ブルージャスミンの作品情報・感想・評価

ブルージャスミン2013年製作の映画)

Blue Jasmine

上映日:2014年05月10日

製作国:

上映時間:98分

3.5

あらすじ

サンフランシスコの空港に美しくエレガントな女性が降り立った。彼女は、かつてニューヨーク・セレブリティ界の花と謳われたジャスミン(ケイト・ブランシェット)。しかし、今や裕福でハンサムな実業家のハル(アレック・ボールドウィン)との結婚生活も資産もすべて失い、自尊心だけがその身を保たせていた。 庶民的なシングルマザーである妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)の質素なアパートに身を寄せたジャスミンは、華…

サンフランシスコの空港に美しくエレガントな女性が降り立った。彼女は、かつてニューヨーク・セレブリティ界の花と謳われたジャスミン(ケイト・ブランシェット)。しかし、今や裕福でハンサムな実業家のハル(アレック・ボールドウィン)との結婚生活も資産もすべて失い、自尊心だけがその身を保たせていた。 庶民的なシングルマザーである妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)の質素なアパートに身を寄せたジャスミンは、華やかな表舞台への返り咲きを図るものの、過去の栄華を忘れられず、不慣れな仕事と勉強に疲れ果て、精神のバランスを崩してしまう。 やがて何もかもに行き詰まった時、理想的なエリート外交官の独身男性ドワイト(ピーター・サースガード)とめぐり会ったジャスミンは、彼こそが再び上流階級にすくい上げてくれる存在だと思い込む。 名曲「ブルームーン」のメロディに乗せて描かれる、あまりにも残酷で切ない、ジャスミンの運命とは。

「ブルージャスミン」に投稿された感想・評価

やぎま

やぎまの感想・評価

4.0
鑑賞記録。

個人的には好きな映画。
ケイトブランシェットの演技が素晴らしい。
FukiIkeda

FukiIkedaの感想・評価

3.6
イタイ、ツライ、ミテラレナイ…
こんなにもブルームーンが切なく聴こえるとは…トホホ
ウディアレンの映画の中では好きな方。
あぁ😩やっぱりウディ・アレン苦手だわ〜😩

でもケイト・ブランシェットとサリー・ホーキンスの演技は最高でした👍✨

特にケイト・ブランシェット❗️セレブから無一文へ。精神を病み 過呼吸になり 独り言を止められない。息子にも見放され それでも過去の栄光を捨てられない😢なんか痛々しくて見てられないくらいの演技でした。
ケイト・ブランシェット姐さん!
この人出演作品数多いし、容姿はずーっと変わらんし、なんかスゴイな…
ウッディ・アレン監督のブラックコメディ。笑えるんだけど、幸せってなんだろな〜とか、主人公みたいな一面って誰しもあるかも〜とか、唸ってまうわ。
てかそこで終わるの?どうすんの〜?
tak

takの感想・評価

4.0
 セレブな生活を満喫していた主人公ジャスミン。夫がヤバい仕事に手を出していたことで、一転して庶民的生活を送る妹の家に居候することになる。ところが身についた生活スタイルというのはなかなか変えられないもの。歯医者の受付の仕事をするがなかなかうまくいかないし、彼氏を「負け犬」呼ばわりして妹には嫌がられている。なんとかして今の生活からセレブに返り咲いてやる。そんなチャンスをうかがっていたジャスミンにチャンスが訪れるのだが・・・。

