マン・ダウン 戦士の約束の作品情報・感想・評価

マン・ダウン 戦士の約束2015年製作の映画)

MAN DOWN

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:91分

3.6

あらすじ

米軍の海兵隊員ガブリエル・ドラマ(シャイア・ラブーフ)は、妻ナタリー(ケイト・マーラ)と息子ジョナサン(チャーリー・ショットウェル)を故郷に残し、アフガニスタンへと向かう。戦 場での任務は想像以上に過酷なものであったが、故郷で待つ妻と息子の存在がガブリエルを奮い立たせた。そしてついに、アフガニスタンからアメリカへと帰還する。しかし、 辿り着いた故郷の街は、建物や橋が崩壊し住人たちの姿も消えていた…

米軍の海兵隊員ガブリエル・ドラマ(シャイア・ラブーフ)は、妻ナタリー(ケイト・マーラ)と息子ジョナサン(チャーリー・ショットウェル)を故郷に残し、アフガニスタンへと向かう。戦 場での任務は想像以上に過酷なものであったが、故郷で待つ妻と息子の存在がガブリエルを奮い立たせた。そしてついに、アフガニスタンからアメリカへと帰還する。しかし、 辿り着いた故郷の街は、建物や橋が崩壊し住人たちの姿も消えていた。まるで異世界に迷い込んだかのように、懐かしき面影は失われていた。この街に一体何が起こった のか?ガブリエルは、共に帰還したデビン(ジェイ・コートニー)と、荒廃した街でナタリーとジョナサンの行方を探すが―。

「マン・ダウン 戦士の約束」に投稿された感想・評価

結構評判良かったので何か救出劇を描いた戦争ものかな?ぐらいの情報で観たけど良い意味でそんな軽い気持ちを吹き飛ばすとても重たい映画でした。

全部戦争のせい。人間は戦争なんかに耐えられるように作られてない、バカモンが〜って神様が言ってますよ、きっと。
いろいろ連想させる映画も今までにあったけど何度見ても想像を絶すると言うか察するに及ばない極限ですね〜

まあ結構早めに察しはつくもののこれから観る人はできるだけあらすじ等読まずに観た方が迫ってくるもの大きいと思います。
シャイア・ラブーフって巻き込まれる系が似合うな〜って思ってたけどいつの間にか戦場が似合う逞しい役者さんになってますね〜彼の迫真の演技にもとても揺さぶられました〜
nIa

nIaの感想・評価

5.0
ラストだけで満点を授与 そのメッセージ性はアメリカンスナイパーも遥かに凌ぐ
日本では絶対に作られないような作品
事前情報なし。先にお詫びしますが、フォロワーさんのレビューを見ていたのですが完全に忘れていました🙇すいませんが何も知らなかった体で書きますね(-_-)

置いてあったのはアクションコーナー。あらすじは米海兵隊が戦場から帰ると故郷は廃墟と化し家族や住民もいなくなっていた。
「おっ!これは面白そうだな」
軽いノリで鑑賞。

そしたら観てビックリ‼︎
なんだこれっ!全然ちゃうやんけ(生まれも育ちも北海道です)!けど凄い!

観終えた後は呆然。あまりにも辛い。本当に悲しい。
けど観ることが出来て良かった!
テーマは根が深いものですが、演出も巧みで良かった!最初は時系列が飛ぶ流れなのでわかりづらいかもしれませんが、最後に必ず解ります!絶対に途中で止めないで!

つい先日「ハクソー・リッジ」を鑑賞しましたが光と影とでもいいましょうか。どちらも現実なんですね。色々語りたいですがあまりネタバレしたくないので、是非何も調べずに観て下さい!

このハプニング的な出会いに感謝!
Noriko

Norikoの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

SF映画かと思ったら、、
まったく違う。。

場面があちこち変わるから、ストーリーがわからなくて、うーん、、と思ってたけど
ラスト10分衝撃すぎて、最後は涙出まくり、、

これはたくさんの人に観てもらって、しっかり考えてほしい映画やなーと強く思った!
あべ

あべの感想・評価

5.0
ブックオフで見かけてからずっと観たかったやつ。


次観たら☆10だな。セブンシスターズ並みに良かった。初見だと頭こんがらがる。SFを期待しちゃダメっす。

日本人はこんな現情知らないもんなぁ。平和ボケだから。ラストは衝撃的だった。


冒頭のシーンがラストで明確になる時、
胸が締め付けられる。つらいな。


あーここでまたケイト・マーラか。あの奥さん綺麗だと思ってた。なるほどね。
現代の戦争映画でした。
BGM少な目のところがいい意味で真面目さを醸し出してた。
中盤から話はこんなんかなぁと想像できちゃったけど、最後は胸を打つ愛のお話でした(泣)。
🎵「あ・い・し・て・る」のサイン~🎶

アフガニスタンから帰還した海兵隊員ガブリエル(シャイア・ラブーフ)...彼を待っていたのは変わり果てた祖国の姿だった。

愛する息子を守る!...ただそれだけが彼の願いだった――。

マン・ダウン...軍隊用語で仲間の兵隊が倒れた時に使う言葉。
「大丈夫だ」みたいなものかな(;^ω^)タブン!
だが、この映画の中ではガブリエルと息子の間で ある言葉の代わりに合言葉として使われている。

3つの異なる時間軸を複雑に交差させながら 同時進行していくが、物語の軸がしっかりしているため、置いてきぼりを食らうことなく着いていける優しい構成。
しかし親切丁寧過ぎて先読み出来ちゃう両刃の剣(^_^;)サキヨミキンシ!

そして...その軸こそがラストの衝撃の伏線となる驚愕の作り。

手垢の着いたストーリーではあるが、総合的に良く出来ていて面白いヽ(^o^)丿♬

「ラスト7分46秒...あなたの心は えぐられる!」
これを歌われると、どうしても構えちゃう・・・

この映画、観た物全てを信じ、下手な先読みはせず、ガッツリ心を えぐられた者勝ち🎶

うかつにも下手な先読みしてしまい、かなり早い段階でオチが読めてしまった私めの負けですね('ω')ノカンパイ!

それでもしっかり帰還兵の重く悲しい現実を垣間見ることが出来、心をえぐられはしなかったが、胸は痛い!

そして、ラストのテロップが追い打ちをかける・・・

ちなみにサイモン・ペッグの『マン・アップ』とは全くの無関係です(=゚ω゚)ノハイ!
米国海兵隊員の孤独な真実を描く。イラクでの想像を絶する経験から帰国した時、世界は変わってしまっていた。時間軸が三場面で構成されていて、よくわからないまま話が進んでいくが、ラストに全てが詰まっていた。戦争の1つの事実。
MNRLAY

MNRLAYの感想・評価

3.5
予告編から想像してた内容とは違ってた。最近こういう映画に当たることが多い気がする。ストーリーの仕掛けというかオチもあまり好きではないタイプだった。

だけど描かれている内容というかテーマが重くて考えさせられるもので、それほど不快な後味にはならず。ストーリーの時系列も進んだり戻ったりだったけど、割とすんなり観れた。そういった意味ではしっかり作られた映画だったな。
michi

michiの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

2017-08-09

アフガニスタンからの帰還兵の物語

戦地に赴いたこともなければ
見送ったこともない私には
どれくらいも理解できてないけど
戦争はこうも人を壊してしまうのか…
ラストシーンは苦しくて苦しくて…
心が痛くて痛くて…
胸が締め付けられる…
涙を止めることが出来なかった…
ガブリエルはほんの一瞬でも
………救われただろうか…

これはあらすじは読まずに観ることをおすすめします
>|