海辺のリアの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

海辺のリア2017年製作の映画)

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:105分

3.3

あらすじ

桑畑兆吉(仲代達矢)は、舞台、映画にと、役者として半世紀以上のキャリアを積み、さらに俳優養成所を主宰する大スターだった。芝居を愛し続けた、かつてのスターも、今や認知症の疑いがあり、長女・由紀子(原田美枝子)とその夫であり、兆吉の弟子だった行男(阿部寛)に裏切られ、高級老人ホームへと送り込まれる。遺書を書かされた挙句にだ。 しかし、ある日、兆吉はその施設を脱走する。なにかに導かれるように、あても…

桑畑兆吉(仲代達矢)は、舞台、映画にと、役者として半世紀以上のキャリアを積み、さらに俳優養成所を主宰する大スターだった。芝居を愛し続けた、かつてのスターも、今や認知症の疑いがあり、長女・由紀子(原田美枝子)とその夫であり、兆吉の弟子だった行男(阿部寛)に裏切られ、高級老人ホームへと送り込まれる。遺書を書かされた挙句にだ。 しかし、ある日、兆吉はその施設を脱走する。なにかに導かれるように、あてもなく海辺を歩き続ける。シルクのパジャマ姿にコートを羽織り、スーツケースをひきずって―。兆吉は彷徨い歩くなかで、妻とは別の女に産ませた娘、伸子(黒木華)と突然の再会を果たす。兆吉には、私生児を産んだ伸子を許せず、家から追い出した過去があった。伸子に「リア王」の最愛の娘・コーディーリアの幻影を見た兆吉。兆吉の身にも「リア王」の狂気が乗り移る。かつての記憶が溢れ出したとき、兆吉の心に人生最後の輝きが宿る―。

「海辺のリア」に投稿された感想・評価

fujiK

fujiKの感想・評価

4.0
仲代達矢の映画は何本も見た。それでも、この作品の彼は特別だった。正面を向いて一人語り続ける彼から目をそらすことが出来ない。空と海と浜辺と仲代達矢。役柄と本人の区別がつかなくなる。

「昔の思い出に囲まれて生きる」より、「人の思いでの中に残る」を選ぶ生き方には魅力を感じる。役者でない普通の一人間である私でも。

役者、仲代達矢、スゴい!
こんな映画、小林政広にしか作れない。間違いない。堂々の評価5
love1109

love1109の感想・評価

3.8
俳優生活65年の、生きる伝説。黒澤明をはじめ、成瀬巳喜男、岡本喜八、市川崑、五社英雄、錚々たる監督たちに愛された84歳の仲代達矢が、その一挙手一投足、台詞の一つひとつに、自らのすべてを、その人生を、人間の喜怒哀楽を、全身全霊で表現する。これは悲劇であり喜劇。まるで、シェイクスピアの演劇を観ているかのような、凄まじい映画だった。
仲代達矢観察ムービー いろんな表情の達矢をみれた かわいかった

ただただ冗長で何度もみたいとはとてもじゃないけど思えなかった

私はやはり黒木華が苦手だす

小林薫の無駄遣い

今まで観た中で一番気迫のないリア王だった 「だからなんなんだ?」と
無名塾とTwitter始めましたおじさん。
くらいの予備知識。

ボーっと見てて
あぁこれ映画じゃない
舞台ものだ

あぁリア王のリアなのね


くらいの感想。


仲代達矢かぁ。
クセが凄いんだろうなぁ。
PAO

PAOの感想・評価

3.7
昔は名俳優で知られた『桑畑兆吉』だが、今や認知症を患って実の長女夫婦に老人ホームに入れられてしまい、挙句に認知症であることをいい事に長女夫婦に都合の良い内容の遺書まで書かされてしまう始末。
たぶん本当に認知症なんだろうとは思いつつも、不意に正気に戻っているようなシーンもあって、実は全てが名俳優『桑畑兆吉』の演技なのでは?と思ってしまう。
映画の大半が石川県の千里浜海岸のシーンで、キャストはたったの5人だけ。という舞台のような演出もオツな感じ。
海辺での長回しによるシェイクスピアをなぞったシーンの演技は、仲代達矢さんワールドで本当に素晴らしい。
脚本はハッキリいって弱いですが、そもそもキャストの力量に頼り切る腹づもりの映画なんだと思いますので、仲代達矢さんを筆頭に演技派揃いのキャストの演技は見ものです。
ただ本来主役を張れるはずの小林薫さんの使い方が衝撃的。
セリフが二言ぐらいしかない気が…
賛否ありそうですが個人的にはアリです。
KIHO