 映画冒頭、ジャスミンは自分のことばかりをしゃべり続ける嫌な女だと観客には印象づけられる。そして彼女が自分をよく見せるためにつき続ける嘘の数々。勉強を始めてもいないのにインテリアコディネーターを名乗ったり、文化人類学者を名乗ったり。その姿は時に笑わせてくれるのだが、映画の最後には涙とこみ上げる感情でくしゃくしゃになったケイト・ブランシェットの顔が映し出されて、悲壮感でいっぱいになる。ウディ・アレンが時折撮るシリアスな作品は、何とも言えない苦い余韻を残してくれる。しかし「ブルー・ジャスミン」の前半は男と女の嘘つきゲームのような面白さから一転して、後半はシリアスな作風を思い出させる二本立て。ウディ先生の人間観察あっての脚本は素晴らしいのだけれど、近年のウディ・アレン作品のニヤリとさせる楽しさとは違う。それはケイト・ブランシェットあってのものだと思うのだ。

 ヒステリックに相手に罵声を浴びせ、自分の思惑に沿わないことは我慢がならない。いるんだよ、こういう人。自分もあんな言い方してるのかもしれないな。銀幕のこっち側で、そう感じた人は確実にいるだろう。陳腐な言い方かもしれないが、現実味があるヒロインなのだ。これまでのアレン映画のヒロインたちも確かに素敵だった。夫に浮気されても立ち直るミア・ファローや、独特なファッションで魅了してくれるダイアン・キートン。男を虜にするようなスカーレット・ヨハンソンの瞳も、感情がほとばしるペネロペ・クルスの凄みも素敵だった。しかし、それはスクリーンの向こう側で彼女たちに起こっていることを、僕らは観ていただけではなかっただろうか。「ブルー・ジャスミン」は、感情的なヒロインと生で接しているような圧力を僕らに感じさせる。感情の3D映画とでも言おうか。それはケイト・ブランシェットという女優を得たことで、これまでとは違ったヒロイン像が引き出された結果なのだろう。

 映画館を出るとき、後ろの席にいたおばちゃんグループから「泣けなかったわねぇ」という声が聞こえた。そりゃそうだ。セレブ返り咲きの恋は実りませんでした、という結末で、この映画のヒロインに同情することはできない。僕らはあまりにもジャスミンの嫌な面を知りすぎている。しかしそういう面を持ち合わせているのも人間だし、誰もが持ち合わせている一面なのかもしれない。おばちゃんが泣けないのはそれが理由だったのかもね。

 「アリス」や「ローマでアモーレ」では亡霊のような役柄だったアレック・ボールドウィンが、やっと実体として登場したのはアレン映画ファンとしては楽しい。うさんくさい男が似合うピーター・サースガードもいい仕事。
renuuuuu

renuuuuuの感想・評価

3.8
過去にすがるってつらいなあ
最後は大好きだった歌の歌詞も思い出せなくなっちゃう。人間の欲望がむき出しで痛いところをつく!まさにウディアレン。
ファッションも興味深い
もち

もちの感想・評価

3.6
ケイトブランシェットの演技が凄く良かったな〜。
セレブな女性が似合ってたから、そこから落ちぶれるところは見ていて辛かった。

プライドが高すぎる故に誰にも話せず、しかしジンジャーの子供達だけには本音を話す。うまいですねえ、、
Dan

Danの感想・評価

3.5
2018.6.17
プライドの高い女が落ちるところまで落ちていく、友人に家族とお金で繋がっていたものは全て失い残ったものはくだらないプライドとブランド物の服だけ。

彼女の過去にもかなり複雑なことがあり問題がある。 しかし、それが周囲の人間を見下していい理由にはならない。
ストーリーが進めば進むほどジャスミンの言動や行動に呆れていく。
何かにプライドを持つことは大事だけど折れることも大事だし周りの人間を大切に思うことも当たり前だが大事だということがこの作品を通して考え直させられた。
Megumi666

Megumi666の感想・評価

4.0
ジャスミンの服装に注目すると成金趣味がよくわかって面白い。シャネルのロゴのベルトに、バーキン。映画内容だけではなく、ファッションでもこの映画を楽しめた。
Chiyoyo

Chiyoyoの感想・評価

3.8
主人公のおばさんにいらっとするけどうまくいかないのが良い感じに作られてる。
>|