覆面系ノイズのネタバレレビュー・内容・結末

覆面系ノイズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:116分

あらすじ

歌うことが大好きな仁乃は、幼いころに、いつも一緒に歌を唄っていた初恋の相手・モモ、そして曲作りをする少年・ユズという大切な存在であった2人との別れを経験する。「いつの日か、この歌声を目印に、必ず君を探し出す…」という2人との約束を信じて歌い続けてきた仁乃は、6年後の高校生になったある日、学校でユズと再会。 ユズの所属する、正体不明の大人気覆面バンドin No hurry to shout(通称…

歌うことが大好きな仁乃は、幼いころに、いつも一緒に歌を唄っていた初恋の相手・モモ、そして曲作りをする少年・ユズという大切な存在であった2人との別れを経験する。「いつの日か、この歌声を目印に、必ず君を探し出す…」という2人との約束を信じて歌い続けてきた仁乃は、6年後の高校生になったある日、学校でユズと再会。 ユズの所属する、正体不明の大人気覆面バンドin No hurry to shout(通称イノハリ)のボーカルに誘われた仁乃は、新たに歌う場所を得て、その歌声に磨きをかけ、もう一人の会いたい人・モモに声を届けるため再び歌いだす。 そんなある日、モモらしい人物がプロデュースするという音楽会社の新人ボーカルオーディションを発見!果たして、それは本当のモモなのか?仁乃、ユズ、モモそれぞれの溢れる想いが、周囲も巻き込みながら動き出す…!

「覆面系ノイズ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

原作は未読、友達から内容をうっすら説明を受けてからの映画だったので入りやすかった。漫画を2時間にまとめるのだからしょうがないが、ただ、わかりにくいところが多々あったのが残念。

1番好きなシーンはユズと桃のセッションのシーン。かっこいいなぁと素直に思った。個人的には桃がとてもかっこよくて素敵だと感じた。作曲しているシーンにドキドキ。
評価があまり良くなかったから見るか迷っていたが、中条あやみと志尊淳が好きだったので鑑賞。
結果、想像以上の出来だったと思う。
原作未読なので原作ファンからしたらどうなのか分からないが、面白かったと思う。
まず、中条あやみが可愛すぎる!
顔はもちろん声や演技もいちいち可愛いかった(๑ ́ᄇ`๑)
相手役は最近よく見る志尊淳。
帝一の國からいいなーとは思っていたが演技も良く、ギター演奏シーンがなかなか格好よかったと思う。
中条あやみも歌が上手で演奏も迫力のありちゃんとバンドしてた!

残念な部分
・ニノの口調が女子高生の喋りじゃないかな。~だわ。~のね。とか…
・ニノの前に現れたモモが「もう俺に付きまとうな」からの学校に現れる。
付きまとってるのどう考えてもお前だろー!ばっさり切った後にいきなり学校に来てるし!
・モモの学らんがピチピチすぎる。
・ライブの直前にモモに会いに行く。
何もライブ直前に行かなくても…。もっと前に行くとか選択したあったでしょ。
思ってたよりも数倍よかった。
ユズの身長以外キャストめっちゃハマってた。深桜がめっちゃ深桜だった。
巨乳のくだりとかねぎまとか出てこなかったのは残念。あと原作読んでないと恋愛模様は結局どうなの?ってなりそう。
イノハリの出来た経緯の話やるのかと思ったらふんわり伝えて終わりっていうのが微妙。入れるなら全部話して欲しかった。
モモとの出会いももう少し原作に寄せてくれたら嬉しかった。
でも全体的に見たらバランスは取れてたかなと思う。
中条あやみファンなので見ました相変わらずのスタイルのよさに歌も上手くてよかった。モモからユズに気持ちが変わる流れが少し急でおおってなってしまった。
原作が好きで、映画を観てみた。
中条あやみちゃんのニノは思ったよりも良かった。ちゃんとニノだった。志尊淳のビジュアルにユズの違和感さがすごいのと、結構無理矢理繋いでる感。薄っぺらく終わってしまった。ハルヨシ先輩と深桜の関係変わらないで終わるんかいって感じ。2時間に収めるためだからクロのモブ感がとてつもない。わだかまり解決するの早すぎる。苦しいからこその覆面系ノイズだと思うから、うーんって感じ。喉の病気とか軽く流しすぎだよ、、むしろ入れない方が良かったんじゃないか。上手くまとめすぎて面白さが欠けてた。
20171126
0.5 1.2 1.9
なんかもう照れちゃう、直視できないシーンが盛りだくさん。
・おまえ変なやつだなー!って言いながら2人でセッション
・実は僕でした〜って眼帯取る
・にやにやギター練習
・キスされても気づかないほど爆睡
・学ラン似合わない
などなど。
オネエなメンバーとみおちゃん良かった。

