春なれやの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

春なれや2016年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:20分

3.6

あらすじ

櫻の花が咲く季節、ひとりの老いた女性が警察に保護された。  身元不明のその女性には、どうしても行きたい場所があるという。 「ソメイヨシノは60年咲くことができない——?」 そんな噂の真偽を確かめるべく、既に廃校となったかつての学び舎へと向かう女性と、彼女を案内することになってしまった青年。 春の日に永遠とは何かを問う、ささやかなお話。

「春なれや」に投稿された感想・評価

もなか

もなかの感想・評価

3.1
なんとはなしに、心が温かくなる作品。

吉行和子さんのチャーミングさが光る。

吉行さんと村上さんの、
何気ない会話が心地よい。
老いたものと、
生きたがる若葉のような若者と、
咲き乱れる桜のコントラスト。

ゆっくり流れる時間の中で、
違う目線の高さではあるが、
確実に心は触れ合っていた。
醤油

醤油の感想・評価

3.5
外山文治短編作品集の3本目
永遠はないのに、みんな永遠を期待してしまうんだな
dita

ditaの感想・評価

3.0
@第七藝術劇場
永遠ということばを基本的に信用しておらず、日々の積み重ねが結果として永遠になるものだといつも思っているけど、純粋に信じてみるのも悪くないのかな。桜があまりにも美しく、吉行さんがあまりにも可愛らしい。エンドロールのCoccoもよかった。
シン

シンの感想・評価

4.2
第七藝術劇場にて観賞。

村上君本当に好きだなぁ…。って映画です。なんなんですかね。あの目は。死んでんのに生きてる。目だけで魅せてくれます。ぜひ!
イチオシ。
心が温かくなる珠玉の物語。セリフは少ないが沢山の言葉をかわすお婆ちゃんと青年の旅が本当に奇麗な映像で語られていました。
どことなく、ジブリ映画を彷彿とさせる感じ。
短編映画でこんなに感動できるなんて。
Coccoの主題歌が最高だった。
2017.10.14
『映画監督外山文治短編作品集』にて。

次の春もきっと咲く。そう思うことで、また生きられる気がする。
永遠なんてものはないはずだけど、信じることは出来る。
若者にとって、60年ってきっと想像出来ない時間だと思う(今の自分が全くそうであるように)。けれど、これからの将来があるから、信じることにつけては老人に負けないはず。また、分からないけれど飛び込んでゆくことの思い切りも良いと思う。
一方で、老人は色々なことを経験して、現実を知ってもいる。信じることに懐疑的になるかもしれない。だから、二人が出会って桜を観に行こうとすることには意味があった。
そんな若者と老人の対比が面白い。

生きることに前向きになれるような、春のように優しくあたたかい作品!
marimo

marimoの感想・評価

3.4
短編だが物語の中で変化する心情が丁寧に描かれていて、2人とも少し前向きになっていてほっこり。

同時上映の2作に比べるとセリフで説明し過ぎな印象を受けるも、優しい気持ちになれる良い作品でした。
nuruko

nurukoの感想・評価

3.0
「此の岸のこと」が抜群に良く、「わさび」も良かったけど、「春なれや」はそこまでハマれなかったかな。主演二人は可愛かったし、エンドロールのCoccoの歌が聴けたのは良かった。
パン

パンの感想・評価

-
虹郎いいなあ。
吉行さんはちゃーみんぐで、
外山監督は謙虚な方だった。
自然。
>|