聖の青春(2016年製作の映画)

上映日:2016年11月19日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:124分
    監督
    森義隆
    脚本
    向井康介
    原作
    大崎善生
    キャスト
    松山ケンイチ
    東出昌大
    染谷将太
    安田顕
    柄本時生
    北見敏之
    筒井道隆
    竹下景子
    リリー・フランキー
    鶴見辰吾
    あらすじ
    1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、影ながら支えた。聖が七段に昇段したころ、同じ年齢の羽生善治が前人未到のタイトル五冠を達成し、「名人」のタイトルを獲得する。聖は強烈に羽生を意識、彼に対し、ライバルのような、憧れのような想いを抱いていた。羽生に刺激を受けた聖は更に将棋に没頭し、並居る上段の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

    「聖の青春」に投稿された感想・レビュー

    ベン
    ベンの感想・レビュー
    35分
    -
    将棋好きにはお勧め
    羽生善治の動きなど非常に似ていると感じた。
    棋士ファンなら面白いと感じる人はず
    きなおさん
    きなおさんの感想・レビュー
    41分
    3.7
    見ている時、分からないながら将棋の対局そのものをを見ているような感覚でした

    もうなんか、村山さんの羽生さんへの片思いかわいいとか、不器用なとこかわいいとか、思っていいのかと。見る人に感情を選ばせてしまうくらい、本当に一つのことに命を燃やしていたんだなと。
    羽生さんが本で、加藤一二三さんがテレビで、負けた時の悔しさや勝つことへの執念を語ってました。村山さんも映画で、自分が1番だと言ってました。ならなきゃいけないと。あの静かな空間でどれほどのものが燃えているのか。それはその空間を共にした人にしかわからないけど、勝負の世界に身を置く人間というのは、本当に強いんだなぁと改めて感じました。
    緑
    の感想・レビュー
    45分
    -
    きろく
    ミヤビ
    ミヤビの感想・レビュー
    57分
    3.9
    松ケンの役作りは凄い❗️なりきってました。将棋を知ってたら、もっと楽しめた⁉︎かな...
    だいち
    だいちの感想・レビュー
    1時間
    3.0
    詰むな、進み続けろ❗

    3月のライオンから始まり、将棋関連の映画を観たくなって、鑑賞しました。

    率直に、長かった。体感時間をものすごく感じてしまう。ゆったりとしていて、必要かなと思うシーンも多くて、もったいない気がしてしまいました。。

    松ケンの役の作り込みは、凄まじい。確か、撮影してるくらいの時に、ニュースで松ケン、激太り?!みたいなニュースがあって驚いたけど、その役作りがあってか、まるで大木のような土台を感じさせるキャラになってる。

    カップ麺食べたり、ジャンキーで少女マンガ好きというのも意外性があって、人間くさい。

    安定のリリー・フランキーでした☺
    まな
    まなの感想・レビュー
    5時間
    4.0
    松山ケンイチの役づくりが徹底していて凄い。将棋を知っていたらもっと面白かっただろうな〜。
    ブルー
    ブルーの感想・レビュー
    5時間
    3.3
    松山ケンイチと東出昌大の役作りと演技は凄い。
    かなかな
    かなかなの感想・レビュー
    9時間
    3.4
    よかった。マツケンすごい。東出さんがとってもかっこいい。
    はっしー
    はっしーの感想・レビュー
    9時間
    3.3
    3月のライオンとこれをみて、将棋ってのは生命力を与えたり奪ったり恐ろしくも非常に魅力的なものなんだなと思いました。
    athihe
    athiheの感想・レビュー
    23時間
    -
    1.
    染谷くんが将棋を諦めた日の夜の場面で感動して泣いた おもしろくて笑った場面もあった
    『雨にゆれる女』も、『聖の青春』も男性中心の映画なんじゃないかと思うが『聖の青春』は気持ち悪くなかった 出てた人にかわいげがあったからでしょうか 将棋指してるときの東出くんの鬼気迫る表情がおもしろかった リリーフランキーの後頭部が目を引いた
    男のくせにかわいいなんてずるい!と思う人もいる 『雨にゆれる女』にかわいらしさはないので、『雨にゆれる女』という作品を作った人はずるくない人なのかもしれない ずるくなくて、おもしろくない作品であった ずるくないなんてつまらないと言っていい
    『聖の青春』はおもしろかった 男性中心の作品ということで『風立ちぬ』を思い出しました 『風立ちぬ』について書かれ文をtumblrで見つけて、2、3年前に読んだことがあるが、その文をまた読みたい

    2.
    わたしは最近、団鬼六の『真剣士 小池重明』という本を読んでいる、
    >|