氷菓の作品情報・感想・評価

氷菓2017年製作の映画)

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:114分

あらすじ

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」をモットーとする“省エネ主義”の高校一年生、折木奉太郎(山﨑賢人)。神山高校でも安穏とした灰色の高校生活を送るつもりだったが、姉の命で廃部寸前の古典部に入部することに。嫌々部室へと向かった奉太郎は、一身上の都合で古典部に入部してきた少女・千反田える(広瀬アリス)と出会う。一見清楚なお嬢さまといった印象の美少女だが、「わたし…

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」をモットーとする“省エネ主義”の高校一年生、折木奉太郎(山﨑賢人)。神山高校でも安穏とした灰色の高校生活を送るつもりだったが、姉の命で廃部寸前の古典部に入部することに。嫌々部室へと向かった奉太郎は、一身上の都合で古典部に入部してきた少女・千反田える(広瀬アリス)と出会う。一見清楚なお嬢さまといった印象の美少女だが、「わたし、気になります!」となると誰にも止められない、好奇心のかたまりのような少女だった。中学からの旧友、伊原摩耶花(小島藤子)と福部里志(岡山天音)も入部し、新生古典部が発足した。えるの好奇心に巻き込まれるうちに、学園で起こる不思議な謎を次々と解き明かしていく奉太郎。そんな奉太郎の推理力を見込んだえるは、彼にある依頼をする。「10年前に失踪した伯父がえるに残した言葉を思い出させてほしい」― それは33年前に学園で起きたある事件へとつながっていたのだった。彼らは、33年前に発行された古典部文集「氷菓」と歴史ある学園祭に秘められた真実を解き明かすべく、歴史の中に埋没し、伏せられてきた謎に挑んでいく。

「氷菓」に投稿された感想・評価

れい

れいの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

あまり評判は良ろしくないようだけど、鑑賞中はしっかり集中出来るストーリーだったので、自分は割りと好き。
でも全体的に暗いし、肝心の人物は行方不明のままだしと不満が残る展開ではあった。
でも原作の小説版の続きは読んでみたくなる。
sarinuhe

