妻への家路の作品情報・感想・評価

妻への家路2014年製作の映画)

Coming Home

上映日:2015年03月06日

製作国:

上映時間:110分

3.6

あらすじ

1977年、文化大革命が終結。20年ぶりに解放された陸焉識(ルー・イエンシー)は妻の馮婉玉(フォン・ワンイー)と再会するが、待ちすぎた妻は心労のあまり、夫の記憶だけを失っていた。焉識は他人として向かいの家に住み、娘の丹丹(タンタン)の助けを借りながら、妻に思い出してもらおうと奮闘する。 収容所で書き溜めた何百通もの妻への手紙をくる日も彼女に読み聞かせ、帰らぬ夫を駅に迎えにいく彼女に寄りそう。夫…

1977年、文化大革命が終結。20年ぶりに解放された陸焉識(ルー・イエンシー)は妻の馮婉玉(フォン・ワンイー)と再会するが、待ちすぎた妻は心労のあまり、夫の記憶だけを失っていた。焉識は他人として向かいの家に住み、娘の丹丹(タンタン)の助けを借りながら、妻に思い出してもらおうと奮闘する。 収容所で書き溜めた何百通もの妻への手紙をくる日も彼女に読み聞かせ、帰らぬ夫を駅に迎えにいく彼女に寄りそう。夫の隣で、ひたすら夫の帰りを待ち続ける婉玉。果たして、彼女の記憶が戻る日は来るのか──? 夫に扮するのは、イーモウが「中国最高の俳優」と誇る『HERO』のチェン・ダオミン。誰よりも互いを求めているのに、決して心を通い合わせることのできない二人が、やがて見つけたものとは──この世で最も切なく最も高貴な“愛”の物語。

「妻への家路」に投稿された感想・評価

Tyga

Tygaの感想・評価

3.9
文化大革命による右派の弾圧によってはなればなれになった家族のお話。

文化大革命の描写は抑え気味(にしなければならなかった)。
これによって焦点がひとつの家族にしっかりと当たり、ブレない。
その一方で、抑え気味になっているからといって、その弾圧の描写がないがしろにされているわけではなく、むしろ終盤などには文化大革命が終わった後も、権力や階級などの闘争は終わっていないことすら指し示す。

一度壊れてしまったものの再修復など不可能である、といわんばかりのラスト。
ただ、それでも待ち続ける2人は奇跡を信じることをやめてはいないだろう。

この人の人物のフレーミング、なぜだかわからんが好き。
すごい魅力的なウエストショット(?)を撮る。
Yumi

Yumiの感想・評価

4.0
最後まで切ない。自分の名前のプラカードを持つ夫の姿が切ない。

このレビューはネタバレを含みます

切なすぎる夫婦の純愛。
20年ぶりに帰ってきた旦那と旦那の事だけ思い出せない妻。ラストには思い出すのかと思いきや、何年経っても5日に帰ってくると信じ旦那さんを駅で待ち続ける妻とそれを横で見守る旦那。すれ違って入るけど心は繋がってるという事なのだろうけど切なすぎる。
アクション映画か新人女優を発掘したドラマ映画が続いていた印象のあるチャン・イーモウ監督が久々にコン・リーを起用したあたり意欲を感じた。

先日鑑賞した「サンザシの樹の下で」が必ずしも文化大革命期を舞台にする必然性があったのか、個人的には疑問に感じたんだけど、本作はそうでなくてはならないと思わせる厳しい前半部。

でも、その最初の30分が一番面白かったかなぁという感じ。本筋に入ってからは夫目線で見ると切ないけれど、前半部の厳しさは無くなってしまった感がある。
2015/3/11
 文化大革命で下放されたされた夫は、家族に会いたい一心で農村から脱走する。
妻は危険も顧みず夫と会うことを決意し、娘は自分のために父の居場所を密告する。
その密告により夫が捕まった衝撃で、妻は心を病み、記憶を失う。けれども娘を許せない気持ちだけは、記憶が薄れることはなく、娘はそのことで深く傷ついている。
 数年後文革も終わるが、妻は夫の顔を忘れていて、夫が帰ってきたことがわからず、帰らぬ夫を思い駅へと迎えに立つ日々を繰り返している。
夫は、妻が少しでも思い出してくれ、また娘を許す穏やかな生活がくるように、他人のふりをして「夫」からの手紙を読んだり、「夫」が得意だったピアノを弾いたりして寄り添い続ける。
 チャン・イーモウならではの、心の動きが手に取ってわかるような繊細な演出が涙を誘う良い映画だと思うが、「初恋の来た道」「サンザシの樹の下で」ほどは感動しなかった。
「夫婦愛」がクローズアップされているけど、要は文化大革命の悲劇の映画だと思う。
171128
最近のチャンイーモウ作品が駄作ばかりなので、まともに見えた。
有名監督になってセレブになり、映画の神様から見放されたチャンイーモウ。
この映画もまた、平凡な内容と演出。
いいのは撮影と、コンリーと娘だ。
チャンイーモウは、コンリーと出会えて人生得したとつくづく思う。
彼女も初期のチャンイーモウと出会えてよかったが、もう離れた方が良い。
べた。
何のひねりもない。
泣く。
切ない。
報われなくても想いはある。
想いは愛。
よしみ

よしみの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

前から気になってた作品

悲しすぎる
でもそばにいられる

自分の帰りを
妻と一緒に待つ滑稽さ

同時に、そのたびに
妻の愛の深さが重なっていく

ピアノや手紙がうまく使われて

単純に簡単に
終わらせてないとこが
この映画の深いところなのだろう
さくら

さくらの感想・評価

3.5
夫婦の愛、家族の愛が暖かく、かつ悲しく描かれた話だった。

妻は会うために、髪をといたり綺麗な洋服を着たり、夫も上等なコートを用意したり気づいてもらえるように努力したり他人のふりをしながらも嬉しそうに手伝ったりと、可愛らしい夫婦だった。

ただ最後は現実を見せられたようで、そうきたかー。と…。
置いてけぼり食らった。

そういう最後だから良かった点もあるかもしれないけど、あんなに互いを思い合っているんだから、少しは報われて欲しかった。
どうしようもない理不尽な権力に飲み込まれる中、妻は正気を失い、家族はバラバラに…そんな妻を淡々と支える夫の姿が悲しくも美しい。
>|