インペリアル・ドリームの作品情報・感想・評価・動画配信

「インペリアル・ドリーム」に投稿された感想・評価

るぴ

るぴの感想・評価

3.7
息子のために二度と犯罪を犯さないように頑張るバンビの姿に涙・・・(´;ω;`)
chanmai

chanmaiの感想・評価

3.3
とりあえず、かっこよかった‼︎ゆるーく続くやつ!最後ちょっとわからなかった。
Aya

Ayaの感想・評価

3.7
#twcn

センス良すぎ。

OPで絶対この映画はアタリだ、と思ったら

まさに凄いアタリだった。

ナット・ウルフの新作を監督すると聞いて。
2014年のマルク・ヴィタル作品を。

刑務所帰りのボイエガくんがカリフォルニアでも9割の住人がアフリカ系というゲットーの街のPJに帰る姿。
流れる音楽とナレーションがもう、完璧!!

凄いセンス。
音楽はフライング・ロータス。
間違いない。
この映画、絶対面白い。

叔父のPJに戻ればドラッグで気絶した母親、そして幼い息子がほったらかし。家主のお叔父さんにはドラッグを運べと迫られ、断ると追い出される。

ボイエガくんには弟がおり、大学にスカラシップで入る予定で、いつも「見栄えがいい方がいい」という理由でスーツを着ている。
しかもこの弟がとても頭がいいというか誠実で。
あらゆる福祉や支援に頼り、なんとかお金を集めて大学資金を貯めている。

そして、なんとボイエガくんは刑務所にいる間、本を執筆していた。

だからナレーションが詩的だったのか!
作家になりたいが、金もなく、仮釈中だからまずは仕事を見つけないと。
しかしIDも住む場所もないボイエガくんに仕事を探す方法自体がない。

彼に選択肢はない。

息子と車で暮らしているが、ある日、ボイエガくんがまともな仕事を探すために、ラップトップを用意してくれたいとこが、ギャング構想に巻き込まれ、撃ち殺されてしまいう。
しかもその場に息子もいた。

凄いいいやつだったのに・・・。

このいとこの名前が「ギデオン」ていうんですけど、ジョーダンの「バカリ」もそうだし、なんか、背負わされすぎじゃないですか?

みんながみんなギャングで、すぐにいとこの復讐をしろ、と銃を差し出す叔父・・・ここを抜け出して、息子を連れて都会に行き本や詩を書きたい。

そう願うだけだが、仕事もなく、周りはギャングしかおらず・・・そんな中でも数々のおいしい話や、金の誘惑に負けず、なんとか可愛い受付嬢に色目をつかいながら、出版社への持ち込みに成功する。

しかもソーシャルワーカーが息子の生育環境について調査にきてしまう。
八方塞がりの中、ついつい息子や弟に当たってしまう。
ちなみに母親は刑務所。

ちなみに警察のやり方も相当やばい。
事件解決のためなら死んでもいいみたいなやり方やばすぎる。

ボイエガくんの良いところは同じ過ちを決して繰り返さず、自分の夢と家族を諦めないところ。
やりきれない時もなんとか折り合いをつける「賢い」青年であったこと。

ギャングの叔父とのいざこざ、いとこを殺した奴らへの報復、壊れたラップトップ。
そして、一番遅恐れていたことが彼に起きる・・・。

皮肉にもそれが彼の作家としての才に拍車をかけることになる。
ラストの2人の顔が忘れられない。

完璧だとは思わない。
だからこそ、今作を1作目としてスタートしたマルク・ヴィタルの今後が先が楽しみで仕方ない。


日本語字幕:板垣 七重
良くも悪くもネットフリックスオリジナルっぽいっていうか…。

ネタとしては大した事ないんだけど
つい観ちゃう的な。

日本じゃ出来ないなぁこんな感じは。
aj

ajの感想・評価

4.0
薬の売人で逮捕され、子どものためにまともに生きようとしても、仕事が見つからず、車中生活しかできない現状。
家族や街の環境で、犯罪を犯さないと生きていない状況でも、必死に拒み続ける。
子どものためにちゃんとした生活をしようと思っても、できない現状で、他人には理解されず、保健所に引き取られ、離れ離れになってしまう。
生まれ変わろうと思っても、変われない現状を見せられた。
絶望の中でも、自分なりの生き方を模索していく主人公に共感した。
でも、状況が変わらないまま、終わってしまうのは切なかった。
ろー

