二十六夜待ちの作品情報・感想・評価

二十六夜待ち2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:124分

3.0

あらすじ

由実(黒川芽以)は、震災による津波によって何もかもを失い、今は福島県いわき市の叔母の工務店にひとり身を寄せていた。心に傷を抱える由実は、少しは外に出なければ、と叔母に促されるように路地裏にある小さな飲み屋で働くことになる。 その店の名前は「杉谷」。しかし、店主の杉谷(井浦新)には謎めいたところがあった。彼は、記憶をすべて失い、失踪届も出されていなかったため、どこの誰とも分からない。はっきりして…

由実(黒川芽以)は、震災による津波によって何もかもを失い、今は福島県いわき市の叔母の工務店にひとり身を寄せていた。心に傷を抱える由実は、少しは外に出なければ、と叔母に促されるように路地裏にある小さな飲み屋で働くことになる。 その店の名前は「杉谷」。しかし、店主の杉谷(井浦新)には謎めいたところがあった。彼は、記憶をすべて失い、失踪届も出されていなかったため、どこの誰とも分からない。はっきりしているのは、手が料理をしていたことを覚えていることだけ。今では小さな小料理屋をまかされるまでになったが、福祉課の木村(諏訪太朗)をはじめとしたあたたかな人々に囲まれながらも、彼の心はいつも怯え、自分が何者なのか分からない孤独を抱え込んでいたのだった。 孤独な、傷ついた魂を持つ杉谷と由実。ふたりは、やがて“月”と“海”がおたがいを引き寄せ合うように、その心と体を寄り添い合わせるようになるのだが、震災の辛い記憶を忘れたい由実と、我を失う事を畏れる杉谷は、お互いを思いやっていても、微妙にすれ違っていく…。

「二十六夜待ち」に投稿された感想・評価

yuu

yuuの感想・評価

3.4
原作読んだ上で鑑賞。
最後のシーンがとても良かった。ちょっとシーンのつながりが謎い時あったけど自分は好きです。配信サービスはモザイク入りなのは知らなかった…
新さんとても好きです!…が
大変申し訳ありません、こちらは殆ど早送りで観ました(;´д`)
評価高めのかたが仰っているように、丁寧に描かれた間や雰囲気を深く感じ取り、二人の過去や未来に思いを馳せたりするのでしょう…。
私はちょっとキツかったです、この作品での、その丁寧さ、細やかさが。

黒川さんに対しての悪意は全くないですが、どうしてあそこまで乳首を死守するのかもとても不思議でした。
逆に不自然ではないですか?
二人、生まれたままの姿の方が素敵ですよね?

まぁその日の気分や状態によっては、通してじっくり見られる日がいつか来るのかな?…
新さんは言うまでもなく、毎作品本当に惹き付けられる俳優さんです。
どんな表情も見逃せないです。
soken

sokenの感想・評価

2.5
黒川芽以素敵
フグがグロい
全然関係ないけど日本のポスター作り手くそなの多いけどなんで
reddeep

reddeepの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

2回目鑑賞後
こんな雑草にも名前があるんだよなあ、自分の名前は分からんけどってことかなとか、最後にやっと杉谷さんの笑った顔が見れたりとか、ゆみさんも忘れたいことがあるのに明るいところとか、そこに惹かれたのかなとか、
杉谷さんの苦しくて頼りなくて儚い感じ、新やなあて感じ
最後はやさしい穏やかな感じ

会話のひとつひとつに長い間をとってゆっくりじっくりしたところが好きだった
吹き替えなしの料理も、大根のところ、トントントンが良い音
love1109

love1109の感想・評価

3.4
黒川芽以というだけで期待をしてしまう不思議。監督が「市井に生きる女性の美しさを演じることのできる女優」と語る彼女は、ある意味、とても映画に愛されている女優だ。月光の中に弥陀・観音・勢至の三尊が現れると言い伝えられる二十六夜。「惹かれあう」ということが、丹念に、丹念に、描かれる。
紫色部

紫色部の感想・評価

2.0
2018.7.10 DVD

「したいようにして」と黒川芽以に言われる人生。『アレノ』は割と好きだったんだけどなぁ…
物静かな役似合うなARATA。
エアふぐさばきの手がきれいなARATA。
きっとなにも解決されない系だと思ってたから大丈夫だったんだけど物足りなさ残る。
mayu

mayuの感想・評価

3.0
これは映画館で集中して見た方がよかったな。。
全体的に画面が暗くてうちの安物テレビでは黒が潰れて見づらいし音は聞き取りづらくてめちゃくちゃ音量上げた。
間が多いから部屋で見てると集中力が途切れるし……

井浦新が好きだからいいなぁと思って見られるけどなんであんなにあの人に惹かれるんだろうかとか、結局集中しきれなくてよくわからないまま終わってしまった。

二人が月を見上げるシーンはどれも好きだった。
まぁ

まぁの感想・評価

3.2
全ての記憶を失った男
全ての記憶を消したい女
…2人が出会い、惹かれ、求めあっていく…

「生きていくためには、忘れなきゃいけないものもある」…この言葉(台詞)…良いな…と思った…

「雑草」と呼んでいる草花にも名前がある…

濡れ場…いやらしい感じではなかったけれど…(画面が暗い…)

丁寧に、2人の「心情」にそって…描きたかったのかな…と思うけれど…
少し「長い」…と感じてしまった…

ラストカット…好き…♡
ゆみ

ゆみの感想・評価

-
井浦くんと女イイ感じになる(わかる)→急に股間に丸めたエプロンを揉み揉みし始める井浦くん(もうわからない)→いきなりイチャイチャし始める!!(わからないってば)→イチャイチャは止まらない!!!!(受け入れはじめた)→イチャイチャは最高潮へ(再びわかる)→クライマックス直前で井浦くん飛び起きゴロゴロ部屋の隅へ(わからない)→井浦くん「僕ハ……誰ナンダ……」→私「知らんがな……」(大の字)



私と友人が楽しみに(?)していた井浦くんのお尻には、ガッツリぼかしが入ってましたとさ。ちゃんちゃん。