二十六夜待ちの作品情報・感想・評価

「二十六夜待ち」に投稿された感想・評価

OG

OGの感想・評価

3.7
TSUTAYAで「エロティック」のカテゴリになっていた☺︎
まぁ確かに“アレ”のシーンはエロいです☺︎
しかし、全体的にただようどこか優しい空気感に、観ていて意外と飽きなかった☺︎
『のほほん→エロ→ほんわか→エロ…』のような☺︎
黒川芽以さんの美人っぷりに、心ときめきました☺︎
Yuri

Yuriの感想・評価

1.0
井浦さん目当てでしたが、2回寝落ち。田舎の家の中が寒すぎてごはんの湯気が立ちまくっている感じとか外にお洗濯ものを干すのとか、柿が2個並んでるのとか、台詞でなく伝わってくる感じは良いなぁと思いました。でも、ひたすら画面が暗過ぎ。黒川芽以が上を脱がないセックス描写多過ぎ。あれだけ必死で全部でぶつかるセックスで脱がないってないと思います。消してしまいたい記憶を持つのと、過去が全くなくてアイデンティティがないのが、どちらが辛いかと言われれば、過去がない方なのだと思います。でも、名前は呼ばれてなるものでもあるから、由実に「杉谷さん」」と呼ばれ続けたら少しずつ居場所みたいなのが杉谷に生まれてきてるのがわかって良かったです。でも、特に大きな展開がある作品ではないので、2時間超えは長いかな。井浦さん好き過ぎてても辛いかな(^^;)二人がせっかく繊細な表情をしているのに、暗くて見えないのと、トラウマでうわ~ってなってるのかセックスでなってるのかわからない描写がひっかかりまくったのが減点。オススメは出来ないかなぁ。
kate

kateの感想・評価

2.8
ご飯美味しそう。
白米と味噌汁と、湯気があれば、なんかそれだけで満たされた気持ちになるなあ。
黒川さんみたいに、料理が上手くて優しく寄り添える女性は端からみていてとても可愛かった。

新さん、色んな作品で皆が見たい新さんになってくれるけど、もう少し抑えてくれていいです
(あなたの広い背中と綺麗な手が好きです)
そうですか。

生きていくためには忘れなきゃいけないこともあるという台詞を、心に残そう。
完全にのみこむにはまだまだ未熟だなぁと思いました。
singer

singerの感想・評価

2.7
終始、平坦で淡々としていて、
はっきりとした起承転結も無く、
登場人物たちの喜怒哀楽も、
奥底に隠れたままストーリーが動いて行くので、
観ていて先が気になるような部分は殆ど無く。
悪く言うと退屈なくらい、ゆっくりとゆっくりと物語が進んで行くので、
一般的な商業映画とは、一味違う趣きの作品でした。

個人的には、やっぱり映画はストーリーが一番大事だと考えるので、
正直言うと、作品自体はあまり楽しめなかったかなぁと思います。

でも、黒川芽以だけは、本当に良かったです。
肌の露出や、激しいラブシーンを除いたとしても、
その表情、視線、仕草、佇まいだけでも、色っぽさがとても溢れていたし、
それを感じる事が出来ただけでも、
十分見る価値はあったんじゃないかなと思いました。

彼女の女優としての遍歴を、ずっと追ってきたわけじゃないけど、
昔、甥っ子と一緒に観た、「仮面ライダー555」の劇場版に、
まだ幼く駆け出しの頃の彼女が出演してたんですが、
その頃の面影は殆ど無く、シャープに研ぎ澄まされていて、
本当に綺麗でいい女優さんになったんだなぁと、
そんな所が、とても嬉しくもあり。
そんな思い出の部分も含めて、
今作は黒川芽以にタップリと惹かれてしまいました。
震災ですべてを失い、福島の叔母の工務店に身を寄せる由実は、路地裏にある小さな飲み屋で働くことに。
店主の杉谷は過去の記憶を失っており、覚えていることは手が料理をしていたということだけ。
周囲の温かな人々に囲まれながらも、杉谷の心はいつも怯え、自分が何者か分からない孤独を抱え込んでいた。
ともに心に傷を抱えた由実と杉谷は、やがて引き寄せ合うように心と体を寄り添わせるようになる。


結局杉谷の記憶失った原因わからず終いじゃねーかよ!
セックスの途中に急に怯え出して部屋の隅まで逃げてったやつの心の病の元をもっと探れや!由実の愛で二人でこれからも仲良くやっていこうね。ってそんな虫のいい話あるわけないだろ!
由実こそ震災の影響で心に傷を負ったこと何も克服しないままセックスして終わっただけじゃねーかよ!
セックスしてハッピーエンドなわけないだろ!
セックスで心の傷が治ったら、みんなセックスするよ!

肝心のセックスシーンも画面暗すぎて全然雰囲気ねーよ!
杉谷キス魔か!ってくらい唇に乳首にキスしすぎじゃないか?杉谷の性癖か?
杉谷のナヨナヨさがセックスにも現れてましたね。
でも回数を重ねるごとに、杉谷が慣れてきたようで見ていられる程度になってきたのは良かった。
黒川芽以の素人っぽい見た目が好き!
yuu

yuuの感想・評価

3.4
原作読んだ上で鑑賞。
最後のシーンがとても良かった。ちょっとシーンのつながりが謎い時あったけど自分は好きです。配信サービスはモザイク入りなのは知らなかった…
新さんとても好きです!…が
大変申し訳ありません、こちらは殆ど早送りで観ました(;´д`)
評価高めのかたが仰っているように、丁寧に描かれた間や雰囲気を深く感じ取り、二人の過去や未来に思いを馳せたりするのでしょう…。
私はちょっとキツかったです、この作品での、その丁寧さ、細やかさが。

黒川さんに対しての悪意は全くないですが、どうしてあそこまで乳首を死守するのかもとても不思議でした。
逆に不自然ではないですか?
二人、生まれたままの姿の方が素敵ですよね?

まぁその日の気分や状態によっては、通してじっくり見られる日がいつか来るのかな?…
新さんは言うまでもなく、毎作品本当に惹き付けられる俳優さんです。
どんな表情も見逃せないです。
soken

sokenの感想・評価

2.5
黒川芽以素敵
フグがグロい
全然関係ないけど日本のポスター作り手くそなの多いけどなんで
reddeep

reddeepの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

2回目鑑賞後
こんな雑草にも名前があるんだよなあ、自分の名前は分からんけどってことかなとか、最後にやっと杉谷さんの笑った顔が見れたりとか、ゆみさんも忘れたいことがあるのに明るいところとか、そこに惹かれたのかなとか、
杉谷さんの苦しくて頼りなくて儚い感じ、新やなあて感じ
最後はやさしい穏やかな感じ

会話のひとつひとつに長い間をとってゆっくりじっくりしたところが好きだった
吹き替えなしの料理も、大根のところ、トントントンが良い音
love1109

love1109の感想・評価

3.4
黒川芽以というだけで期待をしてしまう不思議。監督が「市井に生きる女性の美しさを演じることのできる女優」と語る彼女は、ある意味、とても映画に愛されている女優だ。月光の中に弥陀・観音・勢至の三尊が現れると言い伝えられる二十六夜。「惹かれあう」ということが、丹念に、丹念に、描かれる。