話は、ヒロインと彼2人との思い出の尺が短いからか、どっちにもそんなに思い入れが沸かず、最後なぜそっちの彼が選ばれたのかもあんまり良く分からず。

話は原作で補完するとして、素直にきゃー恥ずかしいっ!って楽しむのがいいと思う。
中条あやみちゃん舞台挨拶!
顔の小さい事♡

映画は...あまりに薄い、不憫。
中条あやみちゃんに歌わせることがよほどお金かかったのか、リフレッシュのぶつかり合いで最初から最後まで個々がバラバラだった。
中条あやみに憂いな顔させすぎ。
泣かせすぎ。
カメラよりすぎ!!!!!
PVやん。
中条あやみちゃんファンクラブイベント用のショートムービーかと思った。
こんなうっすい映画より、ちょっと長い質のいいCMとかにした方がよっぽどよかった。
ストーリーそのものも、マスクしてる時と外す時の違いがもはやないし、イノハリのボーカル事情不憫すぎるし、高校生が事務所してたり、事務所ありきで豊洲pit完売とか非現実的すぎる。

磯村クロの関西弁も先輩の女言葉も余りに中途半端で、そのくせがっつり女子に告白してるし。何をどうしてほしいのかさっぱり。

映画なんてそもそも演技なんやから嘘でできた芸術ではあるけれど、いかに多くの質の高い映画を観てきたんかと改めて実感するほどに、スクリーンに映る全ての人や風景が嘘臭かった。
「THE 綺麗な演技」していますのよ、私たち。青春でしょ、泣けるでしょ?がすごい。
書き出せばキリがなくこれから見る人にとっても悪口でしかないかもしれんけど、俳優それぞれはあくまで応援してるし素晴らしいから余計に不憫だったのです。
もっとできるやん、この人!って。
志尊君と真野ちゃんが何とか芝居で這い上がろうともがいてるようにしか見えなかったよ。
志尊君なんて今年だけでも、帝一よかったし舞台にドラマ、つい最近も植木等..で山本耕史さん達とやりあっても引けを取らない素晴らしい演技やったし、磯村君も劇団におってひよっこでのヒデちゃんもすごく良かったし、真野ちゃんもどんどん経験値積んでってるのに...
たまに映る、演技で魅せてくれる安定のベテランがいないのも残念なポイント。

軽音部出身でバンドが好きだったから良かったけど、マンウィズを知らなかった私じゃ間違いなく最後まで見れなかった。

楽器隊も中条あやみちゃんの歌も凄く練習したんやと思う、かっこよかった!でも...映画ファンとしては「映画」と呼ぶにはあまりに不憫やった。
試写会で鑑賞。
マンガ原作の映画化作品。
幼なじみと片想いストーリー、ド直球×バンド青春もの。
中条あやみって歌も上手いのね。
音楽で繋がるラブストーリー。
シナリオはとても好き。

ニノとユズ、ニノとモモ
この二組の再会のシーンは…
緩んだ紐がピンッと張られたような感じ。素敵でした。

漫画よりにするのか、現実よりにするのか…それが定まっておらず、フワフワして戸惑う部分あり。

話が流れていくのがもったいない、