氷菓の作品情報・感想・評価

氷菓2017年製作の映画)

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:114分

2.9

あらすじ

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」をモットーとする“省エネ主義”の高校一年生、折木奉太郎(山﨑賢人)。神山高校でも安穏とした灰色の高校生活を送るつもりだったが、姉の命で廃部寸前の古典部に入部することに。嫌々部室へと向かった奉太郎は、一身上の都合で古典部に入部してきた少女・千反田える(広瀬アリス)と出会う。一見清楚なお嬢さまといった印象の美少女だが、「わたし…

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」をモットーとする“省エネ主義”の高校一年生、折木奉太郎(山﨑賢人)。神山高校でも安穏とした灰色の高校生活を送るつもりだったが、姉の命で廃部寸前の古典部に入部することに。嫌々部室へと向かった奉太郎は、一身上の都合で古典部に入部してきた少女・千反田える(広瀬アリス)と出会う。一見清楚なお嬢さまといった印象の美少女だが、「わたし、気になります!」となると誰にも止められない、好奇心のかたまりのような少女だった。中学からの旧友、伊原摩耶花(小島藤子)と福部里志(岡山天音)も入部し、新生古典部が発足した。えるの好奇心に巻き込まれるうちに、学園で起こる不思議な謎を次々と解き明かしていく奉太郎。そんな奉太郎の推理力を見込んだえるは、彼にある依頼をする。「10年前に失踪した伯父がえるに残した言葉を思い出させてほしい」― それは33年前に学園で起きたある事件へとつながっていたのだった。彼らは、33年前に発行された古典部文集「氷菓」と歴史ある学園祭に秘められた真実を解き明かすべく、歴史の中に埋没し、伏せられてきた謎に挑んでいく。

「氷菓」に投稿された感想・評価

なんだかよくわからなかった
ミステリーなんだけど、ワクワクしたり、どうなるの?なぜ?
が全くなかった。
原作を読んだら面白いのだろうけど。
アニメの方が面白いらしい。
える。って名前のおんなの子
家で昔飼っていた犬の名は
エル
ミステリーというのに惹かれて観てみたけど、まぁ学園ミステリーって言うくらいだし、こんなもんか…っていう。

もう少し謎を散りばめてくれれば、こっちも謎解き楽しめたのかなぁ?

主人公が灰色人生だと言っていたけど、あの振り回され方と言い、別に嫌じゃない感じと言い、間違いなくバラ色人生だと思います…笑
4G

4Gの感想・評価

3.1
内容は好き。
広瀬アリスがコスプレにしか見えない
主題歌「アイオライト」
lapita

lapitaの感想・評価

2.9
主演の二人のためにある作品でしょうか。

ストーリーに負ける演出は残念です。
非公開

非公開の感想・評価

3.5
広瀬アリスさんに
そんな顔で お願いされたら
私だって 謎を解きます

このレビューはネタバレを含みます

人気の原作と、俳優も配役も決して悪くなく、良い感じ。でも、しっくりこないのは、何を見せたいのかはっきりしないこと。たしかに青春なのに甘酸っぱさがなく、謎解きなのに、スリリングでもない話。
しかし、他の何でもなく、映画にしたいという動機があったのなら、それを全面に出して欲しかった。
良いものなのに、思いを整理できていないのか、形にできなかったのか、とにかく、これが本当に作りたかった形だったのか?と感じた。
m1kan

m1kanの感想・評価

2.5
謎解きを期待し過ぎた…かな。登場人物のキャラクター的にも感情が読めず、最後まで入り込むことが難しかった。
YUI

YUIの感想・評価

2.9
う~ん。
流し見くらいがちょうどいいかなって感じ。
真剣に観てるとちょっと物足りないかも。

謎解きはまぁまぁ楽しい。
なんか悲しいね。

もう1回は観ないな。
ひろ

ひろの感想・評価

3.4
前半は退屈だけど後半謎解きは良かった(о´∀`о)そりゃあ氷菓だわ(ノ_<)可哀想。広瀬アリスはどうしても頭で勝負するタイプには見えないのだけど知的を頑張って装ってた(о´∀`о)アニメとどうしても比べられるから辛いよね。。。
おみの

おみのの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

なんと本郷奏多が人間役!ヒト科ヒト属ヒト!めずらしい
思いがけぬ「60年代末からロマン性を剥奪」ものやった、いまや学生運動は「恵まれたことへの居心地の悪さを解消するべく戦いたがり、戦う正当性を遠くの犠牲者に見出した」的に語られがち、そしてこの物語はその学生運動に犠牲者を見出すことで主人公は戦わないことを肯定するし陰キャであることの居心地の悪さを解消するからちょっとこれは考えものかもしれん!アクティブがパッシブになっただけで構図は同じ?穏当な形で歴史が繰り返している?
とはいえ穏当であることがまさに重要な進歩かな〜前者は正当化で後者は肯定って感じの解釈をするなら確かに別のものかな〜というかべつに繰り返してもいい歴史かな、所詮若人そんなもんかな?あとそもそもこの話の学生運動は闘争理由があくまで自分ごとやし素直に祭寄りやしな!いや思いがけず考えた
>|