悪と仮面のルールの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

悪と仮面のルール2017年製作の映画)

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

2.8

あらすじ

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと…

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが――。

「悪と仮面のルール」に投稿された感想・評価

いそ

いその感想・評価

3.4
この映画を見て、人生はまだこれからだと背中を押してもらいました。ラストの二人のシーンでは心が震えました。
邪として育てられたが恋する善だった男と水商売してるけどピュアな女。原作って本当にこんなに安っぽいですかね?と問いたかった。
きき

ききの感想・評価

3.0
われわれは邪の家系であり、代々絶対悪の人間をつくりあげている・・・と声高にいいながらも、映画に登場する邪として育てられたひとびとすべて絶対悪の育成に失敗した感がつよいので、そんなに代々絶対悪を育てているわりには育成マニュアル穴だらけじゃん・・・ということばかりが気になりました。
登場人物ほぼすべてがなぜか彼に必要以上にかまいたがる、玉木宏の愛されキャラぶりはすごかったです。
いお

いおの感想・評価

-
中村さんの小説がどんな映画になるのか、そういう興味で。
彼が守ろうとする彼女にそこまでの吸引力がなくて、玉木さんの勢いが空回りしたきがした。もう少し大人じゃないと無理だったかな、綺麗だけど。
yume

yumeの感想・評価

4.5
悲しい愛の物語。
最後は涙なしでは見られなかった。

途中少々グロいところがあったので4.5。
最後の新木優子の独白で少し寝た笑

いや、「邪の家系」ってなんやねん!!というツッコミ

オープニングがかっこよすぎたからそこだけ評価したい
Mah0

Mah0の感想・評価

1.6
ただ、ただ単調で全く入り込めない。
何一つ共感できず、ただ気持ち悪いです。
隣の人は寝てました。笑
もすり

もすりの感想・評価

1.0
・サスペンスかと思いきや恋愛もの
・原作をなぞるような脚本だったけど、その原作の大事なとこばっかり端折ってて残念
マイゴ

マイゴの感想・評価

2.6
前半の緊張感に比べて、後半はちょっとあっけなく感じた。
純愛映画なんだと思えば、納得。
ただただ大切な人に幸せでいて欲しいと願い、守る優しい男の話で、外国の恋愛映画を観ているような感じがした。もう少し悪の部分が見えてもよかったのでは?とも思うけど。玉木くんの品の良さが主人公の悪になりながらも優しく大切な人を守りたいに合ってた。

中村監督は数多くMV撮ってるからか音でも魅せてたように思う。
部屋や街並みは日本なのにどこか外国の雰囲気もあり、画のコントラストも好き。
>|