春なれやの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「春なれや」に投稿された感想・評価

Meilu

Meiluの感想・評価

3.0
桜が本当に綺麗な作品。おばあさんが葛藤しながら、昔植えた桜を見に行く、短い映画。ほんの少しの時間なのに、少し心を惹きつけられる。
kojikoji

kojikojiの感想・評価

3.5
2016年 日本 監督外山文治
キャスト:吉行和子、村上虹郎

 ポエム。
 20分間の映像
 新しい映画の可能性があるかもしれない。

 60年前、好きだった人と植えた学校のさくら。施設に入っている主人公は今、そのさくらが咲いているか確かめたいと施設をぬけ出した。永遠などないとわかっている。自分の生きていた証を確かめたい。それは
 
 さくら

 「さくら」茨木のり子の詩を教えてもらった。
 
 死こそ常態
 生はいとしき蜃気楼と

 ソメイヨシノは60年すれば花を咲かせなくなる。

 「枯れてることを知るより
 咲いていると思っていた方が幸せかもしれない。」

 いや、確かめなければならない

#2022-185
ヌ

ヌの感想・評価

3.0
題材に春を据えるならめちゃくちゃ長編かこの位短編が合うなと思った 良作です
suama

suamaの感想・評価

3.3
優しさがじんわりと胸に染み入る
温かな老女と青年の交流と思い出の桜を通して希望を見出す
桜の花が咲く頃、一人の女性が警察に保護された。彼女にはどうしても行きたい場所があるという。女性はソメイヨシノは60年咲くことはできないという噂の真偽を確かめるべく、ひょんなことから出会った青年と、廃校になったかつての学び舎へ向かう。
60年前の約束
ハートウォーミングなショートムービーやった
村上虹郎の温度感
短編映画に合うようないい構想で落ち着いて鑑賞できる。桜の風景、日本人は毎年春には見るんだろうけどこうしてみても、いつ見てもいいものだ。こういうのは見入ってしまう。そういうのに比して、もう少し台詞減らしてもいいんじゃないのだろうか?視聴者に無理に理解させようとかあんまり考えなくてもいいような気がするのだが。
oo2k

oo2kの感想・評価

3.7
村上虹郎の温度感がすごくいい。美しい風景と出演者の調和がすごくいい。わさびの芳根京子といい、外山文治監督は、キャスティングがいい。ショートフィルムの尺での物語の成立性は、すごく器用な監督だと思った。僕はめちゃくちゃ好きだが、これを物足りないと思う人もいると思う。
てぃと

てぃとの感想・評価

4.3
21:00
2017/10/17にも鑑賞
吉行和子さんと村上虹郎さんの年の離れた2人のちょっとした ロードムービー。60年前の約束。植樹したソメイヨシノを見にいく。枯れているかもしれない。だったら見に行かずに 咲いているはずと思っていた方が幸せ。直前になり躊躇う。「自分が代わりに 見てきます」「咲いてなかったら?」「咲いていたって言います」
この短編は熊本の震災の数日前に撮影されたそうです。美しいソメイヨシノ、熊本の風景。そして 吉行さん、村上さんはじめ 出演者の皆さんの演技もとても 素晴らしいので 観にきて本当に良かったなと。吉行さんの学生時代を演じていた 石崎なつみさん。以前観た 山岸綾監督の「ぐちゃぐちゃ」とは随分と感じか違いビックリ!
そして 上映後に 監督に簡単に感想を述べてサインを(^_^)
60年前、学生時代に埋めた寿命が60年と言われているソメイヨシノが咲いているか見に行きたい老婆。

たまたま声を掛けた青年とかつての学び舎に赴く話。

村上虹郎の存在感。
ゆうな

ゆうなの感想・評価

3.7
短編映画なのにこんなにも想いが込められるなんて…💭
ソメイヨシノの寿命が60年ということが初知りでした!!
人間も植物も何でも生きていて寿命があることを改めて実感することが出来たなぁ😌 今までと今後の桜を見ることについての価値観が変わるだろうなぁ💭🌸
Takayuki

Takayukiの感想・評価

3.6
吉行和子さんのおばあちゃん感、村上虹郎さんの若者感。ソメイヨシノの話、過去へのアンサー。

逢いたい、を直接的ではなく間接的に表現した品のある作品。多少悲愴感のある雰囲気から、ひとつの約束を果たすことや過去へのひとつのアンサーを見つけたこはるさんの心情変化が観てとれた。

切ないが、相手役のいない心温まるラブストーリー。
>|

あなたにおすすめの記事