トワイライトQの作品情報・感想・評価

「トワイライトQ」に投稿された感想・評価

m

mの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます



「時の結び目」が好み。


「迷宮物件」どことなくじゃりン子チエを思い返すキャラデザ。

しかし冒頭飛行機が鯉に変化するシーンが一番作画良かったと思う。
またまた押井守監督。
短編が2つだった。頭をひねるような設定が面白い。異常にいちごパフェが食べたくなったのと、迷宮物件の構成かなり好み。
望月監督、押井守監督
キャリアは違えどどちらも高橋留美子作品のアニメ化を監督した共通点あり。
どちらもどちらの良さがある。
押井守の2本目はモロ寺山修司?
短編2本とも面白かった。
個人的には迷宮ファイルの方が好み。
実写静止画の連続はエヴァンゲリオンのアニメや旧劇でも使用されてるけど、どちらが押井さんと庵野さんのどちらが先なんだろう?
ILLminoru

ILLminoruの感想・評価

4.0
*『迷宮物件』のみの評価点数です。

望月智充監督の『時の結び目 REFLECTION』と押井守監督の『迷宮物件 FILE 538』の2編のアニメ短編作品。

特にクリス・マルケル『ラ・ジュテ』風の『迷宮物件』は、押井守監督作品の特徴を兼ね備えた、後の「パトレイバー劇場版」の原点だとも言える実験的作品では無いでしょうか。
そして、問題作『天使のたまご』以降仕事を干されてしまった押井守の心情を吐露している作品としても楽しめる傑作。

アニメ短編傑作。
めっちゃ良かった。

・「時の結び目 REFLECTION」
二・二六事件のくだりはちょっと未消化で唐突だったように思ったけどタイムトラベルを絡めた恋愛譚として古き良きロマンチックSFが爽やかに健康的に振り撒かれていて良かった。

・「迷宮物件 FILE 538」
独白形式のねじ式味のある饒舌な不条理劇。ドアの新聞受けに存在がねじ込まれるような虚無と実存。それを茶化して終わるメタな底意地の悪さ。暑苦しいしむさ苦しい。
目は虚ろ、その目に映るものもまた虚ろ。世界はがらんどう。人はもぬけのから。
豆

豆の感想・評価

4.0
令和2年度No.136
望月智充と押井守の短編アニメーション

迷宮物件が最高だった。
押井守のエッセンスが詰まった作品で、映像センスも抜群。
押井守の作品を観るときはこの作品から入るのがいいかもしれない。
Aix

Aixの感想・評価

3.8
攻殻機動隊で知られる押井守と、海が聞こえるで知られる望月智充が監督したSFオムニバス。トワイライトゾーンとウルトラQから影響を受けている作品。

押井守が監督した迷宮物件が面白過ぎる。この話だけなら☆3.9です。捻りの効いた構成と、知的な台詞回しが世界観と合っていました。映像もラジュテっぽくて良い。押井守にしては分かりやすい物語でハマる人も多いんじゃないかな。個人的にはビューティフルドリーマーに次いで好きな押井作品になりました。
1話目はまあ普通。それこそストーリーはラジュテ的な感じだけど、すぐに忘れる気がする。

尺も短いし、サクッと見れるのでかなりオススメ。ぜひ押井守が監督した迷宮物件FILE538を見てほしい。
ツェ

ツェの感想・評価

4.2
迷宮物件ほんとたまんないよね…
好きな作家が押井守に受けた影響は絶大と言っても良いと書いていて初めてこれみた時に1万回頷いた、どこかが似ている…気がする…
私時の結び目もとてもとても好きです
もっとこのシリーズやってくれればよかったのになあ本当に
「交わす言葉もかげろうのように揺れ」、いい暑さの表現。おしゃべりな映画だけど、それでも無口。
不思議なものをみた気分だ…2本目の方が口があんぐりとじわじわ開く感じ
>|

あなたにおすすめの記事