二十六夜待ちの作品情報・感想・評価

二十六夜待ち2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:124分

あらすじ

由実(黒川芽以)は、震災による津波によって何もかもを失い、今は福島県いわき市の叔母の工務店にひとり身を寄せていた。心に傷を抱える由実は、少しは外に出なければ、と叔母に促されるように路地裏にある小さな飲み屋で働くことになる。 その店の名前は「杉谷」。しかし、店主の杉谷(井浦新)には謎めいたところがあった。彼は、記憶をすべて失い、失踪届も出されていなかったため、どこの誰とも分からない。はっきりして…

由実(黒川芽以)は、震災による津波によって何もかもを失い、今は福島県いわき市の叔母の工務店にひとり身を寄せていた。心に傷を抱える由実は、少しは外に出なければ、と叔母に促されるように路地裏にある小さな飲み屋で働くことになる。 その店の名前は「杉谷」。しかし、店主の杉谷(井浦新)には謎めいたところがあった。彼は、記憶をすべて失い、失踪届も出されていなかったため、どこの誰とも分からない。はっきりしているのは、手が料理をしていたことを覚えていることだけ。今では小さな小料理屋をまかされるまでになったが、福祉課の木村(諏訪太朗)をはじめとしたあたたかな人々に囲まれながらも、彼の心はいつも怯え、自分が何者なのか分からない孤独を抱え込んでいたのだった。 孤独な、傷ついた魂を持つ杉谷と由実。ふたりは、やがて“月”と“海”がおたがいを引き寄せ合うように、その心と体を寄り添い合わせるようになるのだが、震災の辛い記憶を忘れたい由実と、我を失う事を畏れる杉谷は、お互いを思いやっていても、微妙にすれ違っていく…。

「二十六夜待ち」に投稿された感想・評価

記憶を無くして、自分がどんな人間だったのか分からない杉谷(本名ではなく)と、その小料理屋にパートでしてやって来た由美の関係を、月の満ち欠けと野草の花を生けている様子で表していました。
由美は、震災の嫌な記憶を忘れたいと思っていて、杉谷にいつの間にか好意や母性を持ってしまっていました。
濡れ場の描き方から、R-18ですが、それ以外のシーンが印象に残っています。
記憶を失っていても、それから8年経ってそれが記憶になるという言葉が印象的。
黒川芽衣さんの福島の方言が自然に感じました。
無くしていた記憶から自分が分からず、中々心を開けない井浦新さんの徐々に心を開いていく様子も良かった。
こしし

こししの感想・評価

4.9
衣装さんがロマンス劇場と一緒。世間は狭い。嬉しい。
越川ールドはいつもぎゅんってなる。あっという間
お腹が空く映画。

あの映画のこういうところがこうだ
とか
あれのここってこうの方が絶対いい
とかの会話は、入っていけないことのが多いくらい得意でないのですけれど
それでも、時間を忘れたりすることや、自分の身体に反応した時は、なにかアツくなる
だから唯一、お腹の空く映画は、ぼくの中で大義です。
kandahal

kandahalの感想・評価

1.0
内容がつまらないので、途中で思い切り爆睡してしまった。面白くもなく、哀しくもなく、怒りもなく、何のために見ているのか分からない代物。
SU

SUの感想・評価

2.0
共感度ゼロで意味がわからない。役者陣は好きな人たちのはずなのに、新演じる主人公は訳ありにしても完全にヤバイ人だし、なぜ惹かれたのか説得力がなさすぎる。
またツァイミンリャンのように1カットが異様に長いがまったく効果的じゃなく、むしろ間延びした印象。濡れ場にしても全く魅力的に撮れてない割に長くて眠くなった。
めえ

めえの感想・評価

3.9
ティーチインありで鑑賞。

前情報をほんとにない状態でチケットを取ったので、R18である事すら知らず、始まってから気まずい気持ちになりました。。笑

正直、家の小さなテレビで観ていたら寝てたし何の感想も持てなかった気がします。
映画館で観るからこその息遣いや、拘りがあったという手の動きから、とても繊細な2人の気持ちが伝わり、丁寧に観ることが出来ました。
映画館で観るっていいなと改めて感じさせてもらえた映画。

終わりに監督が仰った、愛し方しか撮れないという言葉がとてもとても印象的でした。
【36-120】2017年からの宿題①を、越川監督と諏訪太朗さんのトーク付きで。
これは、かなり困ったなぁ。凄く好きなところもあるし、いい映画だとも思うんだけど、どうにも惜しい気持ちが残った。もっと良くなったんじゃないか、と感じるポイントが幾つもあったからかも知れない。
『グミ・チョコレート・パイン』や『ボーイズ・オン・ザ・ラン』の頃、「黒川芽以最強説」を唱えていた者の端くれとして、この映画を通して伝わってきた彼女のある“宣言”について、真摯に受けとめていかなければならないだろう。
ルー蔵

ルー蔵の感想・評価

3.8
発射できない夜にーみたいな。

男の何かが発射にこめられているなら長すぎる濡れ場もまあ、あり。だからこそ、最後の二十六夜なんちゃらとかたんぽぽとかは蛇足に感じる。一応、気持ちよく終わっておきましょっか、みたいな気持ち悪さがある。

長い間は彼らの間なんだと思えばまあ、あり。
q

qの感想・評価

2.8
月齢と記憶。忘れるために、なにかを埋めるために、人は人と肌を重ねる。なにかを完全に忘れ去ると云うことは出来ない。
れい

れいの感想・評価

4.5
初日(12/23)鑑賞。越川監督独特の、テーマは辛いものなのに絶え間なく優しさが漂う空気感が健在。部屋で二人が男と女になる心の変遷をワンカットの長回しで見せるシーン、そしてリアルにひとつの命が血を流し・痙攣して絶えるシーンには静かな中にも動悸が止まらなかった。個人的には、黒川芽以さんにもう少し薄幸感があれば満点だったかなと(あくまでも個人の好みです、)。
eee

eeeの感想・評価

-
新さんのインタビューと、撮影が山崎裕さんという興味に惹かれて映画館で拝見しました。あと、『海辺の生と死』を観そこねたことが悔しく。
批判的なレビューが目立つことが少し不思議です。
黒川さんが抜ぎきっていないという意見は、いじが悪いなあと思ってしまう。
裸で抱き合う画だけを求めるなら、それを命懸けで撮られているAV作品を求めればどうでしょうか。
映画に求められるリアルさとは、なんだろう。
濡場のシーンは、何回かあり、その時の2人の雰囲気や着衣のちがいで、心と心の距離が近づく様も、同時に見せられていた気がする。
私は出演の2人が演じる、杉谷さんとゆみさんが、心に抱える深い傷、津波や、記憶喪失で記憶を失う経験は、この映画がなければ、一生感情移入できないでいたかもしれない。しかもその感情移入は、きっと、一生、合っているかなんて分からない。
2人が少しだけ結ばれてからのとあるある日、仕事後に杉谷さんがゆみに「こないか?」と言う。その日は帰ると伝えるゆみに対して、「送っていきます」といつもの丁寧語に変わる杉谷さん。すごいリアルな会話だと思った。
とてもドキッとした。
性を描かない恋愛映画は、恋愛を描いていないと思うタイプなので、とても丁寧な映画作品だと思いました。
花瓶に活けられるお花に感じる優しさや切なさは、2人のベッドシーンで感じる優しさや切なさと、そんなに変わらない。
男女で意見が変わるのも全然いいし一緒の意見もきっとあるだろうし、どんどん、話していけばいい。
そう思ったので、レビューします。
>|