MR.LONG/ミスター・ロンの作品情報・感想・評価

「MR.LONG/ミスター・ロン」に投稿された感想・評価

Kaz66

Kaz66の感想・評価

3.5
全然意識せずに何かのトレーラーで見てて、DVD化されたので観てみたら、この映画って EXILE HIRO さんの LDH pictures の1レーベル HIGH BROW CINEMA の作品だったんですね。まぁ、青柳翔さんがそこそこの役で出てますが、主演は台湾のチャン・チェン(レッドクリフ)だしヒロインも(重要な役の)その子供役も台湾の役者さん、それに絡む日本の役者さんは見たことない人ばかりだったので、LDH系だとは全く思いませんでした。
こんな事を言うと『偏見』になりますが、LDHのイメージとは全く違う、実際ベルリン国際映画祭に出品されるような、アーティスティックな台湾ノワール映画でした。プロデューサーにオフィス北野の人がいたり、スチール撮ってるのがレスリー・キーだったり。“国際的に通用する邦画を作るぜ!”って感じですかね。
ま、でも普通でした。(普通に面白い)
それにしても、最近のLDHは“まさに”っていう映画以外にも沢山意欲作を作ってます。
最近のモノでは「Vision」「ハナレイ・ベイ」「オズランド」なんかがそうで、勢力拡大が末恐ろしいです。
ツッコミどころはかなりありますが、それを気にしないなら楽しめるし感動します。
私は現実主義派(ナニソレですが)なので、最初の方は「んなバカな❗」な展開に萎えつつありましたが、そのうち気にならなくなり、SABU監督特有の人情味あふれる空気感にまんまとはまるわけです。
この監督はネコ系のキレイな女性が好みなのかな~。今回のヒロインの台湾の女優もとてもキレイな人だった❗

あぁ、ポストマンブルースがまた観たくなった。。。
憂羊

憂羊の感想・評価

-
感想としては、「面白かった」なんだケド、その展開には無理あるだろってシーン多いし、アクションシーンもいまいち。姚以緹さんは今作で初めて知ったケド、雰囲気とか含めてすごく綺麗な人。他の役も観てみたい。あと、台湾飯食べたくなった。
YukiDan

YukiDanの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます


・無骨からのスロー
・お母さんがなくなる必要性
・たった数日間の話


髪型はいただけない。
yusway

yuswayの感想・評価

4.0
原作、脚本ありの作品と監督が自ら脚本を書き下ろした作品とこうも違うものかと嬉しくなった。
たぶんSABU監督の撮りたいストーリーとか絵が先に溢れきて細かい現実社会的な辻褄とか台詞とかは後から追っかけた感じ。他人の脚本に気を使うとかないから、展開も早いし何より迫力がある。本当は全ての映画監督はこんな風に自由に作品を撮りたいに違いない。展開の辻褄とは反対に絵そのものに物凄いリアリティがあって怖いくらい。そして、チャン.チェンの周りに集まるあったかいお節介な街の人々が最高にいい。どっかの劇団のベテランの役者さんかなと想像しちゃうくらい息があってる。そしてそして、イレブン・ヤオの演技が素晴らしかった。恋に華やぐ可愛い娘からどん底に堕ちるヤク中女、そして息子を慈しむ母へと流れる様に美しかった。青柳さんとのあの最中の脚が綺麗!取り憑かれた様にヤクを買いに走る姿が絶品!息子もたまらなく切ない可愛さ。もちろん青柳翔さんはハマリ役!ええ味出してました。たぶんもっとコミカルになれたのに少し抑え気味かも。そこをSABU監督に見抜かれて次回作の「jam」に繋がるのかな。長々と書きましたが、一言で言うと「MR.LONG/ミスターロン」は主演チャン・チェンがめちゃくちゃかっこええと言う事です。監督が彼に惚れて彼の為に撮ったに違いない。よく考えたらタイトルがそのものじゃないですか。ロンが、余りにもかっこよすぎてチャン・チェンの他の作品を見たくない程です。
「MR.LONG/ミスターロン」は今の日本を浮き彫りにした社会的な映画でもあり、任侠映画でもあり、人情映画でもあり、つまり…最高でした(語彙不足)
3

3の感想・評価

3.3
多分だけど私この監督めちゃめちゃ好き
荒唐無稽な話の上に成り立ってしまった荒唐無稽な画面好きすぎる
ハルカ

ハルカの感想・評価

4.0
突っ込みどころがある設定な気もしたけど、全体的に好きだった。
薬や暴力の中に切なくなるほどの純愛もあって最後は心が締め付けられる映画。
ただ少年の母親にもう少し救いがあったら良かったのにと思った。
trakcuf

trakcufの感想・評価

3.0
台湾のシュッとしたピエール瀧ことチャンチェンがすったもんだで子連れ屋台を始める話
ひろ

ひろの感想・評価

4.2
こんなに刺さる映画だったとは、、、台詞のないシーンから目が話せない、2人の辿ってきた過酷すぎる運命、陽だまりのようなひと時、殺し屋の人生の痛みと優しさを描いた良作!
malu

maluの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

一見面白そうなストーリーなんだけど、、
田舎町の人々との喜劇的なやりとりは少し面白かったんだけど、ストーリーの展開が唐突すぎて突っ込みたくなるところが多かった。
最後のあれは偶然?てかあっさりとまた同じ仕事してますね。

あと、アクションシーンが上手くないなと。アクションの見せ方にしても、テンポも悪いしぎこちない。
とにかくアクションにしてもドラマにしてもなんか中途半端で、、はい、個人的にはイマイチでした!
>|