0.5ミリの作品情報・感想・評価

「0.5ミリ」に投稿された感想・評価

dai

daiの感想・評価

3.8
さすらい介護ヘルパーさんのロードムービー(?)

3時間と長尺だけどそんなに長さは感じなかった。それは安藤サクラの軽妙なセリフと演技。坂田利夫、津川雅彦のおかげかな。

書きたい事がいっぱい出てくる程いろんな要素がある映画。とりあえずは記録程度に。

主人公の明日が見えない感じがアメリカンニューシネマを匂わせてた。
長かった。。。
高知の風景がいい感じだった。
なにより安藤さくらの演技がすごかった。
中本

中本の感想・評価

2.8
3回中断して、一応最後まで見た。風邪をひいてなかったら見なくて良いと思う。
si

siの感想・評価

3.8
生きるって楽なことじゃない。

坂田利夫がなかなか良かった。
haruru

haruruの感想・評価

3.5
3時間の超大作。強烈なメッセージを、全て受止め言葉にできないのがもどかしい。安藤サクラの演技はやっぱり圧巻だった、、、
まえも

まえもの感想・評価

3.5
長かった。笑
赤いワンピース捨てなくてよかったね。
生産性って何だろう、生産性がないってどういうことだろう。
今日生まれる子も、明日死ぬじいさんも、同じ世界に生きている。
タイトルの0.5ミリは“短い”けど、映画は196分と“長い”・・・覚悟が必要です
もっとも、五人の爺さん&一人のプー太郎(?)相手のお話ですから仕方ないか?
安藤姉妹の”力わざ“にねじ伏せられた気がします

本作に限りませんが、変幻自在女優の安藤サクラに脱帽です
観客は、本来ならこの”あこぎ“な女に感情移入など出来るはずないのですが、その”献身“ぶりに納得させられちゃうのです

【脱線】
クリント・イーストウッド監督08年「グラン・トリノ」が、頭をよぎった人、握手しましょう
momico

momicoの感想・評価

4.2
はっきり言って好き嫌いすごく別れる作品だと思う。
気持ちのよくないシーンもある。そして長い。笑
だけど、観終わった後はとても充実した気持ちにさせられていた。

ステレオタイプを全部ぶっ壊して、人と人の心が通う様を描いたところが凄く好きだ。

地位や名誉があったって、家族が揃ってたってそうじゃなくたって、お金があったってなくたって、不器用だって、優秀だって、みんな愛されたいし、歳をとるし、死んでいく。

鑑賞中、安藤モモコの原作は、未読ながらきっと傑作なんじゃないかと思ったほど。
安藤サクラのこういう全力体当たりな役柄が凄く好き。

テーマと安藤姉妹が大好きなので、スコアは盛りめ。
nakamura

nakamuraの感想・評価

3.2
安藤サクラ不思議な魅力あるな〜
坂田利夫も良かった◎

長過ぎた!
もうちょいコンパクトにしても良かったと思う( ´Д`)

余談ですが、AVに禁断介護というシリーズもあってーーー
isakai

isakaiの感想・評価

2.0
長い。安藤サクラって、演技が上手。こういう人いるよねってなる。
>|