ダンシング・ベートーヴェンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ダンシング・ベートーヴェン2016年製作の映画)

BEETHOVEN PAR BEJART/Dancing Beethoven

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:83分

3.5

あらすじ

「ダンシング・ベートーヴェン」に投稿された感想・評価

ゆうか

ゆうかの感想・評価

1.0
モーリスベジャール振付の「第九」を上演するまでのドキュメンタリー。
ちらっと見たことのある、ベジャールの第九が素敵そうだったので、見てみたかった。

あまり気分良く見れないドキュメンタリーでした。
インタビュアーの女優(モーリスベジャールバレエ団の監督?を親に持つ二世)が結構感じ悪い。なんでこの人がインタビュアー?と感じるくらい、インタビュー時の態度悪かったし、二世以外の特徴を感じなかった。
あと第九を上演するにあたり、東京バレエ団と共演するにあたって、モーリスベジャールバレエ団の監督が「第九は人類皆兄弟を表すものだからちょうど良いんだ。人種差別廃止を訴えられる」ていうのも、すごくやな感じ。「民族多様性云々」で留めておけばまだいいけど、人種差別廃止って言葉を掲げてアジアのバレエ団と共演すること自体、既にフラットじゃない、差別的な感じ。

気分悪いわー
megumi

megumiの感想・評価

4.2
ドキュメンタリー映画としての出来の良さと、モーリス・ベジャールの天才的な振り付けでこのスコアにしました。

ダンサーの想いの部分より、モーリス・ベジャールが、ベートーヴェンの第九に対する想いを忠実に、むしろそれ以上に可視化したことへの解説が多かったと思います。特に1-3楽章は、歌のない部分なのでそれが顕著に表れていました。

第九はもともと思い入れの強い、大好きな曲ですが、それをバレエで表現するとああなるのか、と衝撃を受けました。

昨年、東京バレエ団のモーリス・ベジャール作品を何回か鑑賞しに劇場へ行きましたが、今作を観に行かなかった事を激しく後悔。

バレエという、言葉のない表現法でも、ここまで人の心を動かすことができるのかと感銘を受けました。

素晴らしいドキュメンタリー映画でした!
年末年始に観るのに良いかと!(第九を聴けるから)
森崎

森崎の感想・評価

4.0
「第九」でバレエ。
モーリス・ベジャール・バレエ団と東京バレエ団、さらにはオーケストラと合唱団による壮大な公演に至るまでを記録したドキュメンタリー。

ストイックながらも愛に満ち溢れた構成だったと思う。
嫉妬や羨望、叱責といったゴリゴリとした狂気や野心的な物を極力排し、喜びや己への悔しさ、人と関わって生きていくためのポジティブで向上心のある面を映して団員らをダンサーとして切り取るのではなく一人の人間として見つめる。
踊る喜び、子がいる喜び、親になる喜び、ソリストである喜び、良いものを創る喜び…
何度も口にされる人類皆兄弟という言葉の通り、皆が持てるものを発揮してこの演目を完成させることの意義を感じた。

そして最後の公演のシーンは圧巻。赤と白とオレンジと茶の衣装、上から見下ろすように眺めるダンサーの円、身体に汗を光らせながらする呼吸、生命力に溢れた存在感、もっと見ていたかった。
Haruka

Harukaの感想・評価

3.7
音楽もダンスも好きだからとても興味深く、面白かった。
実際の公演を知っていたら絶対に行ったのに!
これは「舞台を作る人々や制作過程の映画」だったが、フルバージョンを見たかったなー!
日本人ダンサーが何人も出ていたのが驚き。
オスカー・シャコンさんに惚れました。
まぁ

まぁの感想・評価

4.0
ラストは涙が溢れた…

ベートーベンの「第九」を「バレエ」で表現するって…どうなるんだろう…と…♡
それを「映画」(ドキュメンタリー)で観せるって…どうなるんだろう…と…♡

「人類皆兄弟」
「希望」「愛」「命」を伝えたかったんだろうな…と…観終わった今、想う…♡

「第九」は学生時代に毎年歌っていた…♬
だから…私にとっては…「親しみのある」曲…♬
「音」「音楽」を「身体」で表現することも学んだ…♡
…なので…この作品は…私にとっては「どんぴしゃ」だった…♬

オーケストラ、ソリスト、合唱、そしてダンサー
それぞれの役割は違うけれど…「一つのもの」を作り上げていく過程を観る事が出来るのは「映画」だから出来ること…♡

「生の」舞台が…見たいな…♡
「第九」…また歌いたいな…♬
(…サビは覚えているから…心の中で歌っていた…♬)

「ボレロ」もそうだけれど…
「円」「◯」…象徴的…そして…印象的…♡

早朝から良い作品を観た…(o^^o)
KS

KSの感想・評価

3.3
多様性とは何かというテーマを、スイスのモーリス・ベジャール・バレエ団による演目ベートーベン「第九」軸に構成されたドキュメンタリー

このダンスは第九の視覚化という発言が映画でされていた。音楽を視覚化するものとしてのダンスは、現代のポップスにも通じているなと考える事もできて、2018年で言えば、シュートダンスとトラップの関係と言い換えることもできるなと思った。
バレエはにわかファンなのでこの公演は知らなかったのですが、最後のみなさんの演技はとても興奮しました。バレエの中でも創作性が強くて生命力を感じました。

でもやっぱりポルーニンの方が興奮した笑
mayukotkhs

mayukotkhsの感想・評価

3.0
ん~、ん~。
バレエドキュメンタリー特有の緊張感とか、挫折とかがほぼなく、何人かのダンサーに浅くインタビューしたかんじ、

そもそも伝えたかったのがそういうことではなく、人類みんなブラザー的なメッセージだったんだとはおもうけど、その要素もなんか薄い?し、最後のみせばも、ん~。
Ah, I wanted to see it!

この公演、生で観たかったな〜。でも監督のメッセージが終始ズレているように感じた。

新作DVDで初めて観ました。
まさしく「踊るベートーベン」!

「このバレエ(作品)は音楽を見る手段。
当時聴覚を失っていたベートーベンがこのバレエを見たら、動きと自分の音楽が一致して見えただろう...」

仏のバレエ振付師、モーリス・ベジャールの「第九交響曲」のリハーサル風景を中心に据えたドキュメンタリー。

私自身、縁あって大学時代に某市民合唱団に参加して「第九」を歌っておりましたが、このようなバレエ・パフォーマンスがあることを知りませんでした。

ベジャール自身は2007年に亡くなられているようですが、彼の遺志を継ぎアギーレ監督が、ベジャール・バレエ団と東京バレエ団が共演した東京公演のリハーサル風景と出演者のインタビューで綴っています。

最初から最後まで、リハーサルとインタビューが、第九のメロディにのせて編集されています。でも全く飽きませんでした。

そして、ベジャール・バレエ団所属の日本人バレリーナ・大貫真幹氏、東京バレエ団所属の吉岡美佳氏のインタビューも含まれています。
お二人のことを全く知らなかってのですが、世界で日本人が活躍されているのを誇らしく思えました。

ラストの十数分は東京公演の実際の模様が映されますが、欲をいえば第4楽章(合唱付き)全体を観てみたいと思いました。

これは、クラシックファンには必見の作品ですよ。
>|