聖の青春の作品情報・感想・評価

聖の青春2016年製作の映画)

上映日:2016年11月19日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らか…

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、影ながら支えた。聖が七段に昇段したころ、同じ年齢の羽生善治が前人未到のタイトル五冠を達成し、「名人」のタイトルを獲得する。聖は強烈に羽生を意識、彼に対し、ライバルのような、憧れのような想いを抱いていた。羽生に刺激を受けた聖は更に将棋に没頭し、並居る上段の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

「聖の青春」に投稿された感想・評価

Hina

Hinaの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

棋士は黙々と一人で戦う。私はその静かな強さが好きなんだと思った。
誰にも相談できず、自分一人の頭脳だけが武器で。負ける時も居住まいを正して、粛々と「参りました」と一言。みんなボロボロ泣いたりなんてしない。硬い鋼みたいな人達。

村山さんと羽生さんが二人で飲むシーンで胸が詰まってしまった。お酒を片手に、村山さんの語る夢は羽生さんが既に全て手にしているもので。そして、村山さんが手に入れられないもの。
二人の「海」の約束も観ていて悲しかった。村山さんはずっとは果たせないことを分かっていただろうから。果たせない約束をすることほど辛い事は無いだろうなって思った。

ここまで好きなものに巡り会ったことは、本当に幸せだったのかな。将棋の神様は仏の顔をしていたのか、鬼の顔をしていたのか。それはきっと村山さんご本人にしか、わからないことだろうけど。

深夜に悶々とした時に、観たら良い映画だと思う。
記録

こんなに打ち込めるものに
私はまだ出会えてないので、
羨ましい気持ちになりました。
悪いことも良いことも、
見方次第で違って見える。
退屈。いい映画だとは思う。生きることの価値を模索してる人には一見の価値あり。若い人には熱くていい。親としては子どもに勧めたくない生き方w
ますこ

ますこの感想・評価

3.4
将棋は山にして音がならないように取るという遊びでしか触れたことがありません…
羽生さんも聞いたことあるなーというくらい…
大丈夫かな?と不安でしたが
3月のライオンの二階堂のモデルにもなっているときいて借りてみました。

魅入ってしまった2時間でしたが、もう少し解説がほしい。
負けましたというまでどうなっているのかわからなかったです。。
ですが村山聖の一挙一動にはぐっと心掴まれました。
淡々と半生を描いているようにみえましたが熱い作品。
挟み将棋くらいはできるようになりたいです😭
もとみ

もとみの感想・評価

2.5
原作の大事な部分だけ抜き取ってブツ切りになっている上に、一番大事な闘病の描写がほとんどない。
西崎

西崎の感想・評価

3.2
東出昌大「8三歩を叩かれた時は難しかったですね…」←分かる。
yokama

yokamaの感想・評価

4.0
松山ケンイチの迫力、真摯な役作りが素晴らしい。聖の死に行く間際の一筋の情熱。これがノンフィクションなのだから本当に凄い話だ。惜しむらくは聖や羽生の一手の凄さが、素人には伝わってないと思われる点。もう少し上手く解説を絡める等すれば、もっと観る側も対局に入り込めたかな。でも概ね素晴らしい映画だと思う。
サバ

サバの感想・評価

3.4
将棋界、昨今藤井聡太四段の人気もあり、私も興味を持ち始めたところ。(ミーハーなんす)

29才の若さで亡くなった村山聖棋士の生涯を綴った物語。

将棋は、過酷。
命を削りながら生涯を将棋にかけた聖。
羽生さんと名人戦の夜二人でビールを飲んで語り合っている場面、しみじみしたな。
松山ケンイチは、この役の為20キロも体重を増やしたそうな。
ノンフィクションなので、決してドラマチックでは無く、淡々と過ぎていく。

天才は、変わり者が多いらしい。聖も食のこだわり(悪い意味で)少女漫画好き。
酒を飲んでうだうだ悪口も言うし。

にしても、もっと体のケアして欲しかったなぁ。😭
窓の外に細雪が舞う中で居酒屋(よしのや)でふたりが飲むシーンはとても美しくて見惚れる。深く深く潜ったふたりの最後の対局もきれいだった。

東出の所作が美しすぎて好きすぎて彼の扇子になりたすぎる2時間だった

2017-96
森

森の感想・評価

-
この染谷将太は良かった
こういう役の松山ケンイチが苦手でたまらん
>|