今夜、ロマンス劇場での作品情報・感想・評価 - 2ページ目

今夜、ロマンス劇場で2018年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.7

あらすじ

モノクロ映画のヒロインと現実世界に生きる青年。出会うはずのなかった2人が出会ったら…それはロマンティックで切ない恋のはじまり。映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で1人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪(綾瀬はるか)だった!モノクロの映画の世界からカラフルな現実の世界に飛び出した美雪は、色のついた世界を体験していく。…

モノクロ映画のヒロインと現実世界に生きる青年。出会うはずのなかった2人が出会ったら…それはロマンティックで切ない恋のはじまり。映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で1人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪(綾瀬はるか)だった!モノクロの映画の世界からカラフルな現実の世界に飛び出した美雪は、色のついた世界を体験していく。そして次第に惹かれあう2人。しかし、彼女にはある秘密があった……。 “逢いたい”気持ちが奇跡を起こす、ロマンティックで切ないラブストーリーが誕生。

「今夜、ロマンス劇場で」に投稿された感想・評価

kirito

kiritoの感想・評価

3.1
【モノクロ】

映画の中の人物に恋をする。
そしたら映画の中からその人物が飛び出してくる。
そのプロット自体はウディアレンの『カイロの紫のバラ』で既に描かれていた。
まあ、男女が逆だけど。

モノクロ映画のヒロインと現実世界の青年の淡く切ない恋物語。

今作で目を引いたのはモノクロの世界から飛び出してきたと言う設定で最初ヒロインがシロクロな点であった。
ところが、1日後からは服も肌も普通の人間と同じ色。
特に肌はファンデーションを塗ったのだろうが、流石に全部隠すのはおかしいだろうと。
それならば最後まで白黒の設定で走って欲しかった。
というのが正直な意見。

とはいえ、人の温もりに触れたら消えてしまうという設定が最初から最後まで効果的に活きていて、始まりのよくわからなかった意味が最後にわかるとその切なさと恋の姿に感激するようにできている。

この映画でしかできないことがちゃんと描かれていたので良かった。

2018.9.16
ami

amiの感想・評価

3.8
想像してたより全然よかった
感動した

触れ合えなくてもいいから一緒にいたい、そんな気持ちが素敵だなと思った
TAICHI

TAICHIの感想・評価

3.9
完全にノーマーク!
飛行機で暇だったから視聴。

5回は泣きました。ほんとに悲しすぎて、素晴らしい愛の形を見してくれました。
終始泣きすぎて目が腫れました。

ぜひ泣きたい人は見てほしい。
ユイ

ユイの感想・評価

5.0
とても好きな映画でした
ハッピーエンドで、
内容もとても分かりやすく面白かった

綾瀬はるかさんが来てるレトロな服も、時代に合わせた服装、背景も全部全部良くて見ていて飽きません
YusukeUeta

YusukeUetaの感想・評価

4.0
ラストはなかなか意表をついてきて、不覚にも感動した

それにしても劇中劇の白黒映画なんなん?誰が見るん?笑
牛乳

牛乳の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

愛する人を触れられないんだよ?!
触れると消えちゃう。

本当に愛してるから、それをずっと守り通した2人。ビックリした。
彼の最期に自ら彼に触れ、2人は永遠になる...😭
ずっと見たかったんだけどね。
色の使いが綺麗だったなぁ〜〜
サクマドロップ食べたくなる。
最後のシーンは思わず声が出てしまった。
ayako

ayakoの感想・評価

3.5
登場するファッションがかわいい。
予想より切ない展開でした。
良かった~😁

て、これテルマエの監督やん!笑
どーりで北村一輝がブッ飛んでる訳か…笑

綾瀬はるかってファンタジー?が似合うなぁ😂

今回もいい感じ✨
坂口健太郎も爽やかで良い感じ✨

舞台もひと昔前やから悪く言えばセット感エグいけど
あえてかな?
そこも良い😂


予想してた展開じゃなかった笑
こっちの展開の方が良いかも😁










最後タイタニック思い出した😂
あ、これ言うたアカンのかな?笑
Souma

Soumaの感想・評価

1.8
『下をむいていたら、現在(いま)しか見えないぜ』

ハンサムガイ(北村一輝)がピークでした。笑

健司(坂口健太郎)が現代でいうところの
二次元キャラやアイドルを俺の嫁って言ってるオタクそのもの。
リアルに存在する社長の娘(今井翼)に興味を示さず
触れられない白黒の映画の中の架空のキャラクターに恋してるわけで。
(演じた女優にではなく、映画のキャラと恋してるので)

オタクを純愛と思えるなら、純愛映画なのかもしれないけど
僕には重症なオタク映画にしか思えなかった。

あと、いろいろなシーンで馬鹿みたいに雨を多用するのほんとやめてほしい。
化粧で色つけてるんだから、雨降ったらダメだろ。
こんな演出で無駄に違和感を感じさせないでくれ。