25時の作品情報・感想・評価

「25時」に投稿された感想・評価

Jack

Jackの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

エドワード・ノートン
バリー・ペッパー(グリーンマイル)
フィリップ・シーモア・ホフマン(M.I.3)

・基本的に暗い映画だが、人生の悲壮感などに静かに感動する。
・麻薬の売買の罪で刑務所に入る前の25時間を描いた。
・9.11を代表するテロ、麻薬、人種差別、階級社会などアメリカ社会の問題などテーマにした社会派の映画。
・恋人、友情、家族の信頼
・淡々と進む映画だが、尻上がりに引き込まれる。
・ラストは個人的にハッピーエンド。
ぽんた

ぽんたの感想・評価

3.5
淡々と進む話と結構暗めの画面が続いて目が少し疲れたけど、エドワード・ノートンの哀愁漂う演技はなんとも言えない良さ。モンティと犬の歩く姿がまた哀しくさせる……自業自得なんだけどさ。あと、鏡に向かってまくし立てるシーンが印象的。

そういえば、グリーンマイルの人だ!!となって嬉しかったな。バリーペッパー良かった。フランクの最初の印象は悪かったのに、後半になるにつれて良い奴感がすごい。

そして、ロザリオ・ドーソンがとても可愛い!ナチュレルって素敵な名前。

先生と生徒の話はどういう目的で組み込まれたのか意図を汲み取れなかったから、また観たいな。
fmofmojimo

fmofmojimoの感想・評価

4.0
麻薬密売人のモンティは、密告により逮捕され懲役七年の実刑を言い渡される。地獄の七年の前の25時間の話。
数少ない友人である高校教師のジェイコブと証券取引所のフランクとの送別会、瀕死のところを拾ったドイルとの散歩、父との食事、恋人ナチュレルとの生活。一見日常のようだが、ひしひしと伝わる恐怖感と絶望感。

たんたんとしているがそれがまたリアリティがあって、アメリカの刑務所の実情がほんとに恐ろしい。
完全にモンティが悪いのだけど、やりきれない。
最後のシーンがすごく好き。
きのこ

きのこの感想・評価

4.3
25時という映画について綴る。

本作では麻薬の密売で有罪判決を受け、7年間刑務所に服役することが決まっている男の最後の自由が描かれている。

25時間後には刑務所という状況で、したい事としなければならない事をこなしていく比較的静かな映画。

けれど不思議なことに飽きはしないし、心温まるシーンも多い。

善悪の判断というものはやはり難しい。

主人公はたしかに犯罪者だが、彼の優しさと人の良さが本作ではこれでもかと描かれている。

個人的にはかなり好きな映画。
i

iの感想・評価

4.0
やっぱりエドワード・ノートン格好よ。登場人物の多面性・奥行きみたいなものが繊細に散りばめられてる、よさ。

殺しもホットなシーンも見せずに。
というか、寸前で見せないように演出してるように思えましたが何より人間味や、不信感や不安感にそれを取り巻く友人や家族の感情にスポットライトを当てた作品。


シンプルにエドワードノートンがカッコいい…。

それに、寂しいクールな男は犬拾いがち。

スパイクリーっぽいエンディングにも高評価。(単純にツボ)
ゆき

ゆきの感想・評価

2.5
流石のエドワード・ノートン。

アンナ・パキンのすきっ歯が気になっちゃって…

このレビューはネタバレを含みます

後になって悔やむことを目の当たりにする。
嫌と言うほどに。

深いテーマだけど、覆ることのないリアルを見せ付けられる。
映画的な分岐がありそうで、それでも現実はそんな簡単ではないと考えさせられる。

個人的には微妙だったけど、興行収入的にもハズレではないことは間違いない。
演技力とか2001年の同時多発テロが絡むことも理由にあるのかもしれないけど。
silence

silenceの感想・評価

3.8
ストーリーの掘り下げ方が良かった。
後悔先に立たずとはいえそれだけじゃない何かに気づかされる作品。

主人公の心が再生し、希望を見出だすことができたと思いたい。
ただただ掘られたくないよ、という映画だったが何故か面白かった。主演がエドワード・ノートンだからかな?
演技は言わずもがな素晴らしいです。
>|