泣き虫しょったんの奇跡の作品情報・感想・評価

泣き虫しょったんの奇跡2018年製作の映画)

上映日:2018年09月07日

製作国:

上映時間:127分

あらすじ

26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。 小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。 「やっぱり、プロになりたい―」。3…

26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。 小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。 「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる――。

「泣き虫しょったんの奇跡」に投稿された感想・評価

松田龍平を観にいったのですが、脇役に圧倒されました。小学校担任の松たか子、将棋道場のイッセー尾形、アマ棋士の小林薫、父親の國村隼。それに棋士のライバルたち。
この映画は、好きな将棋に打ち込みながら、勝負に徹する事ができない主人公の内面を描いています。同時に主人公を見守る人たちの言葉を丁寧に掬い取っていきます。
将棋に人の良さが表れている、と対戦相手から指摘される主人公のしょったん。ライバルたちを蹴落とすことができない主人公はその人柄ゆえに1度はプロの道を阻まれます。
ところが、奨励会を退会してアマチュアに復帰すると、心の足枷が取れ自由に将棋を指せるようになります。程なくアマ名人に上り詰め、プロ棋士との対戦機会を得ます。

勝負は盤上で決まりますが、人生は盤の外にあります。
この映画には主人公のしょったんが、周囲の人々のどんな言葉に導かれ、励まされて今の場所にたどり着いたのか、描かれています。
そして将棋は負けを認めるゲームであることに気づかされます。
jacaranda

jacarandaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

良い意味でベタでわかりやすい展開。
そこまで泣き虫でもなかったけど、要所要所で大事な涙を流してたなぁ。
特に親友のセリフからのあの嬉し泣きの終わり方はとても好き。
しょったんは周りの人に恵まれていたなー。
ドラえもんが来てくれたのもジーンとしました。
好きなことを仕事にしたくても出来ない人はたくさんいると思うけど、自分にも希望とやる気を与えてもらった気がします。
ドドドドラえもーん!ハードル低くした甲斐あって無難に楽しめた。演出が所々古臭いところとか、台詞がテキストっぽくて不自然なところとか、ナレーションが語り過ぎるところとか、豪華俳優陣を並べ過ぎて息苦しいところとかの諸々が、一周回ってアマチュアっぽく見えてきて(間違った見解)ほっこりした。昭和の風景に響くフレッシュな音楽が良い。

あんまり敗者復活戦って好きではないけど、松たか子とイッセー尾形のおかげで泣き下手しょったんを応援できたし、小林薫は映ってるだけで大体満足。ただ野田洋次郎の纏う底知れぬ空気感が松田龍平と通じるせいか、ライバルというよりイマジナリーフレンドっぽく(何ならそれ以上の関係に)見えてソワソワした。あと藤原竜也が通り魔に見えてドキドキした。通行人にしては癖が強過ぎる。
早娘

早娘の感想・評価

3.0
将棋題材の映画では
いい意味で1番地味。
でもじわーっと惹き込まれる

1人の夢がみんなの夢になる
人の繋がりってやっぱり素敵

泣き虫ではなかったけどね、、
あの将棋のカチッて音!
かっこいいし癖になる〜!
思った以上の良作で熱かった!
主役級の人達が2、3分の尺しか出番がないとかある意味豪華だな。
てか松田龍平演じるしょったんはそんなに泣き虫な感じなかったぞ!
しょご

しょごの感想・評価

3.7
泣き虫感はそんなに。
ただ最初から割と入り込んで観れたので最後まで飽きなかった。
そんなに激しい展開もないけど何か引き込まれる魅力はあった。
ran

ranの感想・評価

4.0
将棋を題材にした映画は複数ありますが
しょったん、負けてないです。

駒を動かすときのアングルや
豊田さんらしいサウンドのチョイスが
躍動感があって私は好きでした。

豪華なキャスティングの中、
すこーしだけ、…?って感じの
役者さんもいましたが、、
トータルでは◎です。
takashi

takashiの感想・評価

3.0
めちゃくちゃ地味〜ひたすら地味〜な作品。丁寧に作られているのが伝わってきます。
行動、革命、努力、仲間と地味ながらも熱い内容。
キャストはわざわざこのメンツでなく、他に予算を使うべきだったのでは?
将棋は全くわかりません(^^; ですが、3月のライオン、聖の青春はそれなりに楽しめたので本作も大丈夫かなと。あとはもう豪華キャスト陣につられての観賞です。
1度挫折しても最後にはプロ棋士になれるというストーリーが1本通っているので、特に何が起こるわけでもなく淡々と進みます。だからこそこのキャストなんだろうなと思いました。

染谷さんって本当に自由自在ですね。昭和テイスト全開のメガネをかけていて絶妙な将棋オタク感丸出しだったので、最初誰だかわかりませんでした笑 そういう意味ではキャスト全員、オーラとか全くなく(誉めています)地味ーーな将棋オタクを演じられていて素晴らしいと思いました😆

豪華キャスト共演の派手なエンターテイメントもいいですが、地味めな職業もの作品も染みるなぁ~と。リビングのテレビで見ると確実に寝落ちするやつなので、映画館で見て正解でした!笑
(備忘録:TOHOフリーパス2本目)
美紅

美紅の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

充実の2時間!松田龍平って人は本当に、いろんな役に、それぞれの人生にすっと馴染む役者だ。

"喜びを分かち合える人"を思い出させるラストには涙出た。
>|