笑う故郷の作品情報・感想・評価

笑う故郷2016年製作の映画)

El ciudadano ilustre/The Distinguished Citizen

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

世界的な成功をおさめた作家ダニエル・マントバーニは、生まれ故郷であるアルゼンチンの町サラスから「名誉市民」としての招待を受け、40年ぶりにヨーロッパから帰国する。彼の小説はサラスでの思い出から着想を得たものも多く、故郷の人々から盛大に歓迎される。幼なじみや昔の恋人とも再会しご満悦のダニエルだったが、まもなく手痛いしっぺ返しを食らうことに・・・。

「笑う故郷」に投稿された感想・評価

shin

shinの感想・評価

3.1
まあ個性的な登場人物ばっか。
終盤のダニエルのしてやったり感がうけた。

個人的に、絵画コンクールの作品の面々がツボすぎて
笑いが止まらなかった。
お客さん、誰も笑ってなかったけど…
あぎり

あぎりの感想・評価

4.0
実家に帰ると味わえるツラミに溢れた映画だった

このレビューはネタバレを含みます

『笑う故郷』鑑賞。故郷とは何かという大きいテーマですが、個々人に置き換えれば地元とは何かという、パーソナルな問題にも当てはまりそうな話。世界で経験を積んだノーベル賞作家のダニエルが、故郷に対してどう思っていたのか。それは、田舎から上京して都会を経験した若者にも通じるテーマではないだろうか。悪い意味での「井の中の蛙大海を知らず」が引き起こす、シニカルな喜劇とも捉えられる。
ダニエルは生まれ故郷アルゼンチンを捨てスペインを中心に生活していたが、栄誉を手にすると同時に地元へ凱旋する。それは、故郷をバカにしていた自分との決別の意図もあったかもしれない。しかし、彼は地元での歓待(消防車による凱旋パレードや好まないと一報していたハグ、突然他人から夕食に誘われるなど)に戸惑う。栄華を誇れると思ったはずが、何やらしっくりこない。そうした彼の「うん年ぶりの地元に対する期待」と「現実の地元」はどんどん乖離していき、彼は見下したような態度(地元の名士の作品をコンクールでボツとするなど)を取ってしまう。彼の価値基準は西洋式となってしまっており、そもそも期待する方向性が異なってしまっているのだ。「大海を知った」彼は次第に孤立していき、地元をバカにしていると謗られ、最終的には地元民のハントという野蛮な方法で悲劇へとつながっていく。
彼は初期の作品で地元の愚かさを批判的に表現しており、そこに火がついて攻撃の対象となってしまう。つまり、ダニエルは地元を犠牲にして先進国的な名誉を勝ち取ったと捉えることもできるだろう。しかし、彼にはそんな認識はなく、ズレが生じたが故の悲劇なのだった。最後、そうしたエピソードも小説のネタにしてしまうダニエルの強かさはなかなか好印象。
私自身、地元に残った中学校以前の友人とは疎遠であり、過去を踏まえず取り繕わなければならない関係性というものにはノスタルジックな哀愁を感じずにはいられない。
猫

猫の感想・評価

4.0
めちゃくちゃ面白かった。
ガハハと笑えるという意味ではなく、人間の色んな「負」の心を垣間見せてくれたという意味で。
今年、初のパンフレット購入。
家でじっくりと、映画の背景や主人公の台詞等を、味わいたいです。
(時間がないのでまだ読んでいません・笑)
とっても深い話なのに観客さん少なくて勿体ないですー。

 2019.11.05 シネマスコーレにて鑑賞
作家として成功した男の故郷への凱旋、というと新鮮味はないが、喜劇と悲劇の境い目を歩くような緊張感とシニカルな展開が一瞬も飽きさせない。

