ドリーの冒険の作品情報・感想・評価

ドリーの冒険1908年製作の映画)

THE ADVENTURES OF DOLLIE

製作国:

上映時間:12分

3.4

『ドリーの冒険』に投稿された感想・評価

樽が何度か岩にぶつかるのも怖い。ラストワンカットで樽から娘を救出してるけど、まさか本当に中に入ってた?
そこまで特筆すべきようなことはないが、解説を聞くと、すでにグリフィス的な特徴が出ていることはわかる
atsushi

atsushiの感想・評価

3.8

字幕も台詞もないが、確かに物語はある。なんで、ショットの連続を見ているだけなのに、そこに物語を感じ取れるのだろう。なんで、作り手と観客で、或いは観客同士でその物語を共有できるんだろう。

2024/…

>>続きを読む
画面手前から馬車が歩いていくカットの奥行きが良い。これはほぼクローズアップに準ずる驚きがあった。
人物には寄らないぶん、導線はかなり緻密に設計されている。
あと、水がしっかり美しく撮れているのが凄い
Sable

Sableの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

24年3本目
通算584本目

流されてる間の心理を描く技術はまだなかったのかな
Yuhi

Yuhiの感想・評価

-
ドリーを攫う人間がジプシーだという点で、『國民の創生』はつくるべくしてつくられたんだなと。
a

aの感想・評価

-

奥行きを使った画面。固定ショット。ほんの少しアクションを画面に収めるために動かされるのみ。

ドリーが攫い手によって樽に入れられ、「物」のように扱われることにとても居心地の悪さを覚えつつ、そのことを…

>>続きを読む
すえ

すえの感想・評価

-

記録

蓮實がベタ褒めするのも納得。この短篇はこの上なく単純で純粋、そして信じられないほど自然なのである。

映画の起源は諸説あるが、今日における「映画」はやはりグリフィスからなのだと確信。サイレン…

>>続きを読む
amin

aminの感想・評価

3.2
連れ去られて、閉じ込められて、載せられる。そこから馬車で移動して、転がり、川に落ちる。流れ流れて、元いたところに戻ってくる。樽が川を流れるのが良かった。これが始まりの一作なんだなぁとしみじみと思った。
okawara

okawaraの感想・評価

3.6

樽に閉じ込められることが、ポー小説的な生き埋めの恐怖を導くでもなく、あくまで運動にのみ基づく危機を演出している点、すなわち(少なくとも少女の)心理などいっさい介在しない点で、たしかにこれは純粋な映画…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事