覆面系ノイズの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

覆面系ノイズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.2

あらすじ

歌うことが大好きな仁乃は、幼いころに、いつも一緒に歌を唄っていた初恋の相手・モモ、そして曲作りをする少年・ユズという大切な存在であった2人との別れを経験する。「いつの日か、この歌声を目印に、必ず君を探し出す…」という2人との約束を信じて歌い続けてきた仁乃は、6年後の高校生になったある日、学校でユズと再会。 ユズの所属する、正体不明の大人気覆面バンドin No hurry to shout(通称…

歌うことが大好きな仁乃は、幼いころに、いつも一緒に歌を唄っていた初恋の相手・モモ、そして曲作りをする少年・ユズという大切な存在であった2人との別れを経験する。「いつの日か、この歌声を目印に、必ず君を探し出す…」という2人との約束を信じて歌い続けてきた仁乃は、6年後の高校生になったある日、学校でユズと再会。 ユズの所属する、正体不明の大人気覆面バンドin No hurry to shout(通称イノハリ)のボーカルに誘われた仁乃は、新たに歌う場所を得て、その歌声に磨きをかけ、もう一人の会いたい人・モモに声を届けるため再び歌いだす。 そんなある日、モモらしい人物がプロデュースするという音楽会社の新人ボーカルオーディションを発見!果たして、それは本当のモモなのか?仁乃、ユズ、モモそれぞれの溢れる想いが、周囲も巻き込みながら動き出す…!

「覆面系ノイズ」に投稿された感想・評価

painapooo

painapoooの感想・評価

2.0
終始意味不明なモモの言動や行動に、ツッコミを入れながら見るのがおすすめです
yooooshiko

yooooshikoの感想・評価

3.2
機内鑑賞。途中寝てしまった。中条あやみの歌声だけが聴きたくてみた。これは漫画の方がいいなー
Kogepan

Kogepanの感想・評価

4.5
言うことなしです、大好きです
中条あやみが歌上手で可愛すぎて
最高ですね。
mako

makoの感想・評価

4.3
淳くんは背が高いのを全く感じさせない感じでユズにぴったりだった。実際に練習して演奏しているだけあってセッションやライブのシーンはかっこよかった。小関くんもイメージにぴったりだった。主人公のアップが多いのが気になったけど・・
の

のの感想・評価

3.4
小関くん目当てで見ました。
曲がマンウィズってことで
確かにぽいなと思いました。
小関くんと志尊くんの
セッションシーンかっこよかった!
ふじた

ふじたの感想・評価

4.0
アニメも見てて、予告も良さげだったから期待してた作品
中条あやみの声が綺麗すぎると、アリスの声らしくないと一部から言われていた
予告を見て「たしかに」とは思ったが、実際はあまり気にならず
アニメの実写映画化としては高評価
映画における最も重要な要素の1つが、"音楽"だと思ってる俺は、バンド系の音楽映画は極力映画館で観るようにしている。

『カノジョは嘘を愛しすぎてる』が中々良かったので、本作も期待していたのだが…

…俺がバカでした!!!
はい!出ましたー!1.5点!

まず、終始、中条あやみのドアップに次ぐドアップばかりで、画面の動きが少なすぎるし、圧迫感が凄い!
それは『IT/イット』の映写機を回すシーンに近い恐怖。

その中条演じる有栖川仁乃には、相手の気持ちを汲み取れず、空気の読めない行動ばかりでイライラさせられる。
リハに遅れて来たらまず、ごめんなさいだろうが!!!
子役の仁乃の演技もわざとらし過ぎて酷かったし。

恋愛対象となるユズも、「アリスと呼んでいいのは僕だけだ。」と彼氏面しときながら、肝心な時に積極的になれないヘタレ。
そして、バンド活動にも支障を来たし勝手に解散させようとするクズ。

完全に監督の演出と脚本ミス。
唯一良かったのは、真野恵里菜の歌声。
sarinuhe

sarinuheの感想・評価

2.7
まぁ、こんくらいよな。
漫画原作の恋愛映画って。
中条ちゃんは可愛くて歌上手くってよかった!!
みゅー

みゅーの感想・評価

3.0
映画館にて。歌のシーンはよかったのに、ストーリーにモヤモヤ。原作が好きな分、残念。
友人に誘われて鑑賞

少女漫画原作映画ならこんなものかな
といったクオリティ

原作読んだことなかったので
ふつうに少女漫画原作映画としていいとおもったけれど

原作読んだ友人は受け付けなかったそう

そして途中あまりのクサさに
爆笑してしまうシーンがあった←

中条あやみが美しすぎる

その子供時代の子役も愛らしすぎる

音楽はマンウィズ監修です
>|