三つの光の作品情報・感想・評価

三つの光2017年製作の映画)

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:100分

3.3

あらすじ

深夜の倉庫街で楽曲制作をするマサキとKの元に、抑圧さ れた日常から逃れるようにして三人の女が集まってきた。マ サキとKとの出会いによって自分を解き放っていく3人。それ は、共同で作り上げていく一つの音楽に結実していくように 思われたのだが・・・。

「三つの光」に投稿された感想・評価

ronji

ronjiの感想・評価

2.5
名古屋はシネマテークの初日(舞台挨拶回)にて鑑賞しました。
人生に何らかの不満をもつ者や挫折をした者たちが集い、音楽を制作していくお話。

正直なかなか難解なストーリーだと思いました。
共感できるような、できないような、そんなふわふわした印象。

ただ、池田良演じるKがひたすらにムカつく。(良い意味です)
何もしない割に口ではデカい事を言い、ボこられる。あんなダサい男を見たことがない。
そして、マサキの復讐(腹いせ)によりKのダサさがピークに達して映画は終了していく。
あとカフェでの婚約者横取りのシーンは笑えた。

音楽を作っていく映画だったので、出来上がった音楽がもう少し個性のある楽曲だったら違った印象を受けたかも。

ただのアンビエントじゃもう濡れないのよ。
こ

この感想・評価

2.5
舞台挨拶付きの回で鑑賞。非常に分かりにくい映画だった。あの音楽スタジオは結局なんなのか(素人目に見ても音楽を録音するスタジオとして適しているようには思えない)?Kは結局なにものなのか?スタジオのスタッフ?インディペンデントの音楽プロデューサー的なことなのか?マサキはエンジニアとかそういうことをしてたのか?そもそもあのスタジオでやってることはなんなのか?セラピー?あそこで作った音楽で一儲けしたいのか?

登場人物たちの背景や劇中で行われている行為の諸々が謎に包まれているのはもちろん意図的なんだろうけど、結局あの4人がどこへ向かおうとしてるのか分からなくて消化不良な気持ちが強かった。池田良さん演じるKのムカつく演技は最高でした。マサキがね…そういう役だってのは分かるんですけど観ててイライラしてしまった。

他の人のレビューで「Kとマサキは『ファイト・クラブ』のブラッド・ピットとエドワード・ノートンみたいだ」という指摘は自分では全く思いつかなかったのでおおそういう話なのかと思うともう一度見返したくもなった。
光と影。表と裏。本音と建前。本気と浮気。自分と他人。マサキとK。アオイとミチコ。相反する様々な要素を包括するのは画面いっぱいに落とし込まれた数多くのメタファーたちに対して、登場人物と同じように、観ているこちら側も「察する」ことしかできない。非常にわかりにくい映画だったが、婚約破棄のシーンの棒読みの手紙やイラスト、テニス教室のシーンなどは内容抜きに考えても観ていて笑った。過呼吸のシーンは心が痛くなったし、壁打ちの映し方は結構好みだった。
しかし、抑圧され陰鬱な日常から逃れるように集まって、結局どこへ向かおうというのだ。
様々な描写がなされていて、特に人間らしさを引き出す場面が凄く印象的で刺激がありました。もう一度見直してみたいです!

このレビューはネタバレを含みます

観て本当に良かったです!
吉田光希監督と池田良さんに、ようやくお会いすることが出来て、とても嬉しかったです。
masa

masaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

好きな監督さんの映画

久々にこういうの観た!
じわじわくる
ひりひりする

池田良さん最高
前作でもひりひりする役所だったな
すごい素敵な笑顔なのに、怖い

マサキとKは同一人物なんじゃ無いかと考えてみたり…
(ピアノの子の家に行った時に撮った動画が気になる…)
パンフレットが無かったので、答え合わせが出来ずツライ

それにしても女子達のドロドロさ
よく見てるよね…

音楽を作り出すシーンは、難しいよな、と思う
よく言われる、売るための音楽なのか、やりたい音楽なのか…
Kの言葉には、納得
趣味なら何でも良いけどね
四人のそれぞれ満たされない日常から、あるきっかけでスタジオで衝突しながら音楽を作っていく話。

女性二人と男性二人は、それぞれ友人ですが、互いにギクシャクしていてどうなるかを観ていましたが、それぞれの環境が良くなっていく感じがじした。

上映館で監督と主演四人の舞台挨拶が有り、どうしても疑問が有った、“三つの光”について、監督に聞いてみたら、途中で加わる1人を含めて、 3人の音楽作りをする女性をイメージしたそうです。あと、「オーロラ」の話の意味が後で出て来ます。
池田良さんのキャラクターの、口の悪さも影響を与えています。


確か、全ての光の色を足すと
白になると聞いたことがあります。
本作の登場人物たち、
彼らの光が混ざり、純白の眩しい光となったら良かったんですが・・・
残念ながら彼らは絵の具でした。
全ての色が混ざり、黒くなってしまいました。
しかし
黒い中で彼らは落ち着くワケです。
たぶん
殆どの人が闇に落ち着くんですね。

監督、キャストの登壇がありましたが
登壇した五名全員が黒系の衣装でした(笑
ほらね’`,、(’∀`) ’`,、

最近、テレビドラマで真木恵未さんに出会ったばかりだったので
ご本人登場でやや興奮‼
’`,、(’∀`) ’`,、

もっと前の席に座れば良かった。

最近、イラつく役者・池田良さんが最高のイラつきを提供してくださいました!
’`,、(’∀`) ’`,、

有難うございます。
ryo7767

ryo7767の感想・評価

3.0
どんな時も、らしくあり続けることって大事だよね。ということに気づかされる作品。
ant

antの感想・評価

2.5
フィルム質感の陰影が濃い、映画らしい映像には引き込まれた。内容的には、意識先行でクリエイター振る男二人が、追込みで音楽を造ろうとする話。ずっと絵図らも不協和音、屋外で解放して共鳴したシーンだけは、心地良かった。女性三人は魅力的だったが、ダメ男やだね。+トークショー
>|