素晴らしきかな、人生の作品情報・感想・評価

「素晴らしきかな、人生」に投稿された感想・評価

娘がなくなって落ち込んでるお父さんのお話。
オチがそんなわけあるか?って感じのかなり雰囲気映画だった気もしますがなかなか好きな映画でした。愛と死と時間をテーマにしてるらしく主人公とは別な3人も悩みがあって…みたいな話。
悪くなかったです。
トム

トムの感想・評価

3.5
うーん、何もかもが中途半端すぎです。
せっかくいい役者揃えて、いい設定ができてるんだから、もっときちんと作り込めば絶対良いものになっていたはず。
勿体ないです。
akrutm

akrutmの感想・評価

3.3
うーん、この映画の良さが全然わからなかった。愛、時間、死がキーワードになっているが、別にこれらに関して深く表現したり伝えたりしているわけではない。表層的に言葉が虚しく飛び交っているだけ。そもそもウィル・スミス演じるハワードの悲しみはよくわかるが、会社をほったらかしにしすぎであまりにも無責任。あらすじや感想にはよく、3人の同僚が彼を立ち直らせるために舞台俳優を送り込んだと説明されているが、それは間違いで、彼に正常な判断能力がないことを証明して会社経営から強制的に身を引かせるためで、暖かさも何もない。3人の舞台俳優に愛、時間、死を演じさせるというアイデアは面白いし、ヘレン・ミラーがいい味を出しているが、キーラ・ナイトレイとかはイマイチ。さらに同僚3人のサイド・ストーリーが挿入されることによって、映画全体がまとまりに欠け、散逸な印象を与えてしまっている。私には完全な失敗作にしか見えなかった。
pooyuzu

pooyuzuの感想・評価

3.9
ヒューマンドラマと言うのかハートウォーミング系と言うのかわからないけど、97分で短くヒューマンドラマが見たいなと思い取ってみた作品。前に見た、『最強のふたり』や『最高の人生の見つけ方』とは少し違うように思えた。愛、時間、死についてとても面白い構成になっていて、久しぶりに自分の好きな映画、オススメしたい映画に出会えてとても嬉しかった。
pluie

pluieの感想・評価

3.2
底に沈んだっきりでどうやったら浮上できるのかあれこれ考えていた時に手を伸ばした作品。

愛していた存在の人に突然の別れが来てしまったらどんなふうに受け止めればいいんだろう。

セラピストの真っ直ぐな言葉は本当にありがたいし、ろくに仕事も出来ない状態でも見放さず2年も会社の中や外で見守ってくれていた3人の友人たちの暖かさが沁みた。

ハワードが言った人に伝える時に大事な言葉。

愛・時間・死

この3つに対して出したハワードの手紙をヒントにたまたま出会った俳優にこの3つを演じて貰おうってアイデアが面白かった。

これはハワードを再生させる物語かと思っていたけどそれだけではなく、3つのワードを演じた俳優にそれぞれにサポートを付けたが、友人3人が抱えている悩みとぴったりあっていて、ハワードを助けていく事で自分たちの悩みとしっかり向き合えたのがよかった。

なかなか人に伝える事が出来ずに自分の中だけに留めておく事が多いけど、解決の道を行くには目を逸らさずに向き合う事だって大事だってことを改めて言われた気がする。

幸せのおまけを拾う一つの方法なんだ。

もう少し時間をかけて丁寧に描いていたらきっと号泣してただろうな。

自分の中にある確かな愛を見失わないように少しの時間を大切にせねば。

時間はあまりない。
kou

kouの感想・評価

-
愛、時間そして死
人生になければならないものだった。
ドミノと回想から心の歪みが見えてきて
納得するのには感動した
LUPIN

LUPINの感想・評価

4.3
愛、時間、死_。

20歳になる前に滑り込みで観た作品です。今後の人生、自分で決めていかなければならないし、今までになかったことをたくさん経験していくはず。

そんな時、これらを自分がどう扱っていくのか。考えさせられた。

、と同時に親子愛の深さについても突きつけられた。震えるように泣きました。観る前と観た後では何かが大きく変わります。

少し不思議に思う箇所もありましたが、そこも含めて作品かな、と。大きく見て、すごくテーマは抽象的ですが、役者陣の見事な演技と醸し出す現実的だが、あたたかな作風で伝わるものがあります。
号泣

ヒューマンドラマにはめずらしく?物語に仕掛けがいくつか
muu634muu

muu634muuの感想・評価

4.3
素晴らしい映画だった。死は怖いし辛い、時は待ってくれない、愛していても伝わらないこともある。ただ、人間にとって向き合わなければいけないことこそ、この3つの概念なのかもしれない。そのことを見つめ直す良いきっかけとなった。難しい内容だったと思うが90分ちょいでまとめて、尚且つ綺麗に伏線回収がなされていて素晴らしかった。監督、脚本、演者すべてがマッチした良い作品だった。
Haruko

Harukoの感想・評価

-
硬くなった心を解いてあげた後のなんとも言えない心地いい感じ。幸せな感じ。を感じた
>|