妻への家路の作品情報・感想・評価

妻への家路2014年製作の映画)

Coming Home

上映日:2015年03月06日

製作国:

上映時間:110分

3.6

あらすじ

1977年、文化大革命が終結。20年ぶりに解放された陸焉識(ルー・イエンシー)は妻の馮婉玉(フォン・ワンイー)と再会するが、待ちすぎた妻は心労のあまり、夫の記憶だけを失っていた。焉識は他人として向かいの家に住み、娘の丹丹(タンタン)の助けを借りながら、妻に思い出してもらおうと奮闘する。 収容所で書き溜めた何百通もの妻への手紙をくる日も彼女に読み聞かせ、帰らぬ夫を駅に迎えにいく彼女に寄りそう。夫…

1977年、文化大革命が終結。20年ぶりに解放された陸焉識(ルー・イエンシー)は妻の馮婉玉(フォン・ワンイー)と再会するが、待ちすぎた妻は心労のあまり、夫の記憶だけを失っていた。焉識は他人として向かいの家に住み、娘の丹丹(タンタン)の助けを借りながら、妻に思い出してもらおうと奮闘する。 収容所で書き溜めた何百通もの妻への手紙をくる日も彼女に読み聞かせ、帰らぬ夫を駅に迎えにいく彼女に寄りそう。夫の隣で、ひたすら夫の帰りを待ち続ける婉玉。果たして、彼女の記憶が戻る日は来るのか──? 夫に扮するのは、イーモウが「中国最高の俳優」と誇る『HERO』のチェン・ダオミン。誰よりも互いを求めているのに、決して心を通い合わせることのできない二人が、やがて見つけたものとは──この世で最も切なく最も高貴な“愛”の物語。

「妻への家路」に投稿された感想・評価

こういう人情を深く描いた中国映画はすごく好き!!今は歴史の教科書の1ページでサクッと書かれている文化大革命だけど、一体どれほどの人々がこれに人生を狂わされたのかを知るためにも、こういう映画の果たす役割はすごく大きいと思う!
たまらないですね。妻はショックで夫が帰ってきたことが目の前にいるのにわかりません。優しいおっさんくらいにしか思えないのです。
文化大革命時代を描いた映画を観るのはこれが始めてかも。一説によれば1000万人以上の死者が出たという中国の国内紛争。そこから20年ぶりに解放された夫と、心労で夫の記憶を失った奥さんのやりとりを描いた作品だ。

夫婦は強く愛し合っているのに、奥さんは相手を夫だと気付かない。自分の帰りを待つ奥さんを、その隣で寄り添って支える夫の辛い日々。会話を少なめにして表情でのやりとりを軸にした演出が、その切なさを描き出す。

2人の間を取り持つ娘の存在も印象的だ。彼女がバレエを踊るシーンを含め、奏でられる音楽がとても情緒的で、「泣ける」のひと言では片付けられない、心の深い部分に響く作品に仕上がっている。
shurin

shurinの感想・評価

3.9
文革により20年ものあいだ離れ離れにされた妻と夫。ある日夫は危険を冒して脱走し妻のもとへ帰ってくるが、公安から脅されていた妻はドアの鍵をはずことはできなかった。その時の後悔や純粋な娘への憎しみといった心労が重なり、病気になってしまう。文革が終わり無事に家まで帰ってきた夫を待っていたのは、夫のことを忘れてしまった妻だった…。

文革について知りたいと思いこの映画を観たが、なんだか裏から見てしまったような気がする。何度自分のことを思い出させようと試みるも救われない結果に、こっちがやるせない気持ちになったが、ここまで微妙な心情を描写した映画として美しさを感じた。
センガ

センガの感想・評価

3.0
愛する妻が自分の事だけを憶えていない。愛する夫が自分の側にいるのに気付かない。それが自分のせいなのではないかと悩む娘。
決して誰のせいでもない。
強いて言えば『時代』のせいなのかもしれない。

同じチャン・イーモウ監督でも『初恋のきた道』の様な初々しい純愛物語とは真逆な哀しい純愛物語。
あい

あいの感想・評価

4.2
両親と見に行きました。
隣で号泣してるふたりを横目に
あたしは妻にも夫にも感情移入できず
娘のたんたんに感情移入してた。

だから、
娘と一緒に住んでという手紙のシーンが
心が揺れた。

初めのシーン、
夫が会いに来るところ、
ドアのノックと妻の涙だけなのに
緊迫してて凄かった。


役者さんの演技すごかった。
中国映画がこんなに
繊細でしみじみと
したものとは思ってなかった。
素晴らしかった。
ardant

ardantの感想・評価

2.5
文化大革命で、政治犯として逃亡中の父と彼を待つ妻との密会を、その娘が密告し父を公安に売る。娘はバレエでの主役を取るためだったが、主役は取れず、母はそのためか心因性の記憶喪失になる。
3年後、文化大革命が終了し、父は帰ってくる。しかし、母は自分の夫の顔を覚えていなかった。父はいろいろなことをして、妻の記憶を取り戻そうとするが…

私の大好きな『初恋のきた道』、『あの子を探して』のチャン・イーモウの2014年の作品。文化大革命を直接表現することができるようになったことに感慨深いものがあるが(『初恋のきた道』では間接的に表現されていた)、作品自体は感動のない平凡なものだった。

娘を演じたチャン・ホエウェンの初々しさだけが印象に残った作品だった。
sKuBo

sKuBoの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

こんなにも想いあってて近くに居ることの出来るようになったのに、切なすぎる結末
ラストの疲れ果てた二人の姿からこの先の奇跡は見えないけれど
でもお互いが想いあってる事実だけはある
チャンイーモウの人物をアップにする独特なカット、観てるとだんだん癖になる
「妻への家路」というタイトルがいい。
一番側にいるのに気づかず、何度も夫の名前の旗を持って迎えに行く妻の姿が泣けた。
国領町

国領町の感想・評価

5.0
中国の名匠チャン・イーモウ監督によるせつない夫婦のドラマ。文化大革命後の70年代の中国を舞台に、心労から夫の記憶だけを失った妻と、記憶が戻る事を願いつつも他人を装い彼女にそっと寄り添う夫の姿を描く。

チャン・イーモウ監督作品を観るのは4作目
いつか好みのストライクが来ると期待してたら
やっと来た。

高倉健が観た最後のイーモウ作品
「ついにイーモウは自分の一番よく知っている、一番得意な映画を撮ることができたね」
泣ける(´;ω;`)ウゥゥ
>|