0.5ミリの作品情報・感想・評価

0.5ミリ2014年製作の映画)

上映日:2014年11月08日

製作国:

上映時間:196分

3.7

あらすじ

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、…

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、サワはワケありクセありのおじいちゃんたちを見つけ出しては、軽やかに家事と介護をこなし、その生活に入り込んでゆく。はじめこそ困惑するおじいちゃんたちだったが、天真爛漫に振る舞うサワに対し、不器用さゆえに社会や家族の中で居場所をなくしていた彼らも、心を開きはじめる。あふれんばかりの生命力を発しながら、全身全霊でぶつかってくるサワの存在に突き動かされ、“死”に近い場所にいたおじいちゃんたちの“生”が再び輝きだす。 老いは、誰にでも等しく訪れる。高齢化社会へと突入し、身近な人や自分自身の老いに戸惑いながら生きている私たちに、「死ぬまで人間は懸命に生き抜くんだ」とスクリーンから叫ぶサワの姿が、“生きること”“人生を全うすること”の本当の意味を教えてくれる。

「0.5ミリ」に投稿された感想・評価

PI

PIの感想・評価

4.0
安藤サクラの魅力全開!
ちょっとダラシなさげで、甘え上手で、でもしたたかで、ドスが効いてて…
おじいちゃん何人出てくるの⁈って驚いたけど、それぞれのシーンでの絡みが最高だった。
たわ

たわの感想・評価

3.4
安藤サクラの言葉では多くを語らないのに、それ故に伝わる想いの真っ直ぐさとか、無表情から滲み出る行き場のない怒りや哀しみとか、全てを受け止めてくれてるような屈託のない笑顔とか。
全てがつまってるなぁ。すごい。
あとやたらと長くて体力使うと思ってたら
なんと3時間…!
時間と体力に余裕がある時に観るのがオススメですね。
あゆみ

あゆみの感想・評価

3.8
3時間16分もあったのか!体力消耗したわけだ。ときにユーモアも感じるのだけど、とはいえ孤独な老人と介護現場を永遠と見せられるのは苦しくて、ものすごく長く感じたのかと思った。物理的に長編。

老人を相手する介護ヘルパーって、コミュニケーション能力としては最強なのかもしれない、という発見がひとつ。
そして、いくらボケても愛情と誠意は伝わるんだね。ボケてもなお、その人の個性に寄り添った介護をしてあげるのと、どうせ何もわからないからと、独りよがりで冷たい介護をするのでは、全然反応が変わるのだと改めて考えさせられた。
すごい仕事だ。超高齢社会では全然他人事じゃないし。『終わった人』の直後に観たから、年をとりたくないと本気で思ってしまった。
「万引き家族」で見た安藤サクラさんがあまりに見事で、そこから追いかけて見ようと、「百円の恋」 と続いて鑑賞。監督が主演のお姉さんの安藤桃子さんで、エグゼクティブPが父親でフード監修がお母さんって、家族総出だなぁ。

のっけから「おじいちゃんと寝てくれない?」って木内みどりの奥さんに頼まれる介護士さんの役?でなんだかんだで無一文のまま放り出される格好になるのだが・・・

最初の竜爺がまぁ良かった。新喜劇とはひと味違って、さすがだ。カラオケ店の受付に何故か東出昌大。ほんとのちょい役だよ。

その後、坂田師匠。これはいつもの“アホの坂田”がそのまま。でもまさかの“グラン・トリノ”。あの車は個人的にとても思い入れがあるから、それだけでもう25点加算!

主人公、山崎サワはとても魅力的なのだが、行動原理や背景が謎!最初は単に糊口をしのぐ為なのかと思いきや・・・悪魔のように近づく天使なのか?夢や希望の代わりに彼女が老人たちに与えたものはなんだったのか?そこが作品のキモであり観客に投げかけているテーマなのだろうか?

でも、後半に示唆されるあのモンタージュと柄本明のあのセリフはあの子が時任謙作だという事になるな・・・何故?原作もそうなんだろうけど。

作った料理は全て俯瞰で写しているのは何でなの?と思ったら、お母さんが参加してたから?そんなこんなで三時間越えての今作は評価が分かれるんだろうなぁ。

つまらないとか、駄作とは思いませんし、安藤サクラさんはじめ、演者さんはとても良いので観て損は無いかと。
tantan

tantanの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

面白かったす〜
主人公含めみんな頭おかしいんだがなんか納得しちゃうかんじ

色々な老人との話がオムニバスというか一つ一つのエピソードとして続いていくので、移動中などでちょっとずつ見たら楽しめた。
一気見は長くてダレそう。

ボケちゃった先生が戦争を繰り返し語る語り口がよかったなぁ。若手、ベテラン両方の俳優の魅力が詰まった作品だと思う。
本にまみれた生活感のない部屋で、サワが、今を生きてる佐々木(父)をたこ殴りにしてお酒ぶっかけるシーンが好き
でも3時間はいただけない
きむ

きむの感想・評価

2.9
安藤サクラ見たさ。

自分のためなのか、人のためなのか
悪い人なのか、いい人なのか
最後までわからんサワちゃん でも惹かれる。自分のためでもあるから、人のためにもなれるこんな介護ヘルパーが必要とされてるんじゃないかと思った。

ストーリーは、はじめ2人のおじいちゃんの話はちょうどよく見られたけど、3人目の後半と4人目はちょい長いし、一番重要なことがわかりにくかった🙌

監督安藤モモコやから撮れる安藤サクラって本人が言ってて、モモコ&サクラでインタビュー受けてる姿からもすごく姉妹のいい関係がみえた👀私も妹とここまでの関係になりたい目指そ。
さおり

さおりの感想・評価

3.1
わたしの中で1番期待している日本人女優といっても過言ではないのに、毎回それを裏切らない安藤サクラは本物だなぁと思う。サワちゃん、魅力的な人物でした。サワちゃんを観れたというだけで満足感がある。
ゴトウ

ゴトウの感想・評価

3.4
安藤サクラが義父の柄本明をボコボコにしてたのおもしろかったけど、安藤サクラの曽祖父が犬養毅だってこと最近知った。たぶん安藤サクラは親族の緒方貞子みたいに人に親切にしたいんだけど、まずは国内からなんだということで、まずは老人の心だったんだろうね。姉貴が監督みたいだし。この一族はアジアと仲良くしたり、支援活動したり、めちゃくちゃ人に親切にしたい人たちなんだ。
その究極が「話せばわかる」ってことだったんだな
Erina

Erinaの感想・評価

4.5
おじいちゃんたちの心を少しずつ動かしていく安藤サクラ演じるサワが人間力に溢れていて、すごく魅力的だった。
生活のためとはいえ、あそこまで親族でもない人に献身的なお世話をして心を開くことができるなんて。
現代版ヘレンケラーと名付けよう。

いろんなおじいちゃん登場したけど、先生のストーリーが1番ズシンときた。
わずか1人の0.5ミリが山をも動かす。革命を起こす。それってすごいことだと思う。
ペイフォワード的なものを感じた。

そして料理上手はやっぱり無敵だと改めて思った。笑

邦画では珍しい、インド映画バリの3時間越え、覚悟してたけど安藤サクラの魔力にやられて一瞬であった。
>|