犬ヶ島の作品情報・感想・評価

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:101分

3.9

あらすじ

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

予告観る限りだとキャラクターがイマイチで不安だったけど、全く問題なく好きなやつだったー!
ストーリーはそこまで大事じゃなくて、大好きなウェス・アンダーソンのヘンテコな世界と日本の風景、それだけでもスクリーンで堪能出来てよかった
日本語と英語を織り交ぜ、且つ両方の字幕もあるから情報量ハンパなくて、慣れるのにちょっと苦労したけど
スカヨハはワンコになっても超SEXY❤︎
葵拓海

葵拓海の感想・評価

3.5
信じられるか…
これストップモーションなんだぜ…?

メイキングは必見!!
サリナ

サリナの感想・評価

3.6
映画館で見たかった作品を、機内で視聴。

海外から見た日本をコミカルに描いていた。
独特の世界観をストップモーションで表現していたし、ところどころお洒落〜〜というシーンも多かったなあ。

犬と人間の声優とのギャップも面白さのひとつだとおもう。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.5
独特な世界観。
私はだけど、見始めた時皮肉を感じた。ゴミ島は実際にペットショップの売れ残った犬が行く先ように思えるから。だから日本人と犬との関係はあんまり考えたことがなかったけれど考えるきっかけになればいいと思う。
自分の映画ベスト10を選べと言われたら間違いなく入る傑作 


映画でも音楽でも人は感情が動かされたときそれが感動となるが、その動きに質があって 
たとえ涙がこぼれても自分の中でその重さが違うことがある。 

例えば、ジョン・ラセターの映画が好例。 
非常にバランスがよく映画としてエンターテイメントとして100点に近い作品をバンバン作る。 
起承転結、緩急が非常にうまく誰が見ても間違いなく平均以上のスコアをたたき出す。 
いわゆる「泣ける映画」 
興行という意味でも作品の質としてもこれは正解だと思うし、ここに達しない映画も非常に多い。 

ただ個人的にはこういう映画はとても疲れるのであまり好きではない。 
ストーリーのテンポも速くコントラストも強く、例えるなら感情を鷲掴みにされブンブン振り回されているように感じてしまうし、本当にそれは自分の感動なのか不安になる。 


一方で。メリーポピンズ、眠れる森の美女等々、ストーリーではなく、ただただその映像やシーンが美しいというだけでこぼれる涙もあり、おしゃれキャットのようにただただ仕草の愛らしさに揺り動かされる感動もある。 
また穏やかな感動だけでなくセッションのようにエネルギーの塊をひたすらぶつけるような感動も近しいものがある。 
美術館などほとんど足を運ばないのだが、今までに絵画を目の前にして、なぜか涙がこぼれるようなことが何度かあった。 
そこに物語や背景や理由がなくてもすっと心にしみ込むような瞬間。それに近しい感動。 
そういったものこそ今の自分には心地いい。 



前置きが長くなったが「犬ヶ島」はまさにそれ。 
ストーリーもメッセージも教訓もあるし心打たれるセリフやシーンもおおい。 
ただどれも押しつけがましくなくさらっと進行していく。 
そこに心留められる人もいるし流す人もいる。 

そしてそこに対比するように、映像はひたすらに情報量が多く緻密に作られている。 
ただ混沌としているようで画面はとても美しく整理されていてどこで一時停止しても完全な絵になる。 
更にウェスアンダーソンの映画らしいトリップするようなBGM。 
ある種の宗教音楽を思わせるテーマの繰り返しは映像との一体感をより強め観客を没入させていく。 

自分はこの映画の中に共感や教訓を得ることは一切ない。 
「寓話」ではなく現在の「童話」でありそこに単に物語が存在するだけ。 
何かが起こり終わるというそれだけ。 

本当に素晴らしい作品だった。
momohide

momohideの感想・評価

4.0
ウェスアンダーソン渾身のストップモーションアニメーション第2弾!
個人的に前作ファンタスティックフォックスよりも好き(΄◉◞౪◟◉`)
細部までこだわり抜いた映像は流石としか言いようがない。

近未来の設定だからか、はたまた監督がイメージする日本がズレてるからか、非常にシュールな世界観。
日本人と外国人で笑いどころも違うんだろうなぁ。

人間は各母国語を喋っているのも面白い。
犬はスピーキングイングリッシュ(声優が豪華なんだこれがまた)
まあ外国人が日本語喋ってるわけやから聞き取りにくいとこもあるわなそりゃ。
アタリなんかすげえ棒読みなんだけどそれもそのはずアタリの声優は当時8歳の男の子でしかもオーディション時の音声をそのまま使ったらしい。
これが妙な味となっていて可笑しい。
すげえなアンダーソン。

海の向こうから見た日本、面白いねぇ。
画面がカラフル。カタカナ楽しい。
Leopardon

Leopardonの感想・評価

4.2
素晴らしいコマ撮りアニメーション。
ウニ県メガ崎市っていうネーミングには驚いたけど、日本文化の取り入れ方は嫌いじゃなかった。
ストーリーは若干ぶっ飛んでるところがあってツッコミどころは多かった。
とはいえこの作品の芸術性を考えるとそこら辺の細かいところも気にならない出来だった。太鼓の音楽も味があって最高。
ストーリーよりも独特の世界観を楽しむ映画だと思う。
>|