マン・ダウン 戦士の約束の作品情報・感想・評価

マン・ダウン 戦士の約束2015年製作の映画)

MAN DOWN

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:91分

3.5

あらすじ

米軍の海兵隊員ガブリエル・ドラマ(シャイア・ラブーフ)は、妻ナタリー(ケイト・マーラ)と息子ジョナサン(チャーリー・ショットウェル)を故郷に残し、アフガニスタンへと向かう。戦 場での任務は想像以上に過酷なものであったが、故郷で待つ妻と息子の存在がガブリエルを奮い立たせた。そしてついに、アフガニスタンからアメリカへと帰還する。しかし、 辿り着いた故郷の街は、建物や橋が崩壊し住人たちの姿も消えていた…

米軍の海兵隊員ガブリエル・ドラマ(シャイア・ラブーフ)は、妻ナタリー(ケイト・マーラ)と息子ジョナサン(チャーリー・ショットウェル)を故郷に残し、アフガニスタンへと向かう。戦 場での任務は想像以上に過酷なものであったが、故郷で待つ妻と息子の存在がガブリエルを奮い立たせた。そしてついに、アフガニスタンからアメリカへと帰還する。しかし、 辿り着いた故郷の街は、建物や橋が崩壊し住人たちの姿も消えていた。まるで異世界に迷い込んだかのように、懐かしき面影は失われていた。この街に一体何が起こった のか?ガブリエルは、共に帰還したデビン(ジェイ・コートニー)と、荒廃した街でナタリーとジョナサンの行方を探すが―。

「マン・ダウン 戦士の約束」に投稿された感想・評価

もやし

もやしの感想・評価

4.6
踏み込んだ話しようとすると絶対ネタバレしちゃうやつ。

悲しいどんでん返し。



海兵隊の主人公。
アフガニスタンでのシーンと、何故かボロボロに荒廃してしまったアメリカでのシーンを交互に映す。

物語の半分以上は意味不明。
何でアメリカがこんなボロボロなのか。アフガニスタンでの上司との謎の面談は何なのか。
何もわからない。

ほぼ無人のアメリカで人を見つけ、何でこんなことになったのか聞いても、答えが全然的を得ない。これは何なのか。

大切な家族のことばかりが心配。
家族はどこにいるのか。無事なのか。


家族への愛が強い。逆にそれぐらいの強い気持ちの支えがないと兵士なんてやってられないのかも。



ラストは泣いちゃいそうになるぐらい切なかったです。

子供がめっちゃかわいい。
ぴーと

ぴーとの感想・評価

4.0
パッケージだけ見てSF映画なのかなと思ってたがおもいのほかおもいのほかでした。

「衝撃のラスト7分46秒、あなたの心は“えぐられる”」のキャッチコピーの通りラストの展開は心をグッとえぐられるような感覚。エンターテイメントとしてのびっくりな展開を楽しむもの…ではなく心に重くのしかかってくる真実の姿。

まずこういう現状を知ることが必要なのかなと思いました。戦争だめぜったい
戦場で心神喪失となり、現実と空想の区別ができなくなった、父親である兵士の物語。
現実と空想の場面が交互に映し出されるので、頭の中が混乱しました。
アフガニスタンから帰還した海兵隊員の男が、荒廃した故郷で妻子を探すドラマ。

断片的で時系列もバラバラに進み、勘のいい方なら途中でこの映画の真実にも気づくだろうけど、映画の出来映えどうこうより、とにかくこの作品を多くの人に観てもらいたいと思った。
真実が明らかになってからの展開は涙が止まらなかった。

“マン・ダウン(愛してる)”

戦争はクソだ。
リンゴ

リンゴの感想・評価

3.5
前半意味分からず淡々と長くて眠くなりましたが、色々分かってくると泣けました。

あらすじ読んでから観た方が良い映画。
戦争映画は数あれど、こんな着地は初めて!

いろんなこと言いたいけど、超ネタバレ厳禁なので、寡黙は金なりと言うことで。

ストーリーとは関係無いことをひとつだけ、笑
怪優ゲイリー・オールドマン、気が付かなかった💦
それだけ、違う人になってたよ

あっ!あともぅひとつ。
観終わった時、何故だか
『マン・ダウン』って言いたくなるんよね

では!ラストに向かって、ひとつひとつストーリーを焼き付けて…
ゲイリー・オールドマンが出てるので鑑賞。


戦争映画だが、戦闘シーンはほとんどなく、1人の人間としての物語といった感じかな?
日本だといまいちぴんとこないがアメリカではかなり問題になっていることなんだと。

テーマはアメリカンスナイパーと同じような印象をうけた。
でもテンポが良くない。テーマすごくいいんだけど、このテンポが好きじゃなくて低評価の人結構いそう。

シャイアラブーフは演技ちゃんとしてるのに私生活がだめだからもったいない。
Shunsuke

Shunsukeの感想・評価

2.4
2.4点
家族思いなランボーの話。

B級アクション映画だと思って観始めたら変なところに着地した。
変な映画だった。
うめ

うめの感想・評価

3.7
荒廃した世界を戦友と二人彷徨う。

最愛の家族をおいて、アフガニスタンへ派遣される。

上官との面談。

3つの異なるシチュエーションに置かれる海兵隊員ガブリエル。
何かがおかしい。
複雑に交錯する時間軸。
ストーリーの中から見えてくるもの。

言葉が出ない。
傷つき
傷つけ
失われていくもの
それは
肉体だけじゃない
魂もだ。

観る者を打ちのめす負の連鎖。
しかし
「マン ダウン」
この響きが魂を救ってくれる。
そこに込められた思いだけは、いつまでも失われる事はない。
それだけが、ずっと絶えずに続いている悲しみを終わらせられる。
そう信じたい。
ひろ

ひろの感想・評価

2.7
ケイトマーラ見たさで見てみた。

ラストはそれなりなんだけど何かが惜しい感じ。
>|