聖の青春(2016年製作の映画)

上映日:2016年11月19日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:124分
    監督
    森義隆
    脚本
    向井康介
    原作
    大崎善生
    キャスト
    松山ケンイチ
    東出昌大
    染谷将太
    安田顕
    柄本時生
    北見敏之
    筒井道隆
    竹下景子
    リリー・フランキー
    鶴見辰吾
    あらすじ
    1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、影ながら支えた。聖が七段に昇段したころ、同じ年齢の羽生善治が前人未到のタイトル五冠を達成し、「名人」のタイトルを獲得する。聖は強烈に羽生を意識、彼に対し、ライバルのような、憧れのような想いを抱いていた。羽生に刺激を受けた聖は更に将棋に没頭し、並居る上段の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

    「聖の青春」に投稿された感想・評価

    淀橋
    2.9
    村山聖という将棋に生きた人物の物語ではあるが、どれほど羽生善治という壁が高いのかという話でもあった。
    村山聖の生き様をどう捉えるのかはかなり受け手任せで、ある意味フラットで伝記的な構成になっているように感じた。
    結果的に、村山聖の考え方、行動理念、拘りであったりが形にならず、作品を見ていて「村山聖」という人物に興味は持たせてもらえたけれど、それを消化するまでに至らなかった。
    途中、時間の経過であったり、心理を写実的に表現した映像のようなものが見受けられたが、必要に感じなかった。
    東出の芝居が羽生善治を真似ているのは少し可笑しかったけど、役者はよかった。
    nununu
    3.7
    小説が良かったので、映画も観てみた。
    実在した村山と羽生の将棋にかける熱い思いが伝わってきて、個人的には良い映画だったな。
    ながお
    2.8
    感情移入できない
    BGMも最後だけ秦基博使うの凄い違和感
    hitomi
    3.5
    ずっと観たかったのに観に行けなかった聖の青春

    実話ほど感動するものはない
    秦さんの曲がすごく合ってたもよかった
    パクシ
    2.5
    村山という棋士をこの映画で知りました。
    伝記映画としては良いと思います。

    みんな実在する人物に似せて演技していて、本人に見える勢いの演技に脱帽です。
    幼少の頃にネフローゼ(腎臓の病気)にかかり、この病気と一生付き合うことになった彼は、入院中に将棋と出会い、のめり込んでいく。プロ棋士となった後、病は癌に進行してしまい、命を削りながら、名人位を目指して将棋をさし続け、羽生善治との名勝負を残して夭逝した天才、村山聖(さとし)。
              *
    将棋ド素人の私でも、主人公の生きざまには心動かされるものがあった。「命をかける」という言葉の重さを考えさせられた作品でした。
              *
    将棋は小学校の時に友達とやったくらいで駒の動かし方がわかる程度、詰将棋となると全く分からない。この映画でも将棋の盤面がでてきて、「うぉー、やっぱ村山はすげーな」とか言われるから、そうなのかしらんと無理に自分を納得させる。藤井聡太四段の登場で世の中は、にわか将棋ブームだけれど、これに乗ることはまずない私。そんな私でも、羽生善治くらいなら知っている。この映画で羽生役を演じた東出昌大は本物のしぐさや表情の特徴をよくとらえていたなと感心したけれど、20年前頃に活躍した羽生世代のプロ棋士、村山聖のことは全く知らなかった。だから、本物の画像を見て、病の影響からか水太り気味だった彼を演じるためにあそこまで太ったのだ、と気づいた松山ケンイチの役者魂に感心。
              *
    死と向き合って強く生きた執念の人を描いた作品に触れる機会も年齢を重ねると増えてくる。そうすると悲しいかな、初めての時の脳天に突き刺さるような感動はなくなってくる。そればかりか似たような境遇だった他の作品の人物たちと比べてしまう。でもそんな冷静な比較、必要なのか? 感動こそが、自分の生き方を見つめなおすきっかけをくれるのだから、感動できなくなるという事は、お前の生き方は現状のまま固定されるってことだぞ。
              *
    感動できる心を持ち続けること…
    hako
    2.5
    松山ケンイチが主人公になりきる姿は凄いなと思ったけど、将棋に興味がないこともあってか、そんなに心に響くことなく😅

    事前にドキュメンタリーを見た上で、映画を観るのがいい作品かなぁと思いました。
    すると、より感情移入できて観れたかも…
    mami
    4.0
    羽生さんの見ている海は皆とは違うし、聖の見ている海も皆とは違うと思いました。
    2人が一切相容れないところもそれっぽい

    病気に蝕まれながらも将棋に向かってく聖に感動したって書き方だと安っぽいですが、松山ケンイチの鬼気迫る演技を見て、本当にそんなようなことを思いました。
    頑固な聖の選択に対して、本当にこれしかないって人の考えや覚悟を見ました。


    羽生との対局シーンや、家で聖が1人で将棋さしてるシーンとか、じわじわ語りたいシーンがある映画です。

    関係ないけど聖の酔い方にシンパシーを感じました。
    無駄に飲んで無駄にお喋りになっちゃうところが。
    羽生との飲みもその延長のような気もします。
    羽生さんは真剣に話してるんですが、聖は果たして覚えているのか
    何があってもお酒だけはガンガン飲んじゃうんですね。
    OG
    3.5
    期待していたよりストーリーがイマイチ。。。☺︎
    しかし、松ケンさん&東出さんの演技には目を奪われます☺︎
    ぱぴこ
    3.5
    松ケンの役者魂を感じる映画。正直、東出さん目当てで観たけど、もう役にピッタリでした。リリー・フランキーさん、いいね。将棋のこと分からないで観るのは少しキツイかも。
    >|