ライフ・イットセルフ 未来に続く物語の作品情報・感想・評価・動画配信

ライフ・イットセルフ 未来に続く物語2018年製作の映画)

Life Itself

上映日:2019年11月22日

製作国:

上映時間:117分

3.9

あらすじ

「ライフ・イットセルフ 未来に続く物語」に投稿された感想・評価

人を食ったような冒頭のシーンや、練りに練られた脚本で、かなりカロリー使う映画だった。「信頼できない語り手」という語句も、序盤からバンバン使われ、伏線としてどこで効いてくるのか、と身構えた。

しかし、終わってみれば、そんなにひねりにひねった話というより、鑑終わったあと、鑑賞者が自分の人生のかけがえのなさを再確認できるような、優しい仕上がりになっている。

前半と後半でこんなに性格の違う映画もなかなかない。
最初の興味はボブ ディランが楽曲使用を認めた事。大好きなアルバム 『Time Out Of Mind』への言及は嬉しかった。
キャストの皆さんはとても良いです。
特にライア コスタさんは素敵でした。
全5章からなるストーリーはある事故をキッカケに異なる2つの家族が世代や時間を越えて交差する群像劇で、ご都合主義的ではあるし、辛い話ですが素直に感動しました。

各章の描き方の熱量がバラバラな感じがした。
特に第1章の演出が少し浮いてて、あの人のナレーションとか登場をわざわざ入れる必要があるのかは疑問。“あえて”なんでしょうけど…。
Rina

Rinaの感想・評価

-

You had many upside down in your life many too many and you’ll have more.
This is life.
You’ll always find love.
観た。
ロドリゴ&ディランのストーリーに少し厚みが欲しかったけど、総じてシンプルでストレートな物語だった。
"悲劇は私たちを容易に飲み込む
時として人生に屈服することもある
でも立ち上がって物語を前へ進めれば
愛を見つけられるだろう"
amiri

amiriの感想・評価

3.9
この監督の脚本や映画好きだな。

第1章、2章の同カットでの見せ方とか物語の構成とかすごい面白いし、引き込まれる。
正直、サミュエルエルジャクソンから始まった時はどうなるかと思ったけど 笑
物語が進むにつれて、大胆な展開や、先が読みづらい方向転換を重ねて、どんどん引き込まれていく。

そして、ラストも個人的にはしっかり落ちてて好き。

サチオーネいい人。
akich

akichの感想・評価

-
'Life brings you to your knees. It brings you lower than you think you can go. But if you stand back up and move forward, if you go just a little farther, you will always find love.'
shikihan

shikihanの感想・評価

3.0
あーー、ここに着地するのかー。
風が吹けば桶屋が儲かる、的な巡り巡っていくつながり。
こっちのこれが大陸隔てこんなとこに影響するのか。二世代かけて幸せになるふた家族。
見えなかった部分が少しずつ見えて来るのが、小説のページをめくるような感じです。
ボブディラン聴かなきゃとなった
ラストボロボロ泣けたな〜
もっとちゃんと生きたいと思った
padd

paddの感想・評価

3.7
なんとなく手に取ったこういう映画で、人生に嫌気が差しているどこかの誰かが救われるといいな。ボブ・ディランを聴こう。
Otter

Otterの感想・評価

3.5
世代と場所を越えて、まるで小説を読んでいる気分になる映画だ。
アメリカだけではなくスペインまでも舞台なんだが、全編英語ではなくスペインではしっかりとスペイン語の台詞になっているのは好印象。
それにしても導入部のシーン、あのサミュエル・L・ジャクソンの下りは、一体なんだったのだろうか?
>|