あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価 - 79ページ目

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

母親 どんだけ身勝手やねん!
エンディングは、そう来たかーー
悲しいハッピーエンド。
まるの

まるのの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

とても良かった。
人が不幸なのは、恋人にふられる事でも仕事が見つからない事でも親が離婚する事でもなく、人として扱われず無視されることなのかなあと思った。人は生きる為、愛される為に生まれてくる・それ以外に生まれる理由なんてないんだろうなと考えさせられた。映画の内容とは違うけれどそんな感想をもつ映画だった。

オープニングといい、育児シーン、そして主人公が成功してからの家といい、お洒落でセンスがひかる。スタントのシーンやパリピシーンなど見ているこちらもハラハラドキドキ、そして楽しい気持ちになれた。
スタントという仕事といい、母親からのメールといい、そしてサミュエルとグロリアの父娘の血といい、映画のそこかしこは嘘で固められているけれど、嘘から出た誠という言葉があるように、そこには誰からも否定されるべきでない真実の親子の絆が育まれていたように感じる。
ベルニーのキャラも愛らしく凄く良い名脇役だし、校長もなかなか可愛いらしかった。
クリスティンが裁判所で述べた供述も確かに嘘ではないんだろう。グロリアを忘れた事がないことは確かなんだろう。だけど、グロリアに会いにロンドンへきた時、今の恋人を連れてくるという思考回路が残念ながら理解できなかった。グロリアの気持ちを思うとそんな発想にはならないと思う。そこに彼女の未熟さが凝縮され、いかに彼女自身が周りの人に恵まれなかったのかと想像すると切ない気持ちになる。

もしグロリアが難病を抱えていなかったら…サミュエルはここまで最高の父親になれていたんだろうか…

このレビューはネタバレを含みます

体は大人・心は子供の父と真逆の娘、別れた母親。自分を傷つける苦しみを負いつつも娘への慈愛に満ちた嘘で守ろうとする不器用な父の姿が切なく愛おしい。なお輝くオマール・シーの太陽のような笑顔は、C・ポエジーの暗い陰をも包み込む。

本年公開された『メッセージ』と同様にサミュエルが娘を手離さなかったのも、もっと一緒にいたいという単純な理由以上に近い将来突然死する娘の運命を受け入れる痛苦を背負うためだと気づかされる。最後の最後まで彼はそのことを母に伝えなかった。

ただ、グロリアの死因がわからないのが気になった。事前に分かる小児の近い将来の突然死とはどんな症状なのだろうか。そこを必ずしも掘り下げる必要はないだろうけど、せめて情報だけは伝えて欲しかった。もし手術で治るものなら、サミュエルの知名度が役に立つだろうけど、そうしなかったのは手術ができないほど手遅れだったかそもそもできなかった、ということなのだろうか。

追記)「クリスティン最低」という感想が予想以上に多いけど、それはこの作品の片方しか見れていない(パンフレットにもその事が触れられている)。彼女は子供が欲しければ新たなパートナーとの間で育むこともできるし(これからそうするかもしれないが)、彼女自身【最高の父親】と認めているサミュエルからグロリアを引き離せば、サミュエルはもちろんグロリアからも恨まれても仕方がない。本当に自分勝手に生きたければ、「あの子なんか知らない」で済ますこともできたのだ。
そのことを把握した上で、裁判で語られる言葉の意味を捉えなおしてほしいと思う。
hamanoco

hamanocoの感想・評価

3.2
笑って泣ける、いい映画。
父性に目覚めました。

ストーリーは後半少し詰め込みすぎかな、という印象。
 基本的には楽しい映画でコメディ要素も強くて笑えるけど、ある展開に関してこういうのだったら最近は実話でありそうという弊害が。どうも実話ベースモノと比べると強度が違ってしまって感動はできなかった。そういう設定にしただけだよね?って思ってしまう。特に重要なポイントのアイデアが凡庸すぎて微妙な映画になってしまった。

 サミュエル、グロリア親子の楽しい生活シーンはずっとニコニコ観ていられる。ベニーもいいキャラだし、スタントマンという仕事も見せ場があるからいい。母親が最低な点以外はいいキャラばかりだ。とにかく母親が終始クソ女。メンヘラビ◯チ(※誇張なし)が3ヶ月で子供捨てといてどの面下げて戻ってこられるのか。しかもわざわざ新しい男連れてきてるし、自分本位すぎてグロリアの気持ちなんて一切お構いなし。自分が捨てたくせに一緒の時間がほしいとかアホか。人として信用できない奴に遺伝子だけで親権渡すのはおかしいだろう。屋上のシーン以降にグロリアの笑顔があるのはクリスティンがある決断をしたからだろうけど、その決断以外はホントに最低な母親だった。それに比べてサミュエルの変わり様は凄い。軽薄さは変わらないけど、娘のためという芯が出来るとこんなに違うのかと感じる。彼が最後まで秘密をベニー以外に明かさなかったのは正しいと思う。結末は分かっているんだから本当のことを話す必要はない。

 などなどいろいろ楽しめたものの、結末だけがファンタジーに感じてしまってグッと来なかった。伏線がなかった訳じゃないし、ミスリードも効いてたんだけどディテールを無視するために突飛なことしたように感じてしまって最後の最後でふわっとしてしまった。
あずみ

あずみの感想・評価

3.5
オマール・シーは素晴らしいアクター
女たらしのクズだけど、愛に溢れている(愛に飢えてる?)役をやらせたらピカイチすね
クレマンス・ポエジーがまたいい味だしてんすよ

「不器用だけど、愛情はたくさん注いだ」って台詞で涙腺が決壊

終わらせ方がちょいどうなの?って感じだった…
手垢が付きまくった古い見せ方だし。でもオマール・シーの笑顔はす・て・き
ごてふ

ごてふの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

新宿ピカデリーにて。先週末から公開のフランス映画には意外や若年層の婦女子が多く4割超えの客入り。突然現れ身に覚えのない赤ん坊を押しつけられたプレイボーイのお話。予告編ではコメディタッチの子育て奮闘記であるが・・・。邦家でもバンツマの≪狐のくれた赤ん坊≫なんぞありますね。そのあと≪Dear フランキー≫から≪クレイマー、クレイマー≫っぽくなるわけだが、その展開と着地点には賛否あろう。終盤、周囲は歔欷の声があちらこちらで上がる。個人的には無理に≪難病≫ものにする必要はなかったのではないかと思ふ。役者が良かっただけに泣かせるためだけの伏線とラストにやや興ざめしてしまった。残念。
Kanaria

Kanariaの感想・評価

4.0
笑いあり、涙あり!!!

母親には始終イライラしましたが😅予想外の展開に涙。
オマール・シーがますます好きになります✨
オマールシーの笑顔、コメディとても可愛いくて心温まる作品でしたが、ストーリー上仕方無いのですが母親の身勝手さに終始苛立ちました。
『クレイマー、クレイマー』を彷彿させる子育てドラマ。オマール・シー演じる主人公と娘のバディ感溢れるやり取りが最高。主人公だけ英語が話せない設定も面白い。お洒落なオープニングタイトルやスタントシーンも好き。