南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 24ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

K

Kの感想・評価

2.8
「そんな人いるの。そんな人どこにいるの。」ツチダの姿は見ていて苦しかった。
匠mi

匠miの感想・評価

3.5
分かりすぎて辛いというか、共感の値が大きすぎて逆にしんどいというか。
男が女の子に言う、他の人と幸せになれよと言う言葉にはどうして虫唾が走るのか。
でもその無責任な幸せを願う言葉を言ってしまう自分の自信の無さに共感してしまってるからこそだと思いながら見てました。
二択を与えられた際に形はどうあれ、二択共選ばなかったのは、強さであったと思う。
日常。
終わり方が実にいい。
エンディングがおわって、ポップアップメニューに戻った時の写真で泣かされるとは思わなかった。
グレーのパーカーが愛しくて、
お金とか時間ってくだらなくて大切だ。
ニャーとなく、やくしまるえつこの曲もせいちゃんが歌うシーンはかっこいい。
07

07の感想・評価

3.7
ありふれた日常の中で本当に大切なものってなんだろう、見えてるものだけが幸せじゃないよなぁ、でもそれは一度離れてみないと気づかない
まこと

まことの感想・評価

3.6
「ずっと一緒にいてくれる?」
古来より、付き合っちゃいけない彼氏の職業の3Bというのがありまして。
すなわち【バンドマン】【美容師】【バーテンダー】だ。

バンドマンに恋しちゃうとどうしてこうなるのだろう。
劇中の臼田ちゃん演じるツチダも依存が凄い。
いわゆる重い女ってやつだ。

重い女って思われないために、まことチェックを教えます。
↓のチェックから三つ以上当てはまる人は要注意!


・メール(LINE)が長文

・行動を把握したがる

・友達との飲み会を疑う

・毎日メール(LINE)したがる

・返信が遅いと怒る

・会うたびに「好き?」とか聞いちゃう



しかしオダギリジョーはかっこええなぁ…
そんなこと言ったって、これ以上どうすりゃいいんだよ。が詰まってて苦しかった…。
m

mの感想・評価

3.6
「私は、私は何を、何を」

「隣にいるのが当たり前になっても、それでも好きでいてくれる?」

感情がぐちゃぐちゃになっても生活はしなきゃいけなくて、時間は過ぎるし、ぐちゃぐちゃだった想いも、思ったよりも呆気なく元どおりになったりしてる、そんな感じです。
映画にすると魚喃キリコ独特の感情や切なさという表現が全く持って消されていた。
オダギリは、やっぱりかっこい、い。
彼氏に文句を言って謝らせてしまったタイミングで見た
なんで彼氏と私は付き合ってるんだろうかとか考えたりしたけど
この映画を見ながらまっとうな結論が出せた
登場人物の生活時間帯が丁度夜3時から見始めて、今起こってる事のように見えたのが良かった(?)
個人的なタイミングが合った映画
eiko

eikoの感想・評価

3.8
苦しくて、苦しくて、やっぱり苦しい。
臼田あさ美ちゃんが好きだからって観たけれど、まんまとツチダにもせいちゃんにも、登場人物たちみんなに感情移入してしまった。

もたれかかって、よりかかって、気づいたときには苦しくって。別れも苦しい。

なんでこうなっちゃったんだろう、って、まさにそう。こんなはずじゃなかったのに、が生きてるといっぱい転がってる。もっと器用に生きていけていけたらいいのにな、と思いつつ、それはやっぱりできない。