泣き虫しょったんの奇跡の作品情報・感想・評価・動画配信

泣き虫しょったんの奇跡2018年製作の映画)

上映日:2018年09月07日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「泣き虫しょったんの奇跡」に投稿された感想・評価

将棋界の仕来たりとか全く知らないので、ドキュメンタリー観てるみたいに面白かった。
小学生や中学生が勉強もそこそこに将棋に夢中になる。プロを目指して奨励会へ入門。 26 歳までに四段になるという年齢制限の鉄の掟があり、年齢制限を待たずに去って行く人はたくさんいる。
将棋の世界を物語にした、いや実話かと思う、瀬川晶司という人物を描いた作品。主演は松田龍平。あだ名はしょったん。
26 歳までに四段になれずプロになれなかったが、奨励会を去り回り道をして 30 歳過ぎて再びプロとなる道に挑戦するしょったん。

淡々とストーリーが進むけれど、脇役が凄く豪華でちょっとした絡みが面白い。
気晴らしで湖にドライブに行くが、奨励会を辞めた人が喪服で入水した…とか話す場面が笑える。←笑うところじゃないんだけど、松田龍平の無表情で淡々とした演技がとても良い。
マサ

マサの感想・評価

3.0
思っていたほど泣かなかったしょったん。一度年齢制限という壁にプロ棋士への道を阻まれるが、そこから史上初のプロ棋士への道を切り開く!歩行者Aでその人出すのかという有名俳優の贅沢な使い方。対戦相手がトイレに行ってる間待っているしょったん、もどかしかった~!
rage30

rage30の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

実在の棋士・瀬川晶司の半生を描いた作品。

将棋を題材にした作品にしてはオーソドックスな作りで、主人公の少年時代から、じっくりと成長を追いかけていく。
天才少年棋士として活躍する前半は楽しく見れるのだが、やはり奨励会入りしてからが厳しい。
数々の将棋漫画で描かれてきた様に、プロ入りへの狭き門が本作でも大きなターニングポイントとして描かれる。

しかし、本作の真のターニングポイントは奨励会を退会した後に用意されていた。
なんと主人公はアマチュアの棋士として、再びプロ入りに挑戦するのである。
主人公にとっては大きな回り道だったのかもしれないが、しかし回り道だったからこそ、より多くの人の想いを背にして戦う事が出来のではないだろうか。
家族や友人、師匠や仲間、夢破れた者達…主人公に関係した全ての人達の想いが昇華していくシーンは実に感動的だ。

原作の事も、瀬川晶司氏の事も、何も知らずに見始めたが良い意味で裏切られた。
将棋モノと高を括ってる人にこそ、見て欲しい作品である。
Ugh

Ughの感想・評価

3.5
『泣き虫しょったんの奇跡
  サラリーマンから将棋のプロへ』
瀬川昌司
講談社

鹿島澤佳子先生(原作では苅間澤大子:カリマサワヒロコ先生)(松たか子)……こんな先生あったか過ぎて、誰もが好きだった先生第1位に挙げるでしょ 20年以上前の初対面での会話を覚えてた、ドラえもんの絵葉書…泣けたよ…

小学生時代、将棋で負けて逆ギレしたポッチャリの男の子の名札が『郷田猛』。これはドラえもん繋がりなのか⁈

藤原竜也、まるでウォーリーをさがせ状態!見逃しちゃうよ笑
moonfilm

moonfilmの感想・評価

4.8
人には時として
自分のためより周りのためを思った方が頑張れる時があって、
それを優しさと呼ぶのかは人それぞれだけど
その、頑張りの結果が周りの嬉し涙となったり心を動かすことがあるなら
けっして消極的な理由ではないんだと思うんだよ

言い訳をする気にもならないぶん
覚悟はつよくなり想いはつよくなる

自分の人生においての「勝ち」に寛大でありたい
プロになれなかったアマ名人が将棋界の年齢制限の古い体制を変えた。心から将棋を楽しみ自分の為にうつ将棋から、支えてくれた人、出会った人の為にうつ将棋に変わる時その歴史はかわる!人柄が人を動かし“強いものがプロになれる”道を開いたとても良い映画でした🎬
サブキャストに色々な方が出てきて映画を引き締めています。特に『青春をつき飛ばす』シーンはプロを目指す厳しさを物語り印象的でした。
だぶ

だぶの感想・評価

3.0
プロ棋士を諦めてアマでやってたけどプロになった将棋士てこんな人映画

しょったん、泣き虫っていうほど泣いてない
先生からのハガキ短文なのに良
msp

mspの感想・評価

3.3
CATVにて。
松たか子の達筆な先生役が良いー!
松田龍平あまり好きじゃなかったけど本作で見方が変わりました。
青春を突き飛ばしてしまった、という場面が切ない。将棋と両方は取れない、厳しいシーンです。
hydrangea

hydrangeaの感想・評価

3.5
優しい人々に囲まれて淡々とした日々を送る主人公はハングリー精神に欠けているのだが、将棋への思いは深い。一旦会社員になったのも良い経験だったと思う。実力のある人にプロになる門を閉ざす組織は時代遅れなのでいい結末。
>|

あなたにおすすめの記事