The Seagull(原題)の作品情報・感想・評価

「The Seagull(原題)」に投稿された感想・評価

hiragino

hiraginoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

原作が好きなので鑑賞。
コースチャも、ニーナも、イメージにとても合っていた。田舎の風景もとても綺麗。
美しい田舎娘のニーナがコースチャをおいて著名な脚本家に熱を上げていく様子、年上の女性の掌で転がされながらニーナと浮気する脚本家、美しく高慢で息子を溺愛しながらも本当に必要なものは与えようとしない母親……チェーホフの静かな人間ドラマがしっかり描写されていたと思います。
繊細すぎるコースチャと人生を喪服で過ごすマーシャは厨二病同士でわりとお似合いじゃないかと思うんだけど、コースチャはニーナ一辺倒で、マーシャは片思いの苦痛からアル中になっていく。その姿が痛々しい。
コースチャに思われているニーナはニーナで、その後女優にはなったもののトリゴーリンには捨てられ、ラストでコースチャのもとに戻るのかと思いきや「まだトリゴーリンを愛している」と言い切る。
みんな一方通行ですれ違い。事件らしい事件は何も起こらないのに悲劇に向かっていく。
改めて原作を読み返したいと思った。
natto

nattoの感想・評価

3.8
機内にて

チェーホフの原作読みたくなったし、外大の劇でもやるらしくてきになる
Finisterre

Finisterreの感想・評価

2.0
みなさん高評価ですが、自身には少し難しかった…。
冗長的なので、好き嫌いは分かれるかもです。

このレビューはネタバレを含みます

芸術家の思い詰めた感じ…ゲーテの「若きウェルテルの悩み」を思い出した。

皆のベクトルがバラバラで、皆が皆、片思い。
これを見ると、この世の中、全員が本当に自分の気持ちに正直になったら、両思いで結ばれることなんて、奇跡なんじゃないかと思ってしまう。
世の中の、一見両思いに見えるカップルも、本当はどちらかに秘めた嘘があるのかもしれない。

愛する幸せだけじゃなくて、愛される幸せもあるよね?なんてアドバイスは、この方たちには通じないであろう。

何と正直な人たちなのか…。
この人間臭さが喜劇なんだなぁ。

原作はチェーホフの戯曲「かもめ」だそうだ。
中年男女の滑稽さ、若い二人の正直さ、私はカモメ…。
特にアネット・ベニングとシアーシャ・ローナンが良かった。

飛行機の行き帰りで、3回も見てしまった。
705

705の感想・評価

3.0
美しい映像
内容はちょっとだけ冗長的。
途中、寝てしまった、、
renuuuuu

renuuuuuの感想・評価

3.9
とっても綺麗な映像。
愛は憎しみを生む。日本で公開したら見にいく人いっぱいいそうなのになあ
夏

夏の感想・評価

3.6
あまりみんな見ていないからスコア低いけどいい作品だった シアーシャローナンの振れ幅凄い
Amara

Amaraの感想・評価

3.7
ゆったりとした映画だけど、グダグダしてなくてよい!
原作は有名らしいけど知らなかった。
台詞の言い回しも素敵だったし、何より俳優陣の演技が良かった。