• Filmarksトップ
  • ターシャ・テューダー 静かな水の物語の感想・評価

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

上映日:2017年04月15日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:105分
    監督
    松谷光絵
    キャスト
    ターシャ・テューダー
    セス・テューダー
    ウィンズロー・テューダー
    エイミー・テューダー
    あらすじ
    米国バーモント州。雪深い山奥にある、18 世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで 絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く 1 人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70 年もの間、現役 で活躍、離婚を経験し女手ひとつで 4 人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。 「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平坦な道のりではなかった。そんな彼 女の知られざるライフストーリーと、多くの人々を魅了する喜びにあふれた暮らしを映し出す。

    「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」に投稿された感想・評価

    小さい頃は大人になったら絵本の中みたいな生活ができるって思ってた私を蘇らせてくれてありがとう、不幸になってる暇はないね。あと、パンプキンって発音って可愛い。
    ターシャさんの人生に対する名言も多く、心にくる言葉がたくさんでよかったです!

    パートナーのコーギーも、かわいい。
    コーギー多めに観られてよかった。
    「人生は短いから不幸になってる暇はない」

    ターシャトゥーダは、クリエイターとして最高峰の生活をしてたな。。
    ものづくりをする身としてはとても尊敬できる方でした。
    私も自分の人生が「ずっと天国いるような生活」になるように努力しよう。
    とにかく時間を大切にしなくては、、

    ウィキペディアで調べたら見方がまた変わってしまうので注意です。笑
    ものすごく癒されました。
    何だか普段かかえている不安や緊張がターシャの言葉でフッと緩み、ちょっとウルウルしちゃいました笑

    少しスピードを落として、毎日どんなことにも丁寧に過ごし、食料やロウソクなど作れる物は自分で作るターシャは素敵でした。
    また、ターシャを囲む家族やコーギー犬やニワトリ、そして庭に咲く花や虫達や静かな池。こちらまでも幸せな気持ちになりました。

    このドキュメンタリーでターシャ・テューダーという方を知れて本当に良かったです。
    絵本も読んでみたいと思います。
    静かで絵画的な映画。
    誤解を恐れずに言うなら退屈な映画。
    数々の名言がちりばめられていて生きていく重みを感じる。
    ターシャさんの生き方は尊敬するが、自分には無理❗️
    音楽も映像もイラストも綺麗で癒される。
    ちょっぴりおデブなコーギーが可愛かった。
    素敵な人生と庭と人が、優しく映り出されていた。ずーっと居心地がよかった、心が。
    ラストシーンで何故か涙がでた。
    悲しいとか嬉しいとかではなく、そんな簡単な言葉ではない感情だったんだと思う。
    家畜を飼い、作物や草花を育てながら、愛情あふれる作品を描き続ける絵本作家ターシャ・テューダー。
    彼女の90歳の誕生日をはさんだ約一年間を丁寧に追ったドキュメンタリー映画。

    長い間憧れていた理想の生活を実現し、素朴な草花を種から育て、自然の美しさに対する愛があふれる庭。
    大切なパートナーともいえる犬や鶏たちとの触れあい、手間をかけてじっくりと作る料理、息子娘や孫たちとの交流、そして90歳を越えてもなお学び続ける書斎など…。
    激動の20世紀を生きた、一人の女性の自然体の生き様が魅力的に綴られる。

    「自然を愛すること」「幸せであること」「自分に学ぶ機会を与え続けること」…宝石のようなことばの数々に、ドキュメンタリーならではのしっとりとした感動を覚えた。
    素敵な人生。
    ターシャの言葉やターシャの花も綺麗でした。
    >|