南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 24ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

サカナ

サカナの感想・評価

3.7

予想以上に良かった!
臼田あさ美の細さとオダギリジョーのイケメンっぷりが印象的でした。

「好き」という気持ちだけや、やりたい事だけやるというだけで成り立つほど現実って甘くないんだよなぁ。
喜びや苦しみを幾度も経験して乗り越えて、それでも人は生き続ける。
リアルで思わず共感せざるを得ない作品でした。

それにしてもツチダは少し人に依存しやすいな。ああいう人間にはなりたくならないようにシャキッとしないと。
17/11/14 テアトル梅田にて

Tシャツで 共感しあう

2人の 想い出が..

初々しくて、、切なくて。
acwmy

acwmyの感想・評価

3.7
昔の恋愛を思い出して
最後なぜか泣けた。
たろ

たろの感想・評価

3.6
臼田あさ美さんが、ステキ。
「エロ」くて。可愛いくて、キレイで。
原作の空気が見事に、映像化されてました。下北沢って感じですね。

おじさんには、ちょっと青臭く、でも憧れますねぇ。
Nacosan

Nacosanの感想・評価

3.7
なんともいえないけど、好きだけじゃ伝わらないんだな。私はこの恋愛観に共感できない部分は多かったけど、互いに尊重し合える関係性で付き合えるといいのかな。もやっと終わりました。
カップルが静かに腐っていくのを見せられた感じ。
どいつもこいつも面倒くさいのに、絶対に自分にもどこか身に覚えがあるようなぞくぞく感。
なんか観たことあるような気がしたのはあれだな、クリープハイプのオレンジのMVだな。

個人的にクズだけど嫌いになれないオダギリジョーの役がとても好きでした。
mikke333

mikke333の感想・評価

4.2
オレンジ色のバスタオルが登場するシーンが印象的。すごく切ないけど、なぜかほっとした。そこには何かが変わりそうな小さな希望があるのかもしれない。
現実味と生活感溢れる恋愛邦画
こんな人いるよな〜ってなって、共感出来るような出来ないような

ツチダのヘルシーなエロさが可愛くて、
せいいちの最後の歌声に癒されて、
ハギオのクズなのにこれモテるよな〜っていう格好良さに惚れる。

ゆったりとした時間の流れる空気感が心地良い映画でした◎
人はこうやって成長して行くのかな?って思った◎

とにかく、せいいちの最後の歌が良かった〜なんだあれ〜声が癒しだよ〜笑顔も可愛いかよ〜そりゃあツチダも泣くよ〜切ないよ〜
ずっとずっと公開を楽しみにしていた映画。
世界観が好きで楽しみにしていて、ストーリーは知らずに見た。ハッピーエンドやハッピーストーリーを期待していたので、途中の展開には驚いた。

が、人が成長するとは、こうゆうことかなと思った。
最後の涙にいろいろ詰まっていてそこでツチダは何かを乗り越えたと思う。
ga

gaの感想・評価

4.0
ツチダが嫌いだ。大嫌いだ。
こんな女は世の中から消え去ればいいとすら思うくらい嫌いだ

なのに終盤、気づいたらツチダと一緒に泣いていて自分でも何の涙なのかわからなかった
もしかしたら自意識をヌンチャクみたいにぶん回しているツチダに自分が似ているのかもしれないと思った

数年後見返して、自分が泣いた理由がなんだったのか知りたい