妻への家路の作品情報・感想・評価

妻への家路2014年製作の映画)

Coming Home

上映日:2015年03月06日

製作国:

上映時間:110分

3.6

あらすじ

1977年、文化大革命が終結。20年ぶりに解放された陸焉識(ルー・イエンシー)は妻の馮婉玉(フォン・ワンイー)と再会するが、待ちすぎた妻は心労のあまり、夫の記憶だけを失っていた。焉識は他人として向かいの家に住み、娘の丹丹(タンタン)の助けを借りながら、妻に思い出してもらおうと奮闘する。 収容所で書き溜めた何百通もの妻への手紙をくる日も彼女に読み聞かせ、帰らぬ夫を駅に迎えにいく彼女に寄りそう。夫…

1977年、文化大革命が終結。20年ぶりに解放された陸焉識(ルー・イエンシー)は妻の馮婉玉(フォン・ワンイー)と再会するが、待ちすぎた妻は心労のあまり、夫の記憶だけを失っていた。焉識は他人として向かいの家に住み、娘の丹丹(タンタン)の助けを借りながら、妻に思い出してもらおうと奮闘する。 収容所で書き溜めた何百通もの妻への手紙をくる日も彼女に読み聞かせ、帰らぬ夫を駅に迎えにいく彼女に寄りそう。夫の隣で、ひたすら夫の帰りを待ち続ける婉玉。果たして、彼女の記憶が戻る日は来るのか──? 夫に扮するのは、イーモウが「中国最高の俳優」と誇る『HERO』のチェン・ダオミン。誰よりも互いを求めているのに、決して心を通い合わせることのできない二人が、やがて見つけたものとは──この世で最も切なく最も高貴な“愛”の物語。

「妻への家路」に投稿された感想・評価

ma

maの感想・評価

3.1
なんかあたしにはイマイチだった。
なんでかはわからない。
さくら

さくらの感想・評価

3.5
夫婦の愛、家族の愛が暖かく、かつ悲しく描かれた話だった。

妻は会うために、髪をといたり綺麗な洋服を着たり、夫も上等なコートを用意したり気づいてもらえるように努力したり他人のふりをしながらも嬉しそうに手伝ったりと、可愛らしい夫婦だった。

ただ最後は現実を見せられたようで、そうきたかー。と…。
置いてけぼり食らった。

そういう最後だから良かった点もあるかもしれないけど、あんなに互いを思い合っているんだから、少しは報われて欲しかった。
どうしようもない理不尽な権力に飲み込まれる中、妻は正気を失い、家族はバラバラに…そんな妻を淡々と支える夫の姿が悲しくも美しい。
rina6

rina6の感想・評価

4.2
登場する全ての人に、思いの方向は異なっているが共感できる。
なぜチャンイーモウ監督の作品は、こんなに私の琴線にふれるのだろう。愛が深い。
mokmi

mokmiの感想・評価

3.8
笑いながら泣いてしまう。ロマンチックで残酷。
コン・リーの凛とした上品な美しにさはため息が出る。

このレビューはネタバレを含みます

 文化大革命のせいで捕まってしまった夫を待ち続けた奥さんだけど、やっとこさ解放された旦那さんが戻ってきたら自分の顔を忘れてしまっていて他人のふりしながら奥さんのお世話をする旦那さんの話。

 主演のコン・リーさんとチェン・ダオミンさんのお芝居でグイグイ引っ張ってくれる映画で奥さんが精神的ダメージで旦那さんを忘れてしまって、毎月5日に駅から戻ってくるのをひたすら待つという忠犬ハチ公みたいにひたすら待っている。名前が書かれた看板を持って待っているのを旦那さん自ら持っていて一緒に待つ姿は感動的でした。その名前を持っている本人というのを指しているのにわからない奥さん。夫の顔を何とか思い出させようとするのがメインの悲しいお話でした。

 娘さんとかの関係がどうなったのとかとってつけたかのようなエピソードがあったりして、そこらへんは中途半端に描く必要あったのかな? と思ってしまったりもしますが

 手紙であったりピアノの音で旦那さんのことを思い出しそうになるけど、また離れていってしまう悲しさで出口の見えないまま終わるのもよかった映画でした
この映画は原作があって、映画はその一部らしいという話を聞いて全体像がすごく気になったし、この部分を切り取ったのがチャン・イーモウらしいのかなと思った。

活動的なシーンと、静かな沈んだシーンとのギャップが良かった。色の対比も。より世界観や場面の雰囲気が伝わってくる。

展開が最後まで読めなくて、まさか、最後までそーなのか。。しょぼん。。って感じ。

だからこそ、これをテーマに選んだ意味があったのかもしれない。
矢口

矢口の感想・評価

3.6
1977年の中国。文化大革命が終結し、20年ぶりに自由の身となったルー・イエンシー(チェン・ダオミン)。ところが自宅に戻ると、妻のフォン・ワンイー(コン・リー)は夫を長年待ち続けた疲れが原因で記憶障害となり、イエンシーを他人だと認識してしまう。イエンシーは向かいの家で生活を始め、収容所で書き続けてきたワンイーへの膨大な量の手紙を読み、駅に夫を迎えに行くワンイーにも付き添い……。
20年ぶりに解放された夫が、夫を待ちすぎて記憶障害となった妻に自分を思い出してもらおうと奮闘する様子を映す。
(yahoo!映画より)
ikaboshay

ikaboshayの感想・評価

3.4
お父さんの寛容さ、我慢強さに感服。妻のことも、娘のことも全てを飲み込んで、寄り添う姿に涙。
kururi

kururiの感想・評価

4.1
文化大革命で引き裂かれた家族。
ほんの50年前の出来事。

娘の笑顔と、娘に対する母の笑顔が取り戻せたのがせめてもの救い。
身体は帰れたのに、、、
受け止めてくれる人がいない心、、、涙
>|