• Filmarksトップ
  • ターシャ・テューダー 静かな水の物語の感想・評価

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

上映日:2017年04月15日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:105分
    監督
    松谷光絵
    キャスト
    ターシャ・テューダー
    セス・テューダー
    ウィンズロー・テューダー
    エイミー・テューダー
    あらすじ
    米国バーモント州。雪深い山奥にある、18 世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで 絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く 1 人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70 年もの間、現役 で活躍、離婚を経験し女手ひとつで 4 人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。 「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平坦な道のりではなかった。そんな彼 女の知られざるライフストーリーと、多くの人々を魅了する喜びにあふれた暮らしを映し出す。

    「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」に投稿された感想・評価

    ターシャトューダーのドキュメンタリー番組を何度か見ている自分でも初めて知る情報が多く楽しめた。ターシャの生活の様子、これまでの人生、彼女の哲学(考え方)をバランスよく盛り込んでいて見飽きなかった。彼女のロックな性格を知りさらに好きになった。

    ターシャの家と庭から見る四季がとてもきれいで癒されたので、単純に美しいのんびりした映画が見たい人にもおすすめしたい。
    未放送部分もあるのかと思って期待していたら、BSで放送していたものとほぼ内容が同じでがっかりした。
    「91歳なんてすごいでしょう?
    しかも、ずっと幸せだったんだから。」

    「忍耐が大事。
    それを乗り越えた時、
    それ以上のものが必ず手に入るから。」

    「忙しくて自分を見失ってない?
    自分の心に聞くしかない。
    何をしたいのか。」

    「人生は短いから、
    不幸になっている暇はない。」


    彼女の言葉が自分の胸に迫ってくるのは、
    彼女が自分の人生を選び、
    戦って来たのだと感じられるからだ。

    翻って、
    自分は、
    戦う事を避け、
    誤魔化しながら生きて来た。

    でも、
    限界が来ている。
    自分で、そう感じている。

    だから、
    彼女の言葉を励ましとして捉えたい。
    自分を鼓舞する言葉として、
    受け入れたい。

    だけど、
    そうする事が恐い。
    勇気が、出ない。

    だけど、
    それだと今までと同じじゃないか。
    頑張れ、がんばれ。
    自分、がんばれ。

    そう思いながら、
    堪えきれず、
    泣いた。
    とても素敵な生き方、暮らし方。
    25歳になって、素敵な大人になりたくて、この映画をみようと思い映画館でみました。

    庭に入ったときの、虫の鳴き声や、草を刈る音、風の音、、思わず目を閉じてしまうほどの癒しサウンド。あたたかい昼間の風と草の匂いがしてきそうでした。。
    お家も庭も本当に素敵。絵本の世界。

    人生短いから、不幸でいる暇ない

    すきなものとすきなひととすきなことに囲まれながら、暮らしをたのしむ余裕を持ちたい。
    こんなふうに年をとっていきたい。