Wの悲劇の作品情報・感想・評価・動画配信

「Wの悲劇」に投稿された感想・評価

AKIROCK

AKIROCKの感想・評価

3.8
またまた薬師丸ひろ子作品、鑑賞。

久々に鑑賞して、改めて薬師丸ひろ子主演作でNo.1であると実感しました。

オープニングからラストにかけて、女として人間として成長してゆく姿をアイドルではなく立派に女優として熱演している姿はお見事の一言です。
特に身代わりになりフロントに電話するシーンからラストまでの熱演には引き込まれますネ。

想い支える世良公則も、優しさに溢れてとても良いです。

探偵物語とタメをはるラストシーンには感動の嵐。表情がとにかく最高に素晴らしい。
ちあ

ちあの感想・評価

3.5
あの世良さんのように真っ直ぐに好かれてみたい!
出てくるお家が可愛らしかった♡
そうかーこういう話だったのか…笑

女優の卵がスキャンダルの替え玉役を引き受けて大役を勝ち取る話と。
なるほど舞台場面の薬師丸ひろ子も光っていて当時の勢いを感じたが、おそらく本作で活躍も一旦落ち着いたのではなかったか。

何より主題歌が秀逸すぎて、本作は数十年も後回しになっていたけど漸く全貌が分かって良かった。
超名作。

20代に差し掛かった女優・薬師丸ひろ子の、これまでとこれからの始まりを祝福する作品に見えます。
めちゃくちゃ泣きました。笑

演劇の世界の、豪華で汚い部分がベースですが、最終的にはその全てが格好いいんだという落とし方には頭が上がりません。
 色々としんどい。だいぶ前に見たから記憶もあいまいだが、冒頭のレオタード姿で手を叩く描写とかどういう理屈で入れたのかと思ってしまう。
 あまりにもしんどいものを見ると、感覚がバカになって笑ってしまう悪い癖がでた。
花椒

花椒の感想・評価

3.5
荒井晴彦共同脚本なんだ。エロい作品ばかりのイメージで意外なんだがそうでもないのか?

高木美保って今は女優やってないよね?

アイドル映画(角川三人娘をそう括ってはいけないのかもしれないが)にしては物語がしっかりしてる。

蜷川幸雄はこの当時から有名なの?

福岡翼は昨年、須藤甚一郎は今年鬼籍に

この時代の邦画はラストを静止画にしてエンドロールのパターンが多い印象があるんだが、もう少し薬師丸ひろ子をいい表情で止めることができただろうに🙉😅
ooooo

oooooの感想・評価

3.6
三田佳子の女優女優してる。
もう、いかしてる
the女優

年末みたくなる。ひろこもね
このときの世良も世良っぽくて好き

何が言いたいかというと、最高だ
歌もね!
舞台の内容と現実が交差するメタな構造が面白い。
薬師丸ひろ子の演技も素晴らしい。
Gak

Gakの感想・評価

4.1
マジの蜷川幸雄がいてウケた、しかもけっこう喋る

内容はかなりおもしろい
というのも、ここまで、俳優になりたいという夢を持つ人間のことを的確に描きつつ、展開としての人間関係も乗せていけるの、すごい

やはり、一対一の関係性がドラマの大基本
どちらか一方が自分の過去を語りそこにもう一方が共感する
これは基本中の基本だけど、
その過去語りの語り口、内容が興味深いとこちらも見入る
ライバル俳優が死んだときの、客観視の話

そこからサスペンス性加えていく展開は二時間じゃないと処理し切れないだろうけど、やっぱおもろいよなあ

三田佳子すげえわ…
嘘、演技ってわかってるのに女優たるはを熱弁するシーンは見入る
その熱弁を舞台上でやらせる演出もグッド

芝居はつまるところ日常からの浸食である
そういうことに気付く成長物語
もう一人の自分を受け入れて前進、決別
舟子

舟子の感想・評価

5.0
ああーっ ただの女になっちゃう!
使うところが見当たりませんがいつか言いたいセリフです
>|