氷菓の作品情報・感想・評価

氷菓2017年製作の映画)

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:114分

2.9

あらすじ

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」をモットーとする“省エネ主義”の高校一年生、折木奉太郎(山﨑賢人)。神山高校でも安穏とした灰色の高校生活を送るつもりだったが、姉の命で廃部寸前の古典部に入部することに。嫌々部室へと向かった奉太郎は、一身上の都合で古典部に入部してきた少女・千反田える(広瀬アリス)と出会う。一見清楚なお嬢さまといった印象の美少女だが、「わたし…

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」をモットーとする“省エネ主義”の高校一年生、折木奉太郎(山﨑賢人)。神山高校でも安穏とした灰色の高校生活を送るつもりだったが、姉の命で廃部寸前の古典部に入部することに。嫌々部室へと向かった奉太郎は、一身上の都合で古典部に入部してきた少女・千反田える(広瀬アリス)と出会う。一見清楚なお嬢さまといった印象の美少女だが、「わたし、気になります!」となると誰にも止められない、好奇心のかたまりのような少女だった。中学からの旧友、伊原摩耶花(小島藤子)と福部里志(岡山天音)も入部し、新生古典部が発足した。えるの好奇心に巻き込まれるうちに、学園で起こる不思議な謎を次々と解き明かしていく奉太郎。そんな奉太郎の推理力を見込んだえるは、彼にある依頼をする。「10年前に失踪した伯父がえるに残した言葉を思い出させてほしい」― それは33年前に学園で起きたある事件へとつながっていたのだった。彼らは、33年前に発行された古典部文集「氷菓」と歴史ある学園祭に秘められた真実を解き明かすべく、歴史の中に埋没し、伏せられてきた謎に挑んでいく。

「氷菓」に投稿された感想・評価

shiho

shihoの感想・評価

3.0
原作を読んだ人には物足りなさが残った気がする。原作読んでからだと、伏線が何に繋がってるかがわかっているから、結末の衝撃度や面白みは損なわれるな〜という感じだった。

アニメの中だけだった飛騨高山の景色と実写の景色が一致していたことはすごく感動したし、最後の奉太郎のおじさんの行方に関しての発言は「ああ、そういう考え方があったのか!」と思ったのでそこはとても面白かった。
Yoshimitsu

Yoshimitsuの感想・評価

3.2
今年1本目の映画!
アニメを知っているので観たがそんなに悪くないと思った。
良くもないけど笑
きくゆ

きくゆの感想・評価

3.2
2017.11.4
@チネチッタ

全てにおいて惜しい。
読んでないけど、絶対原作面白いと思う。
ヒロイン、違う人が良かったような気がする…。
基本褒め専でいたい。
しかし、この作品においては不可能だ。

だから、今回は優しい文じゃない。
苦手な方は、スルーしてください。





さて。
この作品は、何だったのだろう……?

ちなみに、原作は未読。アニメは数話見た程度だ。元々のアニメも、ハマるまではいかなかった。

タイトルの「氷菓」はそのまま劇中で主人公が挑む謎になっており、その意味がわかる、というのが最大の盛り上がりだ。
そこに関しては「おっなるほど」となったけど、そこ止まりだった。

映画、映像作品において重要なのは、「必然性」だと思う。もちろんガチガチに固めたらつまらないけど、それでもある程度は必要だ。

この映画に感じた「必然性のなさ」は、大きくいうと2つ。

①キャスト
なんでなん?キャラに似てるん?それとも聞いちゃいけない大人の事情??全てが腑に落ちない。どの役者も絶望的にハマっていない。演技力も演技の方向性もバラバラだし、かろうじて岡山天音くんがリアリティに振ってるから見られるけど、そのほかのキャストのコテコテ感が強すぎて(しかも、セリフに感情がまるで乗っていない)、結果的にガタガタ状態になってる。んで、バランスを取るために天音くんがコテコテ路線に行ったり、リアルに戻ったりして、見てるこっちもセリフがまっったく頭に入ってこない。これは、演じてる子たちも結構苦労したと思う。座組みの時点で、何をどうしたいのかがわからない。
人気の子たちを人気の原作にはめる、ということ以上の目論見やプランが何も見えてこないのだ。

