華麗なるギャツビーの作品情報・感想・評価

「華麗なるギャツビー」に投稿された感想・評価

'74版のレッドフォードがよかったです。人生の名言by フィッツジェラルドが心に刺さる。
かなこ

かなこの感想・評価

3.9
恋愛観、友情、人生の儚さがどっと染み込む作品だと思う。最後が悲しくてやるせないきもちになるけれど、心に何かを残してくれる作品だと思う。英文学を勉強してこの作品を見るとさらに面白い。
人物のアップショット多め

鳥のインサート

ディジーあっさりしすぎじゃない?ラスト

免色さんみたい

主人公の第三者感がいい
ちろる

ちろるの感想・評価

3.8
順番間違ってるけど、わたしはこの華麗なるギャツビー、
まずバズ ラーマン監督の華麗なるギャツビーから入り、そのあと村上春樹訳の原作読んで、今回ようやくこのジャック クレイトン監督のにようやくたどり着いた。
あのバズ ラーマン節の部分は置いといたとしてもこの3つはどれも大きく変わらないくらい印象が同じだった。
こちらの作品が好きな方からはあのレオナルド ディカプリオのギャツビーを気に食わなかった人もいるみたいだけど、個人的にはロバート レッドフォードのギャツビーよりレオの方が原作のイメージに近い演技だった気が私はした。
レッドフォードご尊顔ごはかっこよすぎて、デイジーと再会する時の緊張してドギマギした感じとかが似合わないし、這い上がった成金感がないのよねー。
全体的の雰囲気は衣装からインテリアまでこちらの方が重厚感がある。
デイジー役のミア ファローは可憐なバカ女の役がぴったりだった。
しょーもない女のズルさがムカつくけど最後まで魅力的だった。
saki

sakiの感想・評価

3.0
2019/3

大豪邸に高級感漂うファッション、
憧れのセレブな暮らしぶりにうっとり。

全てを手に入れたギャッツビーの
本当に欲しかったもの。愛。

それなのにギャッツビーが殺されてしまってからのデイジーの手のひら返しように唖然。あんなに愛してたのになんでー!

麗しのギャッツビーというタイトルなのに
あまり麗しくなく、哀れな最後だったなぁ。
すずき

すずきの感想・評価

3.0
ニックさんとジョーダンさんがげっそりしながら振り回されてるの笑える
この2人の距離感はカッコいい
サラッとホテルを喫茶店代わりにしたりとこいつらお金持ってんなーって思う
夏目先生の小説の登場人物と同じような感想を抱いた。サラッと東大入ったり高級料亭で食事すな。ブルジョアが過ぎる。
夢はもう、通り過ぎていたのに
は良いセリフ
ルー

ルーの感想・評価

4.0
この作品を観た衝撃は今も忘れられないです.
不思議な魅力のミア・ファローを一途に憧れる役柄にロバート・レッドフォード.それだけでも驚きです.
脚本がコッポラです.
1920 年代の上流階級を描いた作品.
ギャッツビーとデイジーは昔恋人同士だったが戦争で離ればなれに.
デイジーに相応しい男性になる事を決意しますが、農家出身の成り上がりの彼には黒い噂も飛び交います.
デイジーの台詞に「お金持ちは、成り上がりとは結ばれない」という様なのがあったかと思います.
ミア・ファローの衣装が素敵で、危うい精神状態のデイジー役がよく似合います.
そしてプールサイドのラストが何故…というショックでした.
今すぐにでも再見したい作品です.
Yuka

Yukaの感想・評価

4.0
スコット・フィッツジェラルドの原作をコッポラ父の脚本で映画化して面白くないわけないよね、オールアバウト哀愁
ka28mar

ka28marの感想・評価

2.8
原作は未読なんですけど。
あれだけのパーティが出来るほどの成功者が何故?にと釈然としなかった記憶がありますw
何が足りないのかw全く分からなかったんですね。あのころはwww
[H_D]
yuma

yumaの感想・評価

3.5

リメイク版を観る前に。

やっぱりロバート・レッドフォード、かっこいいな〜。ギャツビー役に合ってた。ピンクのスーツも着こなしちゃうし。
>|