聖の青春の作品情報・感想・評価

聖の青春2016年製作の映画)

上映日:2016年11月19日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らか…

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、影ながら支えた。聖が七段に昇段したころ、同じ年齢の羽生善治が前人未到のタイトル五冠を達成し、「名人」のタイトルを獲得する。聖は強烈に羽生を意識、彼に対し、ライバルのような、憧れのような想いを抱いていた。羽生に刺激を受けた聖は更に将棋に没頭し、並居る上段の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

「聖の青春」に投稿された感想・評価

金澤

金澤の感想・評価

-
将棋って映画栄えするね!
羽生さんと村山さんの飲み屋の会話とかもノンフィクションなのかな、だとしたらすごくいいな
メイ

メイの感想・評価

3.7
命を燃やした棋士、かっこいいです。

ただ、気持ちの強さがもっと多岐にわたって表現されていたらなぁ、と。
棋士たる者のリアルなのかもしれませんが。

あとはやっぱり役者さんが皆すごくいいです。
onono

ononoの感想・評価

3.8
村山が、精神的に未熟なまま棋士として命を燃やし尽くす様を淡々と描写している。
羽生さんとの居酒屋での会話が良い。初デートみたいだ。
似合わない部屋を借りようとして咎められる場面が悲しい。確かに少女漫画読んでるだけだし。
時間はいつも足りない。
#2016-116
天才棋士羽生善治と互角に渡り合った男村山聖。将棋と戦い、病気と闘ったその生涯を追う物語。

デニーロアプローチな松ケンは勿論、怪役が多い中、普通の役が地味にしっくりくる東出くん、たくさんの豪華な俳優、過剰な音楽に頼らない演出、予想より良かった。

居酒屋での2人の対面はグッとくるものがあった。
hide

hideの感想・評価

3.6
青春のまま終わる人生。
ある意味の幸せ、同時に不幸
結果を求めるなら、恋なんてできない
古本屋を訪ねるシーン切ない。あの気持ちは、わかる。幸せってなんだろう。
その羽生も敗れた。敗北を背負い、また歩き始める。
Karin

Karinの感想・評価

3.6
午前10時に始まって、次の日の午前2時に終わる。
それだけ長い時間集中することは、体に大きな負担がかかる。
そんな極限の試合の緊張感が、映画を通してキリキリと伝わってくる。
将棋をしたことも、1試合すべて見たことがない私にも。

戦うってすごいことだ。
病気に、自分に、そしてライバルに。

東出くんの作品で1番好きな役。
松ケンはさすがの一言。
個人的にはすごい好き。
将棋って普段触れないからわからない世界だけれども、こんなに熱い世界なのかと頭叩かれた感じ。松ケンの演技もすごかった。東出さんの羽生さんマジですごい!
映画自体は途中でダルく感じるけどそれ以上にキャストがスゴい!
DVDで欲しいです
タイトルに青春ってついてあるのに暗い雰囲気だった
松山ケンイチがガリガリガリクソンに見えた。
黒主任

黒主任の感想・評価

3.4
将棋の知識ほぼゼロに近い感じの私でも飽きずに最後まで観れました。将棋わかる人ならもっと楽しめるんだろうなぁ。
松ケンの役作り、凄い。
kura

kuraの感想・評価

3.3
“生きること。”

将棋に命を懸け、捧げた男
村山聖の生涯を描いた作品

松山ケンイチと東出昌大の役作りが素晴らしい
>|