イサドラの子どもたちの作品情報・感想・評価

イサドラの子どもたち2019年製作の映画)

Les enfants d'Isadora/Isadora's Children

上映日:2020年09月26日

製作国:

上映時間:84分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「イサドラの子どもたち」に投稿された感想・評価

愛

愛の感想・評価

4.3
めちゃくちゃ美しい。
魂のこもった芸術の紡がれる瞬間に涙が止まらなくなる。
HO

HOの感想・評価

-
すぐに感想書かなかったことを後悔してる、この映画を見たときの手触りを見失ってしまった……

ダンスは私より前にあり、太古から眠るそのダンスを悲しみが目覚めさせるという営みの、途方もない孤独感と祈りのごとき切なさ
3人目の女性の踊る姿がことさら心に焼き付いて、寝てしまうかもって思ってたけど引き込まれていた
3話のうち、1話目が見応えがあった。久々に聞いたフランス語のトーンが美しい。日常とイサドラのダンスを再現することの間を行き来する。ダンスをああした記号で示しているのを初めて知った。ダンスの再現が完成し、スタジオで音楽とともに一人踊るシーン。ジワジワと身内から感動の波が押し寄せて来た。
随所にテクニックを駆使している感じがひしひしと伝わってきてしまったのがちょっと〜だったけど、でも凄いなと素直に感心した。映像の色味が綺麗だったなー。
他の作品も観たい!
Mytyl

Mytylの感想・評価

3.8
かなり状況説明を省いた進行なので、もはや第3章突入まで、ある種のオムニバスであることに気付かなかった。。
ラストシーンは狙いにいってるな〜と思いつつも案の定感動してしまった。ひとえに役者の力だったと思う。
『ヴァダリナ』と2本立てで鑑賞。
こちらは居眠りしなかった 笑

バレエに縁がないのでイサドラ・ダンカンの凄さは分からない。けど、泣けた。
すごく良かった。


4人の女性がイサドラのソロダンス「母」を踊りながら、自らの心や人生と向き合う姿の尊さが心に沁み入ります。

イサドラの自伝を読み「母」と向き合う振り付け師のアガト。

「母」の公演を控え、稽古に取り組むダンサーのマノンと振付師のマリカ。

マノンの公演を鑑賞し、イサドラの踊りに想いを寄せるエルザ。

マノンはお顔つきで軽度のダウン症かなと、察しました。
マリカは愛情を込めてマノンを指導をしますが、なかなか上手く踊れない。そんな彼女が鏡に向かって「わたしならやれる!」と喝を入れていた姿に、胸がいっぱいになりました。

4人の女性が踊る「母」はみな違って、みな素晴らしかった。


多くの人におすすめという類の作品ではないかもしれませんが、心洗われたので4.0付けさせていただきます。
花粉症でめちゃめちゃ目が痒かったので次はもっと集中できる時に観たい
うまく感想が纏まらないけど、見終わって最初に思い出したのはTwitterで好きな映画を「この映画は見た後になにかが残ります!」って紹介してる人を見て「『そこから』だよな~」って思ったことだった
100年の時を経て4人の女性が各々の肉体を通して再生させたイサドラのダンス、を撮ることにはあんま興味ないんじゃねって思った。
それより1人目の女性が練習スタジオの鍵開ける時右肩で背負ってたリュックが腕までずり落ちてきたとことか、2人目の女性がコーラ飲んでゲップしてまたフランスパンを齧り出したり、3人目の女性のメガネかけてさっき見た演目のパンフを手繰り寄せるときの目悪い人特有の目つきとか、そういう機微を捉える事を楽しんでるふうに見えた。そゆのは確かに好きなんやけど、全体的にもうちょいダンス見してほしかった。
"崩壊と再生"を100年後に再構築するという、なんとも粋な試みであるが、そこには良い意味での歪さも感じる。ロメール、ホン・サンス的な日にちの表示から想像できるような小洒落さは無く、クラシックいやポスト・クラシカルの様相である。とにかく余白の美しさよ。本作の素晴らしさはそこにのみある気がするが、確かにそれこそが芸術作品としての映画の全てである気もする。この監督の作品は本作が初めてだが、手癖のようなものを感じてしまったところが個人的にあるのだが、それも見方によっては良さなのだろう。登場人物にピアノタイルを演奏させそれをBGM的に使っているところにセンスを感じた。
sugim

sugimの感想・評価

5.0
他者の思いを拾い上げることによって、自らを表現する手段を得ること。それは、他者のみならず自分の感情すら深く埋めなければ耐えきれないような不条理に遭遇する私たちの人生にとってどんなに救いであるか。
ラストシーンの祈るような眼差しが忘れられない。
>|

あなたにおすすめの記事