素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

Collateral Beauty

上映日:2017年02月25日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:97分
    監督
    デヴィッド・フランケル
    脚本
    アラン・ローブ
    キャスト
    ウィル・スミス
    エドワード・ノートン
    キーラ・ナイトレイ
    マイケル・ペーニャ
    ナオミ・ハリス
    ジェイコブ・ラティモア
    ケイト・ウィンスレット
    ヘレン・ミレン
    エンリケ・ムルシアーノ
    カイリー・ロジャーズ
    ナタリー・ゴールド
    あらすじ
    ニューヨークの広告代理店で成功を収めていたハワード(ウィル・スミス)。しかし彼は最愛の人を失い、深い喪失感に見舞われ、プライベートも仕事もやる気なし。会社も危ない。同僚たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)もそんなハワードと会社を心配していた。そんなある日、人生ドン底のハワードの前に3人の奇妙な舞台俳優(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン他)が突然現れた。不可思議な言動をハワードに投げかける年代も性別も異なる3人。しかし、その出会いによってハワードに徐々に変化が。

    「素晴らしきかな、人生」に投稿された感想・レビュー

    AiMaru
    AiMaruの感想・レビュー
    12時間
    3.5
    時間、死、愛。
    よかった。
    33ki
    33kiの感想・レビュー
    17時間
    3.1
    #記録
    Poniha
    Ponihaの感想・レビュー
    1日
    4.5
    自分もその先にある"小さな幸せ"を今見てます。ありがとう!
    ひろパパ
    ひろパパの感想・レビュー
    2日
    3.5
    バンコク〜羽田の機内で鑑賞。ウィル・スミスのヒューマンドラマ系ということで、以前観た『幸せのちから』と少しダブる感じがあった。娘を難病で亡くしたことで生きる意味を見失い、別人のように全てに対して無気力になった広告会社の創業者でやり手ビジネスマンのハワード。それを見かねた3人の同僚たちは、会社存続のために一計を案じて3人の役者を雇って一芝居打ち、彼が会社経営から身を引くように仕向けるが…。

    最初はあくまで会社のため、そして自分たちの生活のために仕組んだ計画だったが、それぞれ事情を抱えた仕掛け人3人の自身の人生にもそれが影響を与えていくところがこの作品の一つの見どころだと思うのだが、「死」「愛」「時間」という3つのキーワードと3人の話の符号がちょっとできすぎていて、若干わざとらしさを感じてしまった。でも、最愛の我が子を失った絶望から少しずつ現実を受け入れて前に進もうとしていくハワードと、3人の同僚がそれぞれ自分の人生に真正面から向き合おうとしていくところは共感できた。やはりこういう話は、同じ娘を持つ父親として無条件にグッと来てしまう。特にハワードがホイットに言った言葉「父親になるのに遠慮するな。父親になるのに娘の許可なんか得る必要ない」(記憶違いでなければ)は良かった。

    ちなみに同名の往年の名作とは全く別の作品なので注意を。タイトルは原題("Collateral Beauty")に忠実にした方が良かったんじゃないかな?
    kanako
    kanakoの感想・レビュー
    3日
    4.1
    最初設定がもやもやしていてなんだか分からなかったけど、最後はスッキリ繋がっていて面白かった。
    Collateral beautyってなんか素敵な言葉。
    tsspivet
    tsspivetの感想・レビュー
    3日
    3.9
    ワシントン着いたよー!
    Member
    Memberの感想・レビュー
    3日
    -
    4/19/2017 ANA inflight movie そういう関係だったのか。
    pecochan
    pecochanの感想・レビュー
    4日
    3.5
    泣けた
    indie
    indieの感想・レビュー
    4日
    4.5
    大どんでん返し

    「死」「時」「愛」に向き合いながらも諦めている人達にそっと輝きを灯す。
    人生にとって一番重要な事は「会話」であると言う事を暖かく描いている。
    ハートフル物でありながらも驚きの展開を持っているこの物語は隠れた作品であるのは勿体無いので是非無理してでも観て欲しい。
    >|