KIHOの感想・評価

3.5
良質な役者陣の演技力と演劇ベースの独特な雰囲気に支えられた、圧倒的なパワーの映画です。アルツハイマーの年老いた映画俳優が自らの人生を憧れの戯曲「リア王」になぞらえて回想するお話。リア王、悪い姉、コーデリアなどを彷彿とされる人物設定がなされていますが、ストーリー自体はリア王になぞらえているような、いないような感じ。「リア王」のあらすじと有名なセリフさえ知っていれば、ついてこられるかなと思います。

まず、英米文学を研究していた英語教師の私から、「リア王」を知らなくても「海辺のリア」が楽しめるために、この映画を楽しむのに押さえておくべきポイントをあげておきます。

①年老いたリア王は3人の娘に財産を譲ることにする。その際無分別なリアは3人の娘に自分への愛を述べさせ、いい気分を味わうことにした。
②財産目当ての長女と次女がわざとらしく甘言を述べる中、本当にリアを思っている末娘のコーデリアは、姉のように見てくれだけの言葉を述べるのが嫌で演技をすることができなかった。
③コーデリアの思いを見抜けなかったリアは怒り、彼女を追放してしまうが、残った2人の娘に裏切られ、気が触れ、悲惨な生活を送るようになる。
④コーデリアは勘当先のフランスで王妃になっており、リアの不遇を知るとフランス軍を救援に向かわせる。
⑤2人は再会を果たし、リアは過去の過ちを詫びるも、2人は捕虜として投獄されてしまう。
⑥コーデリアは獄中で絞殺されてしまう。変わり果てたコーデリアを胸に抱き、リアもまた絶命する。

本題に戻ります。キャストは5名のみ。仲代達矢、黒木華、原田美枝子、小林薫、阿部寛。この5人が時に細やかな演技で、時にエネルギッシュな演技力を爆発させながら演じています。定点カメラの長回しや、一人芝居のシーンが多く、まるで演劇を観ているかのような演出がされています。

過大評価をすれば、タルコフスキーやベイルマンを彷彿とさせるような印象的で独特の雰囲気のある作品ですが、簡単に言えば観る人を選ぶというか、この作品の独特の雰囲気が気に入るかどうかで評価の分かれる作品かと思います。

難解な作品であるとは思いませんが、多くを語らないストーリーは明確なメッセージを持っているわけではなく、そこに何か意味を見出して納得するか、「よくわからないなぁ」と終わってしまうかは、観る人に委ねられて入ような気がします。ちなみに私は気に入りました。
shinnaoki

shinnaokiの感想・評価

2.5
まるで舞台のよう、なのでセリフがトゥーマッチ。
説明が多く疲れるシーンも。
しかこ

しかこの感想・評価

3.0
予告が衝撃で見たものの、あれはあたしの今まで知らなかった黒木華だった★
リアとかよく分からんけど老人徘徊とかこの職業なので時々遭遇。
施設に入れれば?なんて、軽く言われる世の中だけど家族ならきっとまた違ってくる。
何も分からなくなるなんて恐怖、それでも必死に自分らしく生きていく、認知症なんてほんとになりたくない。。
場面がかなり限られた中で皆さん白熱の演技。
その中で仲代さんが自由に、寝てたり、どこまでもスタスタ歩いている絵が印象深く残る。
どんな話か、最初は気になって画面から目が離せなくなったが、後半に行くにつれ、ダレてきた。

黒木華の言いたい事もわかるが、くどい。

仲代達矢がボケてるのか、悟ってるのか曖昧になるシーン、一人芝居長台詞は、おぉってなった。

昨日のエンドレスポエトリーのホドロフスキーのようなどこか自伝的というか、自身が入ってるような。

黒木華の尻がとにかく素晴らしい。