ターシャ・テューダー 静かな水の物語の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

  • Filmarksトップ
  • ターシャ・テューダー 静かな水の物語の作品情報・感想・評価

ターシャ・テューダー 静かな水の物語2017年製作の映画)

上映日:2017年04月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

米国バーモント州。雪深い山奥にある、18 世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで 絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く 1 人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70 年もの間、現役 で活躍、離婚を経験し女手ひとつで 4 人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。 「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平…

米国バーモント州。雪深い山奥にある、18 世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで 絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く 1 人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70 年もの間、現役 で活躍、離婚を経験し女手ひとつで 4 人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。 「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平坦な道のりではなかった。そんな彼 女の知られざるライフストーリーと、多くの人々を魅了する喜びにあふれた暮らしを映し出す。

「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」に投稿された感想・評価

Saki

Sakiの感想・評価

3.5
こういう自給自足に近い形の生活に憧れる反面、私には無理だと思ってしまうことも多々あった。
例えば彼女の彼女らしい作品を描き続ける「徹底ぶり」や、人見知り故の「他人に左右されない強さ」など。

絵に描いたような暮らしは、本当に素敵だと思ったのですが、「人生フルーツ」に比べたら非現実的すぎるような、世界観が徹底的すぎるようなところに少々違和感を覚えながらの鑑賞となりました。
国が違えば文化も違うから、というのもあると思います。

違和感ポイントの例としては、映画に映ってるターシャの息子やその奥さん、孫たちも、ターシャの世界観に合う服装をしていたけど、それは映画仕様であり、ほんとは都会でスマホ片手にデニムとTシャツでは⁉︎なんて考えたりしたのです。

あと、ロウソク作りしているところとかは電気を極力使わない生活なのかな、と"暮らしっぷり"を感じられたのだけど、日々の食事はどうしてるのだろうか、というのもわりかし疑問でした。
そんな意味で、比較的似ている「人生フルーツ」を思い浮かべながら比較しながらの鑑賞となりましたが、人生フルーツよりもハマることはなかったのでした。
とはいえ、改めて自分の暮らし方や働き方を見つめる良い時間となったのでした。
2017.4.26
有楽町 角川シネマ
すず

すずの感想・評価

3.0
人生は短い、だから楽しまなくちゃ

🌿🌷🌿🌺🌿🌷🌿🌺🌿🌷🌿🌺🌿🌷🌿🌺🌿🌷🌿🌺🌿🌷🌿
どこを切り取ってもまるで絵画のように美しい。四季の庭は春夏🌷色とりどりの花に囲まれ、秋🍂紅葉を楽しみ、冬❄一面の雪景色に花たちは一休み。お家もターシャさんのお洋服も素敵で画面全部に私が好きなものしか映らない。絵本も癒されるし、ちょっと太めのコーギ犬も愛らしい。



忙しすぎて心が迷子になっていない?



この映画には人生を楽しむヒントが沢山あります。お仕事疲れちゃった、なんか心がもやもやする。そんな時はこれを観て穏やかな気持ちになってみてはいかが(*˘︶˘*).。.:*



🍃🍁🍃🍂🍃🍁🍃🍂🍃🍁🍃🍂🍃🍁🍃🍂🍃🍁🍃🍂🍃🍁🍃
個人的には観るのをすごく楽しみにしていた割に退屈に感じてしまいました。好きなもなのが画面いっぱいにあって眼福ではありましたが(^_^;)
Punch

Punchの感想・評価

3.3
コーギーかわいい!!
花心

花心の感想・評価

3.0
この映画を観て初めてターシャの存在を知ったクチです。 
さすが人生の大先輩、よい教訓をいくつも語ってくれました。 
スローライフ、イイネ。 
記録を忘れてた。
中学の時に知って以来のターシャ・テューダーだが、やはり映像で見るとより楽しい。
shupette

shupetteの感想・評価

3.2
今はのび太くんのように布団に入ったら3秒で眠れるわたしですが、人生で2度ほど「疲れてるのにとにかく全然眠れない」という身体も心もかなりつらい時期があり、その際ベッドに入る前にターシャのDVDを流すことを習慣にしていました。NHKの特番をまとめたそのDVDは、松屋銀座でターシャ・テューダー展をやっているときに物販で買いました。ターシャのDVDを流すと、眠れなくても心が安らぐのを感じました。

そう、御多分に洩れずわたしはNHK特番でターシャを知り、ターシャの庭とターシャの洋服(あの三角巾も!)、チカホミニー(ハンサムなニワトリ)、メギー(コーギー犬)、そしてターシャのユーモアセンスにすっかり魅せられてしまったひとりです。

人付き合いが苦手で人里離れた場所に電気もない家を建て、19世紀の農村の暮らしを実践するターシャ…というと物凄くこだわりの強い偏屈なおばあちゃんを想像してしまいますが、決してそんなことはなく、ユーモアたっぷりにインタビュアーの質問にこたえる彼女は本当に憧れます。(ターシャ手作りの古い人形を紹介するとき、「顔色が悪いわね」とかサラッという感じ!)

NHKのターシャ特番をおそらく全部見ているわたしにとって、この映画は「ああ、このシーンはもう見たな」でいっぱいだったためスコアは低めですが、心がトゲトゲしてる人は見てもいいと思います。なんだか安らぐよ。
心がずっと和やかぁ〜な状態で鑑賞。ターシャの生き方が素晴らし過ぎて、理想過ぎて…あぁステキ〜。心踊る。
こんなお庭を作るなら、私のお家のあの場所を開拓して、元気でかわいい犬を飼って、四季の行事を楽しんで、自分の作品をお家でチマチマ作って生きる…。うぅ、素晴らしい…。
ターシャは夢は叶えるものだって言ってた。叶えるために努力するものだって。
91歳のターシャの言葉には重みがある。

そして、コーギーのメギーが、物凄く可愛かった。段々人間に見えてきた。
ルン

ルンの感想・評価

4.0
素敵すごく良かった
母に見せたいかな
>|