②セリフ
これはアニメもそうだったかと思うのだけど、意図的にセリフが文語体になっている。こんな話し方する奴いたら引くわ!友達になりたくないわ!と思うような感じだけど、アニメや小説だと作品の雰囲気を醸すフックになっている。
でも、フレッシュなキャストたちが話し始めた瞬間、その上滑り度に絶句する。これは役者の技量というよりも、テキストが不親切だ。キャストに合わせたものになっていない。だから、ものすごくやりづらそうな感じで、感情がまるで付いて行っていないままセリフに引っ張られる形での演技になり、誰も得しないことになっている。

映画化がどれだけ待望されていたかはわからないけど、少なくとも生身の人間がやるにあたり、知名度や年齢かかわらず超演技派を揃えて舞台のようなものにするか、あるいはフレッシュなキャストのままテキストを揃えてあげるか、どちらかにするべきだったと思う。

これはただ、原作を丁寧に扱いました!ということだけしかいえない代物で(それもなんともいえないかもだけど)、結果的に何がしたかったのかよくわからない出来になってしまった。

映画製作に必要なものを、改めて考える良い機会になった。
謎は解かれたけど
本当に知りたい部分は観る人によって
捉え方は別れるだろうなと。
あえてそういう感じにしたのかな
.
山崎賢人の省エネ男子
広瀬アリスの好奇心MAXお嬢様
合っていた(っ˙˘˙)っ
.
目の保養✨
ゆい

ゆいの感想・評価

1.5
アニメファンと小説ファン(原作)で意見が分かれる作品だと感じます。

個人としては、無理にヒロインを可愛くしすぎず、主人公を厨二病のキャラクターにしなかった点はよかったと思います。
日常の物語のような雰囲気で小説のイメージとそこまでかけ離れていないので楽しめました。
Nao

Naoの感想・評価

3.0
「氷菓」はアニメ版は見てたので、実写版の氷菓の評価が低いことに、私、気になりまして観に行ってきました。

面倒臭がりの省エネ男子の折木と好奇心旺盛な女子の千反田が古典部の封印された文集「氷菓」の謎を解いて行く学園ミステリー。
キャスティングは主要キャラが高校生にしては初々しさが足りない感じ。
舞台は飛騨市でロケをやっているようで珈琲店などはアニメと同じで、原作やアニメの世界観を忠実に再現はしているようですね。
「氷菓」の真相の解釈がアニメとは若干変えてあってちょっとそこに違和感を感じましたが、総じてそんなに酷い出来でもないとは思いました。
アニメ版が良くできてるだけに原作ファンからは厳しい評価になってしまったようです。
麦

麦の感想・評価

-
正直好き嫌いは別れそうだけど、
私は面白かったなと🙂

じっくり観るのが好きな人にオススメ。
かといってそこまで頭を使うわけではなく、前に出てきた伏線らしきものがだんだんと繋がっていく感じがたのしい。

本郷奏多くん、やっぱ彼の神秘的な感じすごく好きです。ラストの『氷菓』の意味が明かされるシーンはどきっとした、思わず私まで叫びそうになった、、

あっあと山﨑賢人の襟足が最高でした
ビジュ設定して下さった方に謝謝
yURiKo

yURiKoの感想・評価

2.5
原作は見たことありませんでした。
予告の感じだけで見に行ったので思っていたより事件の内容の方向に戸惑いもありました。もっと予告をそういう方にしたら動員も上がったのではないかと感じました。ムビチケをもう1枚持っていたので間をおいてからもう1度見に行こうと思っていたのですが1ヶ月くらい立って行こうとした時にはもう近くで上映が終わっていたのでそれが残念でした。
ナーボ

ナーボの感想・評価

3.0
▼アニメが良すぎたので、同じ映像物としてやっぱり比べてしまうけれど、悪くはなかった。けど、特別良かったわけでもなかった。

▼謎解きは初見だったら楽しめたかも。

▼山崎賢人くんと本郷奏多くんの‥場面は良い演出だと思う。
>|