アイアン・ソルジャーの作品情報・感想・評価

「アイアン・ソルジャー」に投稿された感想・評価

KeN

KeNの感想・評価

3.8
スター・チャンネル1の録画にて。初見。

『アイアン・ソルジャー』などというくだらない邦題が付いているものだから、また月並みな戦争アクションものかと思いきや、いやいや どうして なかなか見応えのある良作だった。そろそろ こういういい加減な邦題タイトルの付け方を改めてもらえないものだろうか…?まぁ、原題が『Fort Bliss』という我々日本人にはほとんど馴染みがない米軍基地の名なので、致し方ないといっちゃ致し方ないが…

バツイチでシングルマザーの女性兵士(衛生兵)が、15ヶ月間にも及ぶアフガニスタンの過酷な任務からようやく開放され、愛する幼いひとり息子との喜びに溢れる再会のはずが…。女性兵士(衛生兵)版『アメリカン・スナイパー』ともいうべき内容のもので、男女平等の先進国たるアメリカならではのリアルな女性兵士の実状を描いた作品であるように思えた。
うやむやにハッピーエンドに終わらせずに「今度 帰還した時には母子ふたりの関係はどうなっているんだろう…?」と観てる我々の想像力を駆り立てるようなエンディングも良かった。

主演のミシェル・モナハンと彼女の息子役の子の演技が素晴らしい。
スーモ

スーモの感想・評価

4.0
最愛の子供と重ね合わせて見てしまう。
タクシーのシーンはだめだ、こりゃ…
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.0
アフガニスタンに従軍した結果長らく接する機会がなく心が離れてしまった息子との狭間で悩む女性兵士の物語。仕事を取るか家族を取るか、というのは全世界共通の話題だが、そこに国のために命を捧げる兵士という立場が加わることでこうも苦しみが増すのか... 邦題でもっとドンパチ系だと思っていたが登場人物の心の揺れ動き、家庭もあるが自分が何とかしなければ全てが壊れるという状況を理解した上での苦悩が、美しさと強さを兼ね備えたミシェル・モナハンの熱演もあって良く伝わってくる。地味だけど真摯なドラマだけに、もうちょっとちゃんとした題をつけてあげて欲しかったなあ。
dolly

dollyの感想・評価

4.3
これはいい映画ですわ。個人的に評価が高いです。米陸軍のスワン軍曹(ミシェル・モナハン)というアフガン帰り女性の衛生兵士の話なんだけど、軍人としての忠誠心と息子や家庭を思う母親としてのジレンマの描き方が凄いわ。単純に子供が可哀そうだとか仕事と家庭との両立とかのレベルじゃないよ。現在、働く女性が当然のごとく評価される時代になりつつあるけど、こと軍人として国と家庭の選択を迫られたらどうするよってことだわ。ごく普通の働く女性じゃないんだよね、死ぬ可能性が大の職場なんだよ。映画の中で自分の赴任を別の者に代わってもらうようしたが、その者が無能な奴と分かるやいなや自分が赴任することにするなんて、何という使命感なんだろう。子供や夫(妻)を置いて戦地に行く軍人の精神的辛さを再認識させられる作品です。
一つ難があるのは男と女の絡みシーンがとても濃厚なのでちょっと参ったwww
tk

tkの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

米軍に勤める1児の女性。アフガニスタン長期派遣からの帰国後、元夫には新たな妻。そして、疎遠のため息子との間にも隔たりが生じる。

息子との2人暮らしを始め、徐々に親子の絆、愛情を深めるも、再び派遣の司令が出る。

「母国と息子、一方だけは選べない。」と言っていたように、今の仕事を天職と感じながらも、ようやく懐いてきた息子と離別したくないという気持ちに揺れ、元夫からも派遣は反対される。

息子と離別しない方法を試行錯誤するも、結果、不本意ながら派遣に応じることになり、息子は元夫の厚意で帰国するまで預かってくれることに。

親子関係に重点が置かれており、
仕事と育児を両立したい人にオススメな映画。
息子との再開から、ハグを拒否られる程に拒絶されていた関係だったが、バイクに乗った時、後ろに座る息子から抱きつかれていたシーンや、ママと呼ばれるようになったシーンなどが印象的であり、最後の息子との別れのシーンはとても感動する。

久しぶりに面白いと思った。
翡翠

翡翠の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

子どもはすぐに成長して、同じ時間は二度とない。
けれど「天職」があれば、全うしたい。
働く女性が一度は考える選択。
再び生きて戦地から帰ってこれたとき、ポールとの関係が難しくなってないといいなと願うばかり。
JunToku

JunTokuの感想・評価

3.8
身をつまされるようだった。

子供が可哀想すぎる。
出演者がみな魅力的で見入ってしまったが、何を訴えたい映画なのかよくわからない。最後のシーンには泣いちゃったが。

アメリカ軍に勤めてる母親がアフガンに1年半もいて、息子はとても寂しい思いをした。帰ってきてやっと一緒に暮らせると思ったら、またアフガンに派遣に行ってしまう。ただただ悲しい。
papapaisen

papapaisenの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

前半は戦地に行かなければならない母親と置いていかれる子供の間の辛さがよく描かれててよかった。最初、このクソガキと思ったけど、まだまだちっさいししょうがないよなって。
後半はなんか、この人自分が勝手に選んでるからそれしょうがないんじゃねみたいに思えてきて、なんかしっくりこんくなっちゃった。

それにしてもミッシェルモナハンがやたらベットシーンでいやらしいのはなぜ?
Len

Lenの感想・評価

4.8


"選択肢がないの"

"いいや、君は選択したんだ"

この時のくだりのシーンのセリフの一語一句全てが共感する。

選択するのは自分自身ですが、環境を作り上げるのは自分の意と反した周囲です。

"No"と言えばいいと、自分が意思を持てばいいと。おもってはいても、

現実は"yes"しかない選択肢が待ち受けています。

選択は常に人生を左右させます。

環境は常に自らに反します。

引き返せなくなって、バッドエンドでも、
Dir en greyの京さんならこう言うでしょう。

"お前の望んだ結末だろう、さぞかしロマンティックなんだろうぜ"
ってね。

その通り。

愛と仕事、はたまた夢。
全ての人がしっかり見越せるように努力すべき。

ちなみに、本当に悲しくて愛が溢れて、涙出ます。
m

mの感想・評価

3.5
土曜深夜帯にテレビで映画を放送してくれるのありがたい、確実にバイトかぶらないし、いつも見るジャンル以外のものも観れる

15ヶ月の任務からやっと帰ってきて息子と再会するが、他人のような目で見られママではないと言われる、元夫の浮気相手アルマがいいと泣き叫ばれる、そんなの辛すぎる
でも一からまたやり直し、同じ時間をすごく中で、やっとママって呼んでくれたのに、そのあとすぐに再赴任が決まってどうにもできなくて苦しかった
ポールがかわいい
元夫の知らない声からの電話が怖い(戦死の連絡かもしれないから)という話はどの国の人にも当てはまると思う、もちろん日本も

ポールが最初は行きたくないって泣き叫んで、最後は行かないでって泣き叫んで、その対比がとても印象的だった

国と息子、どちらかを選ぶことなんてできない、選べという方がおかしい
>|