ダンシング・ベートーヴェンのネタバレレビュー・内容・結末

ダンシング・ベートーヴェン2016年製作の映画)

BEETHOVEN PAR BEJART/Dancing Beethoven

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:83分

3.5

あらすじ

スイス、ローザンヌ。『第九交響曲』出演のために過酷な練習に取り組むモーリス・ベジャール・バレエ団のダンサーたち。第二幕のメインをジル・ロマンから任せられた才能豊かなソリスト、カテリーナは踊る喜びに満ち溢れていた。ある日、カテリーナは妊娠が発覚しメインを下ろされてしまう。一方で、お腹の子の父となるオスカーは生まれてくる子のために良き父親になろうとしていた。キャリアが中断されることへの不安と産まれて…

スイス、ローザンヌ。『第九交響曲』出演のために過酷な練習に取り組むモーリス・ベジャール・バレエ団のダンサーたち。第二幕のメインをジル・ロマンから任せられた才能豊かなソリスト、カテリーナは踊る喜びに満ち溢れていた。ある日、カテリーナは妊娠が発覚しメインを下ろされてしまう。一方で、お腹の子の父となるオスカーは生まれてくる子のために良き父親になろうとしていた。キャリアが中断されることへの不安と産まれてくる子供への愛情のあいだで揺れ動くカテリーナ。様々な想いを抱えながらダンサーたちは、東京での第九のステージに挑む。

「ダンシング・ベートーヴェン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

モーリス・ベジャール・バレエ団と東京バレエ団共演によるベートーベンの「第九」とダンスを融合した総合芸術「第九交響曲」の2014年東京公演の舞台裏を追ったドキュメンタリー映画。演奏はイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団。

1999年以来15年ぶりの本公演に向けてスイスでの練習を開始したバレエ団だったが、第2ステージのメインダンサーの妊娠による降板や、怪我などの想定外の出来事にみまわれながらも、それらを乗り越え本公演向けて演目の精度を高めていく姿を描いている。

僕はバレエの知識に疎く、また、ただでさえベートーベンの第九はオーケストラと合唱団との競演作品なので、バレエと融合させたらごちゃごちゃして合わないのでは?と観る前は勝手に思っていたのだが、とんでもなかった。曲と振り付けとの親和性が凄まじくて見ていて鳥肌が止まらないという…
ドキュメンタリーなこともあり公演本編映像は少なめで、芸術監督や出演者達へのインタビューと練習風景が中心。芸術家特有のストイックだがポジティブな思考回路は興味深かったし、ベートーベンの第九への想いの考察やヨーロッパでの第九の捉え方などに触れられた内容なのもとても勉強になった。モーリス・ベジャール・バレエ団には日本人も所属しており、彼らへのインタビューも割と多めに収録されていた。
それにしてもダンサー80人、総出演者350人のステージ映像は圧巻。バレエと言えば白鳥の湖のような女性的で優雅なイメージを僕は抱いていたのだが、本作の振り付けはどちらかと言うと野生的で力強く、なおかつ美しさも兼ね備えていた。彼らは軽やかに踊っているが、動きはかなり激しいし、鍛えてるとはいえ成人の体重でつま先立ちを繰り返す負担は計り知れないようで、それが怪我をするシーンで初めてあらわになる。改めて過酷な職業だと感じた。
人類をひとつに!という非常に大きなテーマを含んだ公演で、バレエ団やオーケストラも多彩な人種で構成されていて、彼らの表現力が結集してひとつの作品を作り上げていく過程が感動的だった。最後の場面で語られる、たとえ自分たちが世界を救えなくても芸術は世界に希望をもたらすという言葉が印象的だった。
当然、劇中音楽は全部第九なので、しばらく耳から離れなさそう。

公演全編を収録したDVDもあるので、そちらも観てみたいと思った。
『ダンシング・ベートーヴェン』鑑賞。クロード・ルルーシュの『愛と哀しみのボレロ』がとても感動したので、それに類するものかなと期待して鑑賞。大分ドキュメンタリー寄りで、もう少しバレエのシーンを観たかったなというのが正直な感想。ドラマ仕立てでもかなり面白くなりそう。
ベートーヴェンが描きたかった人類の「歓喜」とは何か。大学の講義で第九を取り扱った際、執拗に出てきた考え方はこの曲が人類と自然の調和を謳っているということであった。声部は人類賛歌、器楽部が自然賛美という捉え方で、クライマックスで両者は融合し真の「歓喜」へと至るというもの。ジャベールの演出はどちらかというと人間に重きが置かれているようだったが、それでも普遍的な人類愛を描こうとした演出には心が震えた。
最後、ジャベールの娘が語るシーンがあるが、そこでの「たとえ世界を救えなくとも、美は人類に必要」という台詞。私が常々感じている「世界は救われないが心は救える、芸術によってのみ」という考え方に通じるものがあって嬉しかった。
また、劇中にジャベールが語る「人生は自分との闘いである」という言葉も重みがあって良かったな。誰と争う必要もないという。
ベジャール振り付けの第九を上演するまでを追ったドキュメンタリー。
バレエの練習場面の凄さ、人間の身体や動きの美しさというバレエバックステージものの面白さに加えて2つのバレエ団の共演かつオーケストラにソロ歌手、合唱団と音楽面との融合も必要な特別な公演の大変さもあって見応えありました。客席からは見えない真上からのアングルは映画ならでは。

バレエ目的で見たのですが一番感動したのが指揮をするズービン・メータの表情。インタビューされた中で最も今の状況に危機感を抱いてただけあって気迫が伝わってきました。


進行役(芸術監督のジル・ロマンの娘)が序盤で問う「人類は皆兄弟と思いますか?」に作品全体で答えていく構成…と思ってたらラストそれを言葉にしちゃうのが?だった。言葉自体はすごくいい(希望は常に勝利である)んだけど、映画としてはどうかと感じた。
Ludwig van Beethovenは好きです。特に月光ですけど。
色々な名で呼ばれますが、誰もが知っている「第九交響曲」をバレエで踊る。
そのバレエダンサーたちのドキュメントです。
とは言え、赤裸々にドロドロした世界では無くて、厳しくも、愛情に満ちた作風。

そしてバレエシーンは練習シーンも本番シーンも美しい。

オスカーが凄く素敵だった。色々な血が混じっている混血だと言っていたけど、きっと色々なセンスや感性も受け継いでいるんだと思う。美しい。