二十六夜待ちの作品情報・感想・評価

二十六夜待ち2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:124分

3.0

あらすじ

由実(黒川芽以)は、震災による津波によって何もかもを失い、今は福島県いわき市の叔母の工務店にひとり身を寄せていた。心に傷を抱える由実は、少しは外に出なければ、と叔母に促されるように路地裏にある小さな飲み屋で働くことになる。 その店の名前は「杉谷」。しかし、店主の杉谷(井浦新)には謎めいたところがあった。彼は、記憶をすべて失い、失踪届も出されていなかったため、どこの誰とも分からない。はっきりして…

由実(黒川芽以)は、震災による津波によって何もかもを失い、今は福島県いわき市の叔母の工務店にひとり身を寄せていた。心に傷を抱える由実は、少しは外に出なければ、と叔母に促されるように路地裏にある小さな飲み屋で働くことになる。 その店の名前は「杉谷」。しかし、店主の杉谷(井浦新)には謎めいたところがあった。彼は、記憶をすべて失い、失踪届も出されていなかったため、どこの誰とも分からない。はっきりしているのは、手が料理をしていたことを覚えていることだけ。今では小さな小料理屋をまかされるまでになったが、福祉課の木村(諏訪太朗)をはじめとしたあたたかな人々に囲まれながらも、彼の心はいつも怯え、自分が何者なのか分からない孤独を抱え込んでいたのだった。 孤独な、傷ついた魂を持つ杉谷と由実。ふたりは、やがて“月”と“海”がおたがいを引き寄せ合うように、その心と体を寄り添い合わせるようになるのだが、震災の辛い記憶を忘れたい由実と、我を失う事を畏れる杉谷は、お互いを思いやっていても、微妙にすれ違っていく…。

「二十六夜待ち」に投稿された感想・評価

ゆみ

ゆみの感想・評価

-
井浦くんと女イイ感じになる(わかる)→急に股間に丸めたエプロンを揉み揉みし始める井浦くん(もうわからない)→いきなりイチャイチャし始める!!(わからないってば)→イチャイチャは止まらない!!!!(受け入れはじめた)→イチャイチャは最高潮へ(再びわかる)→クライマックス直前で井浦くん飛び起きゴロゴロ部屋の隅へ(わからない)→井浦くん「僕ハ……誰ナンダ……」→私「知らんがな……」(大の字)



私と友人が楽しみに(?)していた井浦くんのお尻には、ガッツリぼかしが入ってましたとさ。ちゃんちゃん。
Ryou

Ryouの感想・評価

3.2
記憶を失った男と辛い記憶が消えない女
表情や雰囲気 間を丁寧に描いてるのは良いんだけど
内容はいまひとつかな 尺も長いし

生きていくためには
忘れなきゃいけないこともある
って言葉はとても印象に残る

黒川芽以 素晴らしかった
ほんと凄い女優だな めっちゃ綺麗だった
MATT

MATTの感想・評価

2.2
楽しみにしていた黒川芽以ちゃんの濡れ場が観れる
胸を高鳴らせ地元のTSUTAYAへ。

入荷一本!?

借りられてる。

くっ、、、

くそぉ!!


いや、、まだだ!!

まだTSUTAYAがある!!

僕はおもむろに原付に跨り
カウボーイかの如く走らせた

はいよーシルバー!

と言わんばかり

地元のTSUTAYA ver.2へ。

何?!入荷二本!?

ぐ、、、借りられてる


くそぉ!!!

たしかにレンタル初日から1日すぎた、、、

地元には黒川芽以ファンがいるのか、、、

くそぉ!!!


Mattは目の前が真っ暗になった、、、


まだだ!!

キュピーン


僕の中のフォースが覚醒した。

TSUTAYAアプリで確認しよう!

ふはは

TSUTAYAアプリで在庫確認。


うっ、ない、、
ない、、、ここも、、、ここも、、、


はうっ!!!
あったー!!!!!!!

うおー!!!

そう、3軒目にしてようやくレンタルができた。。。

頭の中では陸王さながらのJupiterが流れている状態。

帰宅前に、コンビニで高校生さながらの
1リットルのパックの梨水を購入!

期間限定で100円やと!?
やすーっ

いや、そんなことは今はどうでもいい

黒川芽以ちゃんの濡れ場や!濡れ場!
帰宅して、部屋着に着替え、煙草を吸い一旦落ち着いた。

そして、その時がきた。

DISCをプレイヤーに挿入。

再生開始。


な、なんやこの映画。

まぁいい、内容は置いとこう。

R-18映画なので本気の黒川芽以が観れると、最高潮の期待感。


あれ?

なにこれ、、、

嘘や!!

うそや!!!!!!


まさかのビーチク死守!!


IKKOの言葉を借りるならば

どんだけー!!!!!!


18禁で、ビーチクなし?!

何これ?!


どれだけ楽しみにしていたことか、、、

二十六夜待ち というけれども

こちとら365夜待ちくらい待ったぞ!

おい!!!


18禁ちゃうやん!!これ

そないやん、、、

まぁ黒川芽以ちゃん頑張ってくれてたケド、、、

可愛いけど、、、

生々しい濡れ場ではあるけど


やはりビーチクをチュパチャップスくらいペロリとして欲しかった、ということは

全男子が思うはず。


全男子を代表して、僕は問う!