都内は岩波のみの公開でお堅いイメージが付いてるが、オストルンドとか好きな人にも響くと思う。オススメです。
小一郎

小一郎の感想・評価

4.0
コメディドラマ。まずまず面白かった。ノーベル賞を受賞した、アルゼンチンの田舎町出身でスペインに住む作家のダニエルが主人公。

社会への反抗心が原動力のダニエルが社会に認められるいうこと、よりによってノーベル賞を受賞するなんてことは作家・ダニエルの終焉ということらしい。じゃあ辞退すればいいじゃんという気がしなくもないけれど、そこはコメディなので…。

ノーベル賞作家になってから5年間、1作も書くことができないでいたダニエルのもとに故郷から名誉市民賞授与の招待状が届く。グローバル基準の価値観を持つ彼は、何事にも濃密な人間関係がかかわってくる故郷が大嫌いで、2度と帰るまいと思っていたが、ふと思い立ったかのように招待を受けることにする。それは一体なぜなのか?

はじめのうちこそ郷土の誇りとばかりに、ダニエルをあたたかく迎えてくれた故郷の人々だったが、次第に彼への妬みや嫉妬があらわになってくる。さらに、彼の元カノを妻にした旧友の家族が、笑いを交えた波乱の展開を引き起こす。

ダニエルは田舎独特の事情を気づかって、自分の主義を曲げるようなことは決してしない。そんな彼への攻撃は、次第に過激さを増していく。しかし、聡明な彼はこうなることがわかっていたからこそ、故郷に帰ったに違いない。

人は何かに行き詰ったとき、故郷に帰り気持ちをリセットしたり、元気をチャージしたりするということがあるのだと思う。ダニエルにとってのそれは故郷で憤怒、憤懣をためること。

社会の周辺を居場所にし、中核に向かってクソだと毒づくことが彼の生きる道だったのに、ノーベル賞によって中核に引きずり込まれ、創作意欲を失ってしまったダニエル。その彼に再び活力を与えてくる場所が、周辺人になれる生まれ故郷だった、と。

人は過去をないことにはできない。過去に目を背ける者は良く生きることはできない。好きか嫌いかにかかわらず、生まれ育った故郷はその人をかたち作っている。だから自分を見失ったとき、故郷に帰りたくない人ほど帰ったほうが良いのかもしれない。

●物語(50%×4.0):2.00
・笑えるけど苦い物語。ダニエルがなかなかの悪人なのがイイ。

●演技、演出(30%×4.5):1.35
・ベネチア国際映画祭で最優秀男優賞を受賞したオスカル・マルチネスの演技、やっぱりいいっす。

●画、音、音楽(20%×3.0):0.60
・普通に良いかな。
観てきました。

評価の高さは十分わかりましたが残念ながら私には合わなかった。
この悔しさをバネにこれからもいろんな作品を観ていきたいと思います。
kyuta

kyutaの感想・評価

3.4
田舎特有のいやーな所が上手く描かれていた。国は違えど似た感じなので笑ってしまった。

本作では、ノーベル文学賞を受賞した作家が主人公だったので、普通の人からしたら雲の上の存在である。しかし、人間の上か下かは何をもって定義されるのだろうか?
手持ちのようなユラユラするカメラからか、一瞬ドキュメンタリーかと思った。覗き見している気分。

人間らしさが面白い。変わらないであろう故郷の人々。ダニエルの素直な感傷と、いやいやいや、というところのチューニング。
稀に見る傑作!面白かった。
いわゆるメタ構造になっていて、物語とはなにか、物語を創ることにどういう意味があるのか、そもそも私達が映画や小説の虚構世界を有難がっている意味とは?等々、示唆に富んだ作品だった。
あと個人的に私も地元や故郷というものにあまり良い印象はなくて。そこからどう離れるかに終始していた人生であった。
からマイルドヤンキーの描写には心抉られたし、めっちゃ気分悪くていろいろ突かれた感はある。
あとどんだけ頭が良くても、圧倒的にフィジカル!バイオレンス!には絶対勝てないところがあり、容赦なくぶん殴れる奴が一番強いんだよな。そういうのが嫌で都会にいるけど、世の中とはそんなもん。
>|