マン・ダウン 戦士の約束の作品情報・感想・評価

マン・ダウン 戦士の約束2015年製作の映画)

MAN DOWN

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:91分

3.6

あらすじ

米軍の海兵隊員ガブリエル・ドラマ(シャイア・ラブーフ)は、妻ナタリー(ケイト・マーラ)と息子ジョナサン(チャーリー・ショットウェル)を故郷に残し、アフガニスタンへと向かう。戦 場での任務は想像以上に過酷なものであったが、故郷で待つ妻と息子の存在がガブリエルを奮い立たせた。そしてついに、アフガニスタンからアメリカへと帰還する。しかし、 辿り着いた故郷の街は、建物や橋が崩壊し住人たちの姿も消えていた…

米軍の海兵隊員ガブリエル・ドラマ(シャイア・ラブーフ)は、妻ナタリー(ケイト・マーラ)と息子ジョナサン(チャーリー・ショットウェル)を故郷に残し、アフガニスタンへと向かう。戦 場での任務は想像以上に過酷なものであったが、故郷で待つ妻と息子の存在がガブリエルを奮い立たせた。そしてついに、アフガニスタンからアメリカへと帰還する。しかし、 辿り着いた故郷の街は、建物や橋が崩壊し住人たちの姿も消えていた。まるで異世界に迷い込んだかのように、懐かしき面影は失われていた。この街に一体何が起こった のか?ガブリエルは、共に帰還したデビン(ジェイ・コートニー)と、荒廃した街でナタリーとジョナサンの行方を探すが―。

「マン・ダウン 戦士の約束」に投稿された感想・評価

「マン・ダウン」の意味は軍隊用語で隊員が敵にやられたり、ケガした時に使う言葉だそう。
この作品ではとても深い意味のある言葉になっている。

エンドロールの際に字幕説明されるが帰還兵の現状は想像以上に厳しいようだ。
たぶん、ほとんどの日本人はその事実を知らない。
描かれている内容が過剰では?と思ったのは私もその現状を知らないひとりだから。
アメリカに帰還兵のPTSDを扱った映画が多いのはこういう現状を反映してだろう。
あるYouTubeの映像で日本ではほとんど報道されない帰還兵の現状を観た時に、アメリカが抱える闇の大きさに驚愕した。
「アメリカン・スナイパー」のように英雄視される帰還兵の方が実際は少ないのかもしれない。
かりん

かりんの感想・評価

4.0
記録 初めは?となりましたが、段々と引き込まれていきました。
涙が止まらない😭
とてもいい映画でした。

シャイア・ラブーフの演技に引き込まれました😋
ゆう

ゆうの感想・評価

3.0
油断して観てると、非常に分かりづらい。
先が読めるというより、幾つかのパターンが想定されるだけで、そうなる確証はない。それがこの作品の仕掛け。
SHIGE

SHIGEの感想・評価

3.2
ただだだ悲しい
人に薦めたくない作品
よくない作品ではなく
よく出来た作品ではあるけども
人には薦めない。

でもシャイア・ラブーフの演技は凄い
彼はドンドン良い役者さんになっていくな
この彼を観れて良かったと思う

ほんとにえぐられるわ…

話が過去と現在と行ったり来たりで
よくわからず最初は
入り込めなかったけど
だんだんわかってきて…


ほんとにだめ、戦争ほんとにだめ
綺麗事でもなんでもいいから
戦争のない世界はこないのか?
泣けた。あんな事体験してたらそりゃ精神的に病みそう。人間として、人間の感情としてある意味健康的ではあると思う。ただ、アメリカの帰還軍人のその後を知ってショックだった。サスペンスとしても楽しめるようになってて、映画の観せ方が良かった。
にこぺ

にこぺの感想・評価

4.0
中盤過ぎまで話の展開は遅いし、過去と現在が行ったり来たりするので、一体話はどこへ行くのかと思っていたら、、、そうだったのかと途中からガッツリ引き込まれました。

何も予備知識入れずに観たのも正解だったかも。
シャイヤ・ラブーフ、いい役者じゃないか!家族への愛と苦悩の表現が素晴らしい。こういう時のサラサラ金髪ややロン毛の息子は悲壮感が増していいなあ。
Losers28

Losers28の感想・評価

3.2
娯楽としてではなく見るべき、知るべきなメッセージ性のある映画。
なんとなく荒廃した世界とかの真相もそういう感じ(主人公の妄想)なんだろうなとは思った。

ただ予想通りかどうかではどうでもよくて、これ程に辛いものを背負ってしまうのが戦争だと分からせる為の内容だということ。

しかし奥さん殺してしまうかヒヤヒヤしたけど、ギリギリで正気に戻って良かった…

兵士の苦しさは普通の生活送ってる人間には到底理解も出来ないし助けるのも困難、それでも戦争は無くならない理不尽さ、この映画の後味はとても悪い。
それでもやっぱり知るべきでしょうね。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.8
これは驚いた!
戦争アクションかと思ったら、戦争を背景にしたサスペンス?スリラー?いや人間ドラマなのかな、とにかく意外な方向に話が持って行かれて、どうしてくれよう最後は涙まで出てしまった!

時系列があっちゃこっちゃで頭が忙しかったけど、それも最後でそうしなくてはならない理由が分かる。というのはそう、大好物なドンデンなんですねぇ。
しかもテーマは重く、もうひとつの戦争被害者。
おっと、あまり話し過ぎてはイカン。

とにかく自分には意外にヒットでした。
最期の反戦的メッセージに驚かされた。



感情ではなく、事実。彼らのリアルは、私達の目から感情に映る。

PTSDもう一度勉強しなければ
>|