聖の青春の作品情報・感想・評価

聖の青春2016年製作の映画)

上映日:2016年11月19日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らか…

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、影ながら支えた。聖が七段に昇段したころ、同じ年齢の羽生善治が前人未到のタイトル五冠を達成し、「名人」のタイトルを獲得する。聖は強烈に羽生を意識、彼に対し、ライバルのような、憧れのような想いを抱いていた。羽生に刺激を受けた聖は更に将棋に没頭し、並居る上段の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

「聖の青春」に投稿された感想・評価

依緒

依緒の感想・評価

3.5
命を削ってまでも打ちたい。

不謹慎かもしれないが、命を懸けられるくらいのものがある彼を少し羨ましくもあった。

羽生さんを演じる東出さんが実に良く似ていた。
羽生さんもどんなにか彼と打ち続けたかったことだろう。
29才。若すぎた。
生きていたら49才。藤井君とも名勝負を繰り広げていたことであろう。
みんないいキャラしてたし松ケンと東出くん相当研究したんだろうなって感じ

本編も良かったけど安西水丸さんの話がめちゃよかった
Ta

Taの感想・評価

3.1
松山ケンイチ、、ほんとすごい。

マンガで読んでから、時間をあけ、
観ましたが、、、

重たいところは、、なるべく削っている印象。


何かに挑戦できる時間が、自分には与えられているのに、浪費しているかもしれない。と思わせる映画でした。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.0
松ケンと東出さんが評価高いですけど、役者さん全員が、きちんと仕事されてると思いました。
将棋は勝負師の世界なんですね。
ゆいお

ゆいおの感想・評価

5.0
本当に強い人はライバルを失うと悲しむ 牽制も虚勢もいらない世界
shalanla

shalanlaの感想・評価

3.5
将棋に詳しくない私でも
十分楽しめたし、胸が熱くなった。

俳優さん達の熱演が凄い!

東出さん演じる羽生さん
そして松ケン!!!

命削ってた。


こんなにも熱くなれるものに出会えるなんて
羨ましいなって思えた。

わたしも何かに情熱を注ぎたい。
そう思わせてくれる作品。
Reyas

Reyasの感想・評価

-
命がけの勝負ってこのことかと感じた。何だかなんとなく生きてる自分が恥ずかしい。
ogcfc

ogcfcの感想・評価

4.0
20170423/DVD
松山ケンイチの村山聖、東出昌大の羽生善治、リリー・フランキーの森信雄、染谷将太の弟弟子奨励会員、どれも素晴らしかった。人物に似せるのではなく”役を作る”、伝記映画(?)の中で実際の人物を”演じる”ということの意味がなんとなくわかった気がする。
松ケン村山の弟弟子への接し方が「深いところで舐めてやってるだろ」という感じで、見ているこっちにグサグサ刺さってくる。
ピピン

ピピンの感想・評価

3.4
理屈では無く、感覚で観る作品。
村山と羽生の食事シーンで交わされる会話がこの作品のテーマを表してると思う。
「俺たちは何故将棋を選んだのだろう」
の村山の問いに
「今日、貴方に負けて死ぬ程悔しい」
と返す羽生
寝ても覚めても将棋の事を考え、生涯を捧げる事に理屈など無く、ただ単に突き動かされているのだ。
そういう事に出会えた人生は幸せだと思う。

東出君はあくまで羽生さんのモノマネが上手なだけで決して演技が上手いわけでは無い。
oyasu

oyasuの感想・評価

3.0
静かな映画という印象。
松山ケンイチの体の変わりようは凄い役者根性だと思う。
将棋がわかる人は私より深いものを感じるかもしれない。
>|