南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 24ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

ymras

ymrasの感想・評価

4.1
淡白な映画だが、人間らしさが詰まってる。
太賀好きという点を差し引いても高評価できるかと。

失ってから気づくもの。言われてるうちは出来ないこと。
人はなんて、天邪鬼で不細工な生き物なのだろう。
おもち

おもちの感想・評価

3.8
それぞれの一瞬一瞬の表情が良かった。やくえつの音楽も好き。原作以上に印象に残ったかもしれない。
オダギリジョーは寝起きのときのやりとり等、やむなく完全に格好良い。
navy

navyの感想・評価

2.8
気になる日本映画達〈アイツラ〉2017@新文芸坐 冨永昌敬監督・森直人さん(映画評論家)のトークショー
臼田あさ美、よくやった。とてもダメで愛おしい。

抑えた演技の本作と、ハイテンションの『ポンチョに夜明けの風はらませて』を観たら太賀を好きにならずにいられない。

オダジョーの軽薄さは痛快でさえある。

最後の楽屋のシーンは切ない。もう戻れないけど、あの時間は間違いじゃなかったという寂しさと嬉しさ。切ない。泣けた。人を想う気持ちは尊いということを思い出した。

相変わらず冨永監督の抑えた演出が効いている。間違ってもラストにヒロインが走ってカメラを並走させたりしない。リアルな時間だからこそのラストの切なさだ。
Ayacan

Ayacanの感想・評価

3.0
むちゃむちゃ可愛いのに、幸薄い役がほんとによく似合う臼田あさ美、よき。
バギオ、、、
成田三樹夫がキューピットとな。

この手の恋愛の話を見聞きすると「カーネーション」の糸ちゃんのセリフを思い出す。すでに成功しお金のある糸ちゃんは、好きだった周防さん(綾野剛)の為にお店を構える。浮かない顔の周防さんを見て「ああ、私はこの人の夢を叶えてあげたのではなく、奪ったんだな」と。
ツチダも、「〜してあげた。」という言い回しが多く、これ、してもらってる方は苦痛でしかない、、。糸ちゃんと周防さんもこの一件で疎遠になっていくしね。親とか恋人とか、期待してくれるのは結構だけど夢の他人任せは本当に勘弁。
おりん

おりんの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

オダギリジョーがかっこよくてずるくてでもこおいうひといるよねって
でもってこおいう人にハマる人もいるよねって 。
たいこで歌うの突然すぎてびびった。
お互い別れてうまく行くってこともあるよね
途中若干飽きる
hiyori

hiyoriの感想・評価

3.5
彼氏と暮らしていくために愛人から金もらったり、昔の恋人と関係を持ったり、本当に何をしているんだろうという衝動的感情が虚しくて悲しくてどうしようもない。だから最後の涙はかなり揺さぶるものがあったと思う。終わり方がよかった。うまくいくかどうかは分からない状況で結局はやっていかなきゃいけない。そのすべてを受け止めたい。
291

291の感想・評価

3.0
大賀さんって素敵な役者さんだなっと思った。話はダメな恋愛。女の子の揺れる思いや、流されるままに進む感じが、なんとなく、分かる分かるって思えて、監督の方がすごいなって思った。
ひ

ひの感想・評価

4.1
救われることはないんだけどいつかみんながみんな救われるといいなって思う。
太賀がギター1本で歌うシーン、声も姿もじんわり柔らかくてすごくよかった。