sarinuheの感想・評価

1.5
うーむ、、、。
きっとこれはキャストが好きでとかの理由じゃないと観ないだろうね。
イトオカシのアイオライトは良かったけども。
ノブタ

ノブタの感想・評価

3.0
山崎賢人の抑揚のないセリフ回しで、前半は退屈…

少しずつタイトルにまつわる謎解きが始まっていくと楽しめる内容になっていく

本郷奏多はやっぱり凄かった
ほぼセリフなしなのに

本郷奏多が大人になると眞島秀和になるのね
なんとなく似てて、ナイスな配役👍

劇中の音楽が良かったかな😊


広瀬アリスは映画で観ると、あまり可愛くないのはなんでだろ??(テレビだと可愛いんだけどな〜)
漫画原作の実写化映画でこのところ主人公役が続いている山崎賢人さんと、現在NHK連続テレビ小説「わろてんか」に出演中の広瀬アリスさんがW主演した本作はアニメーション化もされた、人気作家・米澤穂信さんの青春学園ミステリー小説の実写映画版。
この原作小説は米澤さんのデビュー作で、「〈古典部〉シリーズ」の第1作でもある。
山崎賢人さん演じる折木奉太郎はユニークな高校生で、「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」をモット―とする“省エネ主義者”。
普通の高校生なら部活や恋に頑張って“薔薇色の青春”を送ろうとするものなのに、彼は可も無く不可も無い“灰色の高校生活”を望んでいる。
そんな奉太郎が姉からの脅迫に近い勧めで古典部に入り、同じように「一身上の都合」で入部した同じ一年生の千反田えると出会ったことにより、彼の“省エネ”高校生活に変化が訪れる。
この千反田を広瀬アリスさんがセーラー服姿で演じているのだが、原作にもある決め台詞「私、気になります」を瞳を大きくして発していて印象的だ。
映画はほぼ原作通りに展開していくが、古典部が文化祭で発表する文集の作成にあたって参考にするバックナンバーのタイトル「氷菓」の由来や、千反田がトラウマのように引き摺る10年前に失踪した伯父・関谷純に纏わる謎について、彼らは33年前の過去に遡って調べていく。
この作品は一種の推理物なのだが、主人公が“省エネ主義”な為、現場へ行って足で稼ぐようなことはせず、頭の中だけで解き明かしていくので、ある意味“安楽椅子探偵物”の風情がある。
やがて、一つ一つの資料やヒントから導き出される千反田の伯父・関谷純の“真実”や、彼が名付けた文集のタイトル「氷菓」に隠された意味が明らかになった時、青春の傷みが伝わって来る。
「〈古典部〉シリーズ」は本作以外にも幾つかあるのだが、今後続編が作られるのかどうかウォッチしたい。
感じたこと。
人は出会うべくして出会う。
目的のためにみんなで協力するよさ。協力してもらえるように声を出す大切さ。そのためにありのままいよう。自分の資質は大切に。
ストーリーは原作重視で可もなく不可もなく。
キャストの演技力に難あり。
個人的には摩耶花が可愛くないのが残念。
TOHOシネマズ渋谷 4階:Scr4にて鑑賞
氷菓を評価してやるぜって意気込みで挑みましたが、氷菓を食べ過ぎてお腹を壊したような感じになりました。
原作は小説のようですが、小説ではうまく描けたとしても、映画には向かない内容だったと思います。勿論、製作陣の力不足もありますが。
犯人の自白って、犯人が証拠も揃えられて追い詰められるからこそ納得できるんじゃないのかなと思うのですが、この映画では(犯人ではないけど)最初から聞けばいいんじゃんって感じで(犯人ではないから自白ではないですけどねw)、今までのことを自らうっちゃってしまうというのは、商業映画としてはどうなんでしょうね。
タジ

タジの感想・評価

3.7
米澤穂信の古典部シリーズ第1作『氷菓』を劇場鑑賞してきました‼️原作の作者が好きなので、シリーズずっと読んでます😆💕山崎賢人君が奉太郎、広瀬アリスちゃんが千反田えるを演じ、お似合いでした♫
神山高校に入学した奉太郎は、姉からの命令で古典部に入部し、千反田えるに出会う。「私、気になります‼️」が口癖な好奇心の塊のえるの謎解きをしている中で、えるの叔父関谷純の失踪の理由と33年前の真実、氷菓という古典部文集に込められた意味、幼きえるが叔父から言われた涙を流した言葉を突き止めるべく奉太郎と古典部のメンバーが謎を解き明かしていくストーリーです🔍
最初は古典部結成の序章のため、ゆっくりですが蒔いた伏線が徐々に意味を成していく感じが好きですね♫核心をつくまでに、推理と仮設を組み上げ、見落としていた盲点に気づき、真実まで辿り着く展開の盛り上げ方は、推理小説の楽しみですね〜🤠ネタバレしないように語りません😎

好きなシーンは、3人がえるの家から帰る夕陽が射した帰り道で、小島籐子ちゃんが夢を語るシーンです、漫画を描く夢を叶うか叶わないかではなく、好きな夢だからやめずに書き続け、諦めないと誓います🌟とても素敵で印象的でした‼️
風景が素晴らしい。校舎も街の風景も風情がある。

内容は正直イマイチ…。ミステリとしての謎解きは序盤の方が納得させらるけど、主題である33年前の事件に関しては漠然とした結果で、学生たちの真意がよく分からなかった。謎解き場面でも盛り上がりに欠ける。

風景と雰囲気、あとエンディング曲が良い映画でした。
のnきち

のnきちの感想・評価

2.9
tohoシネマズ渋谷 スクリーン4 B-7
かなり寄り目線、もう少し後ろがいいな。

原作未読。アニメ未鑑賞。

氷菓の謎を解く件からが、この作品のみどころだと思う。

折木奉太郎(山崎賢人)の本気を出した時の推理力を魅せる為の前半パートなんだと感じたが、ファン得感がありありで、個人的には今ひとつ乗れなかった。。。

千反田える(広瀬アリス)の伯父の高校生時代を本郷奏多が演じているが、存在感が凄いなぁと思った。
個人的に、学帽、学ラン、外套姿がツボだった。


元ネタを知ったらもっと楽しめたのだろうか。。。
>|