何でR指定を決めてるんですか!!
映画の偉い人!

どこですか!18禁の基準とは!!どこですか!!!

でも、、、まぁあの黒川芽以ちゃんの濡れ場を観れただけでも

良しとしようか、、、

映画としても、静かで引き込まれる演出でしたし。
演技も素敵でした。

ここをスタートとして、これから大女優になった黒川芽以ちゃんのビーチクを見る日まで、、

ぼくは死にましぇん!!!
狭い空間の人の声の大きさとか
暗くてあまり見えないところとか
手に取ってよく見たりするところも
よかったけれどずっとそのまま。
終始アラタの役がイライラする。
どこに惹かれたのか分からないって思うけど、
こういうタイプをほっとけない女性っているんだよな…

濡れ場暗い。
エロにいきたいのか、
ストーリー重視なのか、
リアルさを求めてんのかよう分からん。

「イクの待ち」にした方が良かったんちゃうか
ant

antの感想・評価

2.5
記憶喪失の男と震災の喪失感が強い女が惹かれ合う物語。小説原作の2次元的な雰囲気のまま映像化された感覚で、没入感は薄かった。静かな男、井浦新はイイね。東京国際映画祭で並びで見た「最低。」がR15でこちらはR18の不思議。内容じゃ無くて、濡れ場シーンの分数で決まるって事なのかな?
はじめ

はじめの感想・評価

3.5
特に驚いたのは音。
例えば、居酒屋に入ってきた諏訪太郎のセリフと、周りの人たちの騒がしい声(ガヤ)のバランスが、普通の映画とはちょっと違うように感じた。
ガヤがかなり大きい。でも、セリフもちゃんと聞き取れる。小さい店特有の臨場感が体感的に出ている。

これをやるには、当然現場でキッチリとセリフを録りつつ、ミックスやマスタリングも大胆かつ繊細にやる必要があるはずで、しかも職人的な、プロにしかわからない細かすぎる仕事としてではなく、ちゃんと観客に(無意識にでも)わかるかたちにまで仕上げてくるのがすごいと思う。

あと誰もあえて言わなそうだけど、普通にエロかった笑
一歩引いた室内楽的な音楽も素晴らしい。
ゲル

ゲルの感想・評価

3.4
R18で濡れ場も多いのに、そのどれにもエロさが感じられなかった。
なんだか暗くてよく見えない。
由実役の黒川芽以はこの作品で脱がなくてむしろ正解だったと思う。

劇的な何かが起こるわけではなくスローペースで話が進み、終始静かな雰囲気なので、疲れているときに観たら眠くなりそう。
間が多くてじっくりと観られるので、主演二人が好きなら良いのかも。

黒川芽以のなまりは、がんばっているとは思うが普通。
東北人全員が激しくなまっているわけではない。
nano

nanoの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

3.11ムードがまだ漂う3月13日、被災地で鑑賞。

ぽつらぽつらと震災の話をする主人公に、自分の姿を重ねた。雰囲気を壊すから話してはいけないと思う、だけどこぼれてしまう言葉。ずっと胸に残るあの日の波の音。

隙間もないくらいにしがみつき、何度も肌を重ねるふたり。自分がいまここにいること、生きていることを確かめる行為。重ねる度、殻に閉じ込めてしまった心が少しずつ、少しずつ解かされていく。

「8年が杉谷さんを作っている。それでいいじゃないか」という台詞が出てくる。彼女を作っているのもあの日からの7年。それでいいじゃないか。昔なんてもういいのだ。僕は誰なんだ?なんて問わなくてもいい。今の自分が自分。
脚本・監督は「海辺の生と死」の越川道夫、シーン毎のたっぷりとした間はここでも現在。陽光あふれる奄美ではなく、涼しい風が吹き抜ける小名浜でもない、やや内陸寄りに位置するいわきのど真ん中・平(たいら)。ぎりぎり最南端とはいえやはりどこか東北らしい翳と湿り気を帯びた映像は、かつて十年近くあの町に住んだ自分から見ても完全にそっくりそのまま同じ質感を湛えていると感じました。

撮影は「ワンダフルライフ」をはじめ是枝作品を数多く手がける山崎裕。パートの面接に訪れた由実をカウンター越しに窺う場面、初めて由実に触れようと手を伸ばす場面、時にぎこちなく時に激しく揺れるフレームは心の動きに寄り添いながらもどこか俯瞰しているようで、肌を重ね合う気の昂り以上に痛みや孤独が伝わってくるようでした。夜ごと幾度も身体を交わしてやっと、穏やかな笑みと他愛もない言葉にたどり着いた瞬間が何よりも愛おしかった。8年と2時間と宙に浮いた幾度もの間を経てこその愛おしさだと思えました。

澁谷さんの劇伴は映像効果を増幅するものではなく、クライマックスを引き立てるものでもなく、二人が川べりで摘んでは活ける野の草花のようにただそこにあるものとして鳴っていました。かつて長く暮らした町に、その先の毎日を過ごす街で生まれた音楽がしみ込むように馴染んでいるのは、何だか奇跡を見ているみたいでとても嬉しかったです。
>|