ろーの感想・評価

4.0
ボイエガ君目当てで見たのですが、暴力と犯罪に塗れた世界から抜け出そうと努力するも、所々でもって生まれた暴力性が顔を出す、でも子供のことを愛するパパなところも見える超セクシーなボイエガ君だったので大層満足でした。
バンビとウェインがかなり激しいケンカした後、屈託なくやりとりしてたのにめっちゃホッとしたし、叔父さんが犯罪稼業に染まれ!って脅迫してきたところも緊張した。
決定的なハッピーエンドではなかったから、主人公がちゃんと立ち直れたのかはわからないけど、希望は持てるラストだった。
gooooo

goooooの感想・評価

3.4
現在公開中のスターウォーズ スカイウォーカーの夜明けに主演しているジョン・ボイエガが主役のヒューマンドラマ映画になります。

ちょっと気になったので鑑賞^ ^

 ジョン・ボイエガ演じるバンビは刑務所から出所し、息子と一緒にまっとうな生活を送ろうとするものの、定職に就くには免許証がまず必要で、免許証を再発行するには刑務所に入っている母親に養育費を支払わなければならないわけで、もちろんそんなお金はない。そして養育費というのは母親が請求したわけではなく、行政側が代理に行っているものなので、もちろん本人は知らないという最悪のジレンマがあり、彼は息子のために息子を守りたいがために就職したいがこの現状で就職できるはずがない。
そんで、彼らはホームレスになるんですが、元々ギャングだった人が普通の暮らしをするという厳しさをこの映画を観て感じました。

この映画を観て最近、テレビ東京でアメリカに住むホームレスの暮らしを映しててなんとも複雑な気持ちになったことを思い出しました。

この映画はメッセージ性があり観て良かったです。

普通にオススメでインディペンデント系の作品ながら映像が凝ってるというか綺麗でした。
ジョン・ボイエガの演技が良く注目しながらご鑑賞を❗️

映画の内容🎬

罪を償い刑務所から出所した青年。
彼は作家を目指しながら、幼い息子と穏やかに暮らすつもりでいました。
ところが彼の住む町―犯罪と貧困に蝕まれ、歪んでしまったこの社会―では、そんなささやかな願いさえも、夢のまた夢で…。


今年290本目⁈
Chiarums

Chiarumsの感想・評価

4.3
美しく芯の強い作品。
若きシングルファーザーを演じるジョン・ボイエガの演技が光る。
彼がこの作品を演じた時は二十歳そこそこ。実際の彼の人生経験や年齢から見てもこの役柄というのはそんなに簡単なものではない筈。
彼の俳優としての実力の素晴らしさにも感銘を受けます。
これほどまでに純粋に息子を愛し、守りたいという途轍もなく大きく温かな父性に思わず涙でした。
しかも彼自身もまだまだ若くあどけなさの残る顔がなんとも言えない哀愁で...
息子デイトンを演じる子役君もまた素晴らしい才能の持ち主。
父親を見つめる眼差しに迫るものがあります。
父親違いの弟との関係性、兄弟愛も相まって...

ラストシーン、プールで見せた親子の笑顔。束の間のささやかな幸せとこの穏やかな時間がもっともっとこの親子の日常に降り注ぐことを願っています。
マサラ

マサラの感想・評価

4.0
圧倒的に不利で矛盾した不条理の中でそれでも闘い続ける姿に「父親とは」という姿を見た。喪失は人を強くするかもしれないけれど、愛はもっと人を強くするのかもしれない。
Fumi

Fumiの感想・評価

3.0
Jan 23rd
“South Central”のBobbyが叔父さん役!
私も歳とったなー、としみじみ思ったのでありました😂
>|