知らせを受ける。30年以上スペインに住んでおり、戻らないつもりだったが、帰郷を決意する。しかし、そこでは意外な展開が待ち受けていた——。

東京国際映画祭(TIFF)2016で「名誉市民」の邦題で上映されていたが、時間が合わず観ることができなかった。以来、上映情報やレンタル情報を待っていたのだが、題名変更のトラップに引っかかり、けっこう長らく情報がつかめないでいた。

故郷には、故郷のルールがある。住んでいたときは、当たり前の様に思っていたが、一度外に出て何年も暮らすと、また違った見え方になるのは、よくある事だ。

特に有名人になれば、なおさら、帰郷したときの印象は変わりそうだ。本作の新しい邦題は、「笑う故郷」だが、この笑いは、故郷に対するほのぼのとしたコミカルな笑いではなく、かなりシニカルな笑いだった。もはや、冷笑とも言える。

これから本作を観る人は、元々は「名誉市民」というタイトルだったことを踏まえて観ると、より分かりやすいかもしれない。このタイトルは、原題の直訳でもある。
sotarojaro

sotarojaroの感想・評価

3.5
難しい。

TSUTAYAのパッケージにはコメディと書いてあったが所謂コメディといわれる要素は皆無に等しい。むしろ、人間の、卑しさというか…一筋縄ではいかない感情の生々しさを表現している感じ。かといって、もし自分が主人公の故郷の側だったら。。と考えると悩ましくなる。

凄まじいブラックユーモア感。ある意味退屈はしない。が、ゲラゲラ笑うつもりで借りると痛い目を見るかと。友人と一緒に見るのもあえてオススメは出来ない。深夜にお酒を傍らに眺めるのがいいと思う。
mats5050

mats5050の感想・評価

3.4
面白かった!
こういう映画を見るとつい 自分に博がついたような勘違いをする
笑って見てる自分もこの中の登場人物の一人なのかも…
love1109

love1109の感想・評価

3.7
絶対的なものなど何ひとつない。高尚と低俗、賢明と愚劣、尊敬と軽蔑は、いずれも紙一重。このアルゼンチンとスペインとの合作で生まれた映画は、決して一面で捉えることのできない人間の多面性、複雑な感情のひだを炙りだし、人生は喜劇であり、と同時に、悲劇であることを思い出させる。南米映画、恐るべし。
不安と恐怖で一杯です。

いつになったら私はシネフィルになれるのか?
もしかして……なれないのかな?😢

長🍜県ナンバーワン・シネフィルになる為には
幾多の映画通をゴボウ抜きしなければイケない
反則と罵られようが神の手を使ってでも
私はナンバーワンの座を掴み取るつもりです。
だからアルゼンチン映画に挑戦しました😡

これは名声を掴んで故郷に凱旋したノーベル賞作家ダニエルマントバーニの物語です

名声を掴んだ代償として何かを失ってるのかも知れない、その失ったモノの見た目はチッポケだとしても自分の人生にとっては何よりも
大切で尊いモノだったのかも知れない。
そして最後に残ったのは混沌と空虚さだけ……

私が間違っていました過ちに気づきました
本作から大切なモノを教わりましたよ。
ナンバーワンシネフィルとか、そんな勲章は
何の価値もないガラクタ同然の栄誉です。

それでも私は諦めきれません……
一刻も早くナンバーワンシネフィルになって
長🍜県にバーニーフィーバーを巻き起こし
駅前広場にバーニー銅像を設置したいのです。

それが私の壮大な夢なのです😌💖
abemathy

abemathyの感想・評価

4.5
知性の勝ちで気持ちよかった。一週間は長かったんだよ、きっと。
それと、風景や街並みが本当に美しかった。

犬の絵、思い出し笑いしてしまう。
miyu

miyuの感想・評価

3.8
かなり、シニカルな笑いを呼び起こす映画…

『ル コルビジェの家』の監督2人が作った映画みたいだが…
『ル コルビジェ…』も、かなり奇想天外なブラックな映画だった。。。
本作も、そのブラックさは健在!

以前 アルゼンチンで大人気〜って 言われた『人生スイッチ』も見たが、かなり(かなり…って 言葉を連発ちう!)のブラックさに これが国民性なの???
って チョット 疑ってしまったが…

本作も 緩い話じゃありません。。。

調子良くいってるか…と 思えば
まさかの 事態に陥ったり…

どこかで 故郷を捨てて 成功したものに対する妬みや不快な気持ち…

また、どこかで故郷を捨てた事に対する罪悪感…

そんな感情が次第に剥き出しになってきて…

人間の嫌な感情を
小出しに見せていくような…
そんな映画でした🎬

ワタシは
田舎の町でのパレードの乗り物が
消防自動車…って 言うのが
なんか 妙に面白くて クスクス笑ってしまいましたゎ。。。
ノーベル文学賞を受賞したアルゼンチン作家のダニエル・マントバーニ(オスカル・マルティネス)が、名誉市民の称号を贈るので来て欲しいという生まれ故郷サラスからの要請を受け、一時帰郷する話。

スペイン、バルセロナの豪邸に暮らすダニエルがアルゼンチンのサラスという田舎町に帰るというのは単なる気まぐれなのかもしれないが、迎える人々の感情が様々で可笑しかった。
ダニエル自身もいつもの皮肉屋な性格を隠して、終始笑顔なんですが、周りも形だけの敬意だったり、友情だったり、本音を隠していましたよね。しかし、段々化けの皮が剥がれるというか、本性がでてくるところ、面白いです。

この町の人たちは、もともとダニエルの成功を手放しで喜んではいないんですよね。町を出て、町の人々を笑い者にしたような作品を書くような人物ですから。
アルゼンチンがスペインの植民地だったことは、映画観てから知りましたが、サラスの人々がスペインで成功しているダニエルのことを良く思わないのも無理はないのかもしれません。

故郷を訪問した後、ダニエルは昔からの知り合いや好意的に近づいてくる人たちとの交流もあり、いい滞在になるようにも見えますが、実は落とし穴が何個もあり、自らの行動で徐々に追い詰められていく...

秘められた感情も怖いけど、剥き出しの感情で向かってくるのも怖いですね。とにかく主人公も含め登場人物の感情の描き方は凄いと思いました。
しかし、主人公は転んでもただでは起きない性格でした。

監督もキャストも知らないので、あまり期待値上げずに観たので、面白かったです。これ、ブラックユーモアな感じの話でしたが、ジャンルはコメディなんですかね。話の割りに明るい音楽が耳に付く映画でした。
ゲン太

ゲン太の感想・評価

4.0
☆8.5
確固たる信念を貫く芸術家肌の男。そして故郷での有名人をとりまく賞賛やら嫉妬やら批判やら。
そこらへんをニヒルに描いてくれるから、ニヤリとしながらもグイグイ引き込まれる。
あからさまな悪者が出てくるわけではなく、人間の嫌な部分をうまく写しているところが秀逸でラストもなかなか。
>|