港を離れる小舟の作品情報・感想・評価

港を離れる小舟1895年製作の映画)

Barque sortant du port

製作国:

上映時間:1分

3.2

「港を離れる小舟」に投稿された感想・評価

ホン・サンスがオールタイムベストに選出したらしいリュミエールの作品

小舟が画面奥に去って行く様子とそれを見守る右側の婦人らという構図は絵画的で実に良い
どういう目論見で撮ったのか正しく知らないけど、わたしの目からすると永遠を感じてすごい好き
うの

うのの感想・評価

3.0
 たぷんたぽんと揺れる海を行く手漕ぎ船。右側にはそれを見送る夫人二人と子二人。
 この形のドレスやっぱり素敵なのと、水平っぽい子供服から時代が何と無く感じられてよき。

 船から体が結構上に出ているのと波の大きさで、落ちないかとそわそわ。結構揺れるものなんだな。ふわっとしそう。
 
印象派というよりは、むしろウィンスロー・ホーマー的な舟。波が強い。
TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

-
自分が申請したからMarkしておかないと(笑)
ただただタイトル通り小舟が港を離れていくわずか一分間の映像です。
自分がリュミエールならば間違いなく映すシチュエーションの一つでしょう。母なる海に人間が文明の道具でもある舟を用いて渡っていきます。普通であるが思えば神秘的なこのワンシーンを撮らずにはいられないでしょうね。
Mkitte

Mkitteの感想・評価

-
いやぁ〜これは傑作ですよね〜
やっぱりリュミエール天才ですよね〜
って嬉しそうに教授が言ってた。

ただ舟が荒波に揺れてるだけなんだけど。。。
良すぎる。

舟ってこんな漫画みたいに揺れるものなのか。
まさしくぷかぷかと浮かんだ舟。