聖の青春の作品情報・感想・評価

聖の青春2016年製作の映画)

上映日:2016年11月19日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らか…

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、影ながら支えた。聖が七段に昇段したころ、同じ年齢の羽生善治が前人未到のタイトル五冠を達成し、「名人」のタイトルを獲得する。聖は強烈に羽生を意識、彼に対し、ライバルのような、憧れのような想いを抱いていた。羽生に刺激を受けた聖は更に将棋に没頭し、並居る上段の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

「聖の青春」に投稿された感想・評価

松山ケンイチやっぱり凄い役者だ
原作読みたくなって即買って読んだ
えいが

えいがの感想・評価

2.2
やっぱ将棋ものは無理だ!つまらんくてつまらんくてしょうがない、、命の重みとかもあるから面白いかと思ったけど無理だった、、
村山聖というすごい棋士を知れた。
松山ケンイチも東出さんもほんとすごい

なんやねん

無性に将棋やりたくなった


ルール知らないけど

このレビューはネタバレを含みます

将棋に人生を捧げる。病気と闘い、ガンと闘い……
というのはよくわかった。

しかし、白鳥が飛んでるシーンやら、電車でどこかに出かけるシーン(列車の中から街を映す)などは、作品との関係性がよくわからなかった。

体が病気で病院に行かなったり、肝臓が悪いのに深酒をしたりするシーンは、命を大事にしてない印象がしてあまり好きではない。
しっかり病気と向き合うことができてないじゃん……と、映画の作品とは関係ないことで気が散ってしまい、あまり共感ができなかった。

役作りに徹している、実話であるからということで話題性はあったとは思うのだが……
Niceguy

Niceguyの感想・評価

3.5
最後に勝ってほしかった。
Sho

Shoの感想・評価

4.0
感性の低い人には静かで淡々としたつまらなく映るかもしれない。

この映画は目や耳で感じるだけではつまらないものだ

けれど演者が魅せる村山聖の息遣いを感じることができたなら
静かにしかし激しく燃え盛る命のロウソクが見えてくる

重厚な圧のある聖の青春に飲み込まれていく
monja

monjaの感想・評価

4.5
出てる役者が実在する人物に似過ぎ。
村山さんと羽生さんの細かい仕草までそっくり。
静かな映画だけど熱いものがちゃんとある。
自分はポジティブ難病者だけど、病気したから今の職に就いたし、同じ様に今に命をかける。
将棋が分からなくても病気で苦しんでる人が観て欲しい映画だなと。
ナグ

ナグの感想・評価

3.2
前にTVの特集がやってて、ぶっちゃけそっちの方が良かった。
将棋に対する想いは強いのに、それを基盤とする自分の身体には無頓着というか逃げている姿勢に、この人らしいというか結果こうなるわな、、、というか。
あつし

あつしの感想・評価

3.6
聖と羽生さんの対局中と呑んでた時のそれぞれの2人の間に流れる空気の違いが、
真逆の空気感が良かった。
松山ケンイチも東出昌大も役作りがすごい。
村山聖も羽生善治もそこにいた。

ものまね芸人と俳優って似てるようで違うんだろうし、違うようで似てるなー。
>|