素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

Collateral Beauty

上映日:2017年02月25日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:97分
    監督
    デヴィッド・フランケル
    脚本
    アラン・ローブ
    キャスト
    ウィル・スミス
    エドワード・ノートン
    キーラ・ナイトレイ
    マイケル・ペーニャ
    ナオミ・ハリス
    ジェイコブ・ラティモア
    ケイト・ウィンスレット
    ヘレン・ミレン
    エンリケ・ムルシアーノ
    カイリー・ロジャーズ
    ナタリー・ゴールド
    あらすじ
    ニューヨークの広告代理店で成功を収めていたハワード(ウィル・スミス)。しかし彼は最愛の人を失い、深い喪失感に見舞われ、プライベートも仕事もやる気なし。会社も危ない。同僚たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)もそんなハワードと会社を心配していた。そんなある日、人生ドン底のハワードの前に3人の奇妙な舞台俳優(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン他)が突然現れた。不可思議な言動をハワードに投げかける年代も性別も異なる3人。しかし、その出会いによってハワードに徐々に変化が。

    「素晴らしきかな、人生」に投稿された感想・評価

    ひろ
    4.0
    豪華キャストと大人の寓話。愛と時間と死といったテーマが、親友それぞれの色になっていて見易くて楽しい( ̄∀ ̄)人生が恐れの中にあるもの、立ち向かえる武器は愛、愛こそが生きる理由。なんていい話。ウィルの喪失感ただよう演技は最高、ほかキャストもみんな生き生きとした良い演技。自分を見つめ直せる優しいファンタジー( ^ω^ )
    俳優さんが豪華過ぎて期待したぶんちょっとがっかり…
    ウィル・スミスの演技は圧巻。友情路線のストーリーを期待しちゃったけどそこは薄かった。
    ウィルスミス最高!
    なんかわけわかんないけど心にくる作品。かな
    豪華なキャスティングと練られた脚本。

    予想の範囲内におさまるけれど、見終わった後に普通にいい作品だったなと思える。

    「愛」「時間」「死」
    この3つのテーマにウィルスミス+それを取り巻く会社のメンバーがそれぞれ向き合っていくストーリー。

    役者の伏線はなるほどなと思えたけれど、夫婦の伏線はさすがに白々しすぎて強引さを感じた笑。
    見逃さないで その先にある幸せのおまけを

    そんな風に思える日が来るのかな
    「愛、時間、死」
    生を象徴するこれら抽象的なものを人間が演じる。
    ストーリーも俳優陣の演技も良かった。
    ひな
    3.8
    娘の名前をやっと言えたところに感動した(*^^*)
    ウィルスミスかっこいいなあ~
    『愛』を演じた女の人が、
    主人公に
    あなたの痛みにも愛は宿ってる
    愛こそ生きる理由だ、的なこと言ってるセリフ好き(*^^*)
    kaechiiii
    3.5
    クリスマス映画のジャンル分けされてるけど結構重め。形のないものを擬人化して映画の中の舞台役者が演じるっていうありそうでなかった設定が面白かった、そしてそのセリフがまた良い。
    見逃さないで、幸せのおまけを。
    まめ
    4.1
    悲しみの中にも愛は宿っている。

    見逃さないで、
    その先の幸せのおまけを。



    素晴らしいセリフの数々に感動しました。
    >|