決闘の大地で ウォリアーズ・ウェイの作品情報・感想・評価

「決闘の大地で ウォリアーズ・ウェイ」に投稿された感想・評価

naokit

naokitの感想・評価

2.4
映画観ながら頭の中でずっと、「あなたの事が好きだから!」って、あのCMのセリフがぐるぐる回ってたのです。
Yukie

Yukieの感想・評価

2.3
安っぽ〜い。
ヒロインの妙に肩に力が入りすぎた演技も、中学生英語も。
時に子連れ狼、時にマグニフィセントセブン、時にジャッキー映画…の中のジェフリー・ラッシュw
ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.0
最初は子連れ狼みたいだと思ったが、最後はシェーンみたいだった。スピード感もワイヤーアクションも面白かった。

このレビューはネタバレを含みます

 独特のスローを使った剣撃シーンに始まり、その男が赤ちゃんを連れて歩くといいう「子連れ狼」のような主人公。クライマックスの悪党軍団を迎え撃つ弱い街の住人たちが待ち伏せして戦うアクションシーンも迫力あってかっこよく、更にそこに加わる忍者軍団と3つ巴の戦いになるところなんか熱いです。ガトリングガンに挑む忍者たちという構図は見たことないので燃えました。

 アクションシーンが熱い一方、お話のほうは忍者軍団から逃げてきた主人公が流れ着いた街での生活を送る序盤。そこの生活でのやりとりがコメディタッチで結構退屈。のんびりとした音楽も更に拍車をかけます。そして、ヒロインには悲しい過去があり、更にジェフリー・ラッシュさん演じる酔っ払いにも悲しい過去がありとみんなの過去を見せられても困ってしまいます。確かにその傷を乗り越える話でもあるんですが、基本はその住人たちの話にチャン・ドンゴンさんが無口にリアクションするだけで主人公の葛藤が少ないのが傷でした。主人公は、剣を使うと忍者軍団に居場所がわかるというよくわからない理論で剣を使わないという。
 そして、中盤のミッドポイントで住民を守るために剣を抜きますが。すると本当に忍者軍団が「いた!」と遠くから見っけるという。
 クライマックスの忍者軍団の親玉との戦いでも回想が合間に入るため、流れが切れてしまってもったいなかったです。
 
 アクションシーンは面白く見れただけに、主人公にもう少し魅力があったら面白い映画だったと思いました。
ドンゴンはアジア最高の男前なのではないだろうか、という個人的命題のためにネット鑑賞。答えは未だ出ず。
ジェフリー・ラッシュの無駄遣い的な役割がまたたまらない。
yoruichi

yoruichiの感想・評価

2.8
赤ちゃんが可愛くて それを観たさにラストまでたどり着けた。たまに 観てる方が恥ずかしくなる感あり笑。冒頭 ストッキング被って引っ張ったような仮面を付けた忍者的な族がツボにはまる。いろんな要素が混ざっていて モヤっとした。
ayumi

ayumiの感想・評価

3.2
チャンドンゴン、どうやら縁がないみたいでたぶん「PROMISE」しか見てないと思う

Amazonで見かけたのでぜひお近づきに、と見ることに

西部劇のスタイルをとりながらほぼスタジオセットでの撮影…CG、SFXのシーンがほとんどなので好みの分かれるところ

ソードアクションとガンアクションですっきり爽快

機銃掃射シーンがなかなか

ヒロインの子、見たような気がするなーと思ったら何度も見てる「ブルークラッシュ」のケイトボスワース…あらま

8年後の作品だからしょうがないけど全然気がつかなかった…

今日の英語

slow as molasses in January
nait

naitの感想・評価

3.5
またNetflixで見つけました。

簡単に言えば、ウエスタンソードアクション。チャン・ドンゴンが世界最強の剣士。敵を倒し最強になったが、組織を裏切って敵の赤ちゃんを連れ、アメリカ(だよね?)に逃げ延びる。逃げ延びた街で普通の暮らしをするようになるが…。

比較的王道なストーリー。とても見やすい。キャストもカッコいいチャン・ドンゴンを始め、ケイト・ボスワースにジェフリー・ラッシュ、悪役にストライカー大佐ことダニー・ヒューストンと香港からは「男たちの挽歌」ティ・ロンまで来るかなりツボなキャスト。

世界最強の剣士だけあってスーパー超絶アクションのオンパレードなのだが、これがいただけない。
カッコいい画があるんだけど、それ以外のところが、合成甘かったりと極端な差があり、どーにも冷めるのがホントにもったいない。

設定関係やダニー・ヒューストン演じるクサレならず者のドンとかすごくイイだけに。
エンドクレジットが7分もあるのは、VFXに頼り過ぎなんだよな…。

個人的にはソードアクション好きは観ておくべきかと。
最初の説明パート(東から西への移動)が本編で、それ以降は蛇足に感じました。
殺陣の演出がとても素晴らしく、チャン・ドンゴンと敵のキャラデザインがとても良かったです。
そして、赤ちゃん可愛い。
bbk

bbkの感想・評価

3.5
映像センスや殺陣の表現など、こだわりと美意識の高さか見える世界観が良かった。
桐谷監督の映画が好きな人ならいいかも。
似たようなヤツで日本製のイーストミーツウエストとか、スキヤキウエスタンジャンゴとかあったけど、残念ながら比べ物にならないクオリティです。
結構頑張って作ったのに露出が少ないせいか、huluで見るまで知らなかったよ。
なかなかの佳作。
>|