ダンシング・ベートーヴェンの作品情報・感想・評価

ダンシング・ベートーヴェン2016年製作の映画)

BEETHOVEN PAR BEJART/Dancing Beethoven

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:83分

あらすじ

スイス、ローザンヌ。『第九交響曲』出演のために過酷な練習に取り組むモーリス・ベジャール・バレエ団のダンサーたち。第二幕のメインをジル・ロマンから任せられた才能豊かなソリスト、カテリーナは踊る喜びに満ち溢れていた。ある日、カテリーナは妊娠が発覚しメインを下ろされてしまう。一方で、お腹の子の父となるオスカーは生まれてくる子のために良き父親になろうとしていた。キャリアが中断されることへの不安と産まれて…

スイス、ローザンヌ。『第九交響曲』出演のために過酷な練習に取り組むモーリス・ベジャール・バレエ団のダンサーたち。第二幕のメインをジル・ロマンから任せられた才能豊かなソリスト、カテリーナは踊る喜びに満ち溢れていた。ある日、カテリーナは妊娠が発覚しメインを下ろされてしまう。一方で、お腹の子の父となるオスカーは生まれてくる子のために良き父親になろうとしていた。キャリアが中断されることへの不安と産まれてくる子供への愛情のあいだで揺れ動くカテリーナ。様々な想いを抱えながらダンサーたちは、東京での第九のステージに挑む。

「ダンシング・ベートーヴェン」に投稿された感想・評価

ま

まの感想・評価

3.3
東京公演で第九を踊るまでの練習風景を取り上げたドキュメンタリー映画。
生きる上で趣味は必要ないけど人の心を満たしてくれるものらしい。
オーケストラと合唱団とバレエが組み合わさったシーンは全部観てみたいと思った。
舞台だけでは感じられないソリストの息づかい、筋肉の動きを細部まで見られる。
オスカーの踊りは実に美しかった。
kazu

kazuの感想・評価

4.3
何故か、長い年末年始のお休みを過ごしてるうちにFilmarksから遠ざかってしまい、危うくドロップアウトしそうでした。
フォロワーさんに引き戻され、出戻りです。
皆さん引き続き、お付き合いの程よろしくお願いします。


では、本題に入ります。

フォロワーさんの好評価&お勧めもあり、期待値高めで鑑賞しました。

1964年に初演され、天才振付師の故モーリス・べシャールが率いる“20世紀バレイ団”が、1999年まで公演をしたベートーベンの「第九」を舞台にした20世紀バレエ史上に残る傑作と言われた伝説のステージを、2014年に「東京バレエ団」創立50周年記念シリーズとして、「モーリス・べシャール・バレエ団」との共同制作を追ったドキュメント作品。

「芸術は死に向かって絶望する人間を救うことが出来るか?」

この作品を観るまでは、自分の中で“芸術”をを図る物差しがありませんでしたが、今回ハッキリとした物差しが出来ました。
私の中で芸術とは、感動で心が打ち震える物が在るか否かです。
それは、時には圧倒的な迫力であり、時に静かに心に沁み渡る物でもあると思いました。

「芸術は死に向かって…」の一文は、パンフレットの中で映画ジャーナリストの金原由佳さんが書いていた文言を引用しました。

私は、救うことが出来ると思います。

もし死に向かってる人が、80人のダンサーとオーケストラ、ソロ歌手、合唱団を加えた総勢350人で行われる演目を目の当たりにしたら、確実に生きる事を選ぶでしょう。

芸術は決して難解な物では無いのですね。
例え、B級映画と言われる物でも、自分が感動して生きる活力になれば、それは自分の中では芸術作品になり得ます。
りん

りんの感想・評価

-
バレエの知識は全くないし、正直全て理解できたわけじゃない気がするけど、文字通り言葉を発さず全身で表現するバレエってすごいなと。
そして、ああやっぱり何か第九ってすごい曲なんやな、色んな時代の世界中の人々を惹きつける何か魔力を持った曲なんやなと改めて感じた。あんまり好きじゃなかった二楽章も、悪くないな、なんて。
バタバタしたりダラダラしたりで年末に観に行きそびれた本作、やっと観れました。

バレエの知識は全くありませんが、去年観たセルゲイ・ポルーニンのドキュメンタリーにとても感動し、バレエの美しさに魅了されたし、クラッシック音楽も特に興味ないですが、子どもの頃に父親が第九のコンサートに何度も連れてってくれたせいか、第九は特別大好きで、年末に息子とコンサートにも行ったところです。

この作品は、モーリス・ベジャールのバレエ団が1964年から世界各地で踊ってきた伝説のステージ「第九交響曲」をベジャール亡き後に初めて東京で再演するまでを映したドキュメンタリーです。

ベートーベンの第九に合わせての踊りが素晴らしく、音楽のイメージにとてもマッチしていると思いました。
シラーの「歓喜の歌」にベートーベンが付けた音楽をバレエによって解釈し表現する。
振り付けや踊りが見事なのはもちろんのこと、肌の色、国籍、性別などの違いを超えて、みんなが繋がってひとつのものを作り上げる喜びや崇高さが伝わってきます。
歓喜の歌を、このような人々の融合、平和というテーマで捉えてバレエにしたということにとても感動しました。

バレエ団には世界各国のダンサーがいるのですが、日本人も大活躍です。
今回の舞台が東京であり、東京バレエ団と共演しているのがうれしくもありました。

第九って第1楽章のはじまりから第4楽章の終わりまでが全部素晴らしくて、一瞬たりとも退屈するところがないくらい、どの楽章もどのフレーズも大好きなんですが、そんな第九をダンサーの躍動とともに聴けるというのが嬉しすぎて、終始興奮してました。

東京公演までの道のりがメインなので、本番のステージは少しだけしか観れなかったので、たのむー!全部見せてくれーー!と叫びたい衝動に駆られますが、これはこれで十分に素晴らしく満足できました。

とても幸せな気持ちになりました。

2
2か月に一回ぐらいのペースで観る、ヒューマントラストシネマの文芸系ドキュメンタリー映画(メットガラとかセルゲイ・ポルーニンとか)
 
「ダンシング・ベートベン」ってナポレオン時代のドラマとかかと思ったら、バレエ団(モーリス・ベジャール)の演目だったのか。ベートーベンの第九に生前ベジャールが振付した演目を久しぶりに再演するという内容。
 
ポルーニンがそうであるように、この作品もバレエ門外漢の自分に技能的な評価はできないけど、東京公演を取り上げているいることもあって割と観やすかったと思う。グループを対象にしていることもあって、個人のドラマ的な演出はそんなになかったと思うし。
 
途中、三浦雅士氏が英語でインタビューを受けるシーンがあるけど、第九のバレエを観た感想を日本語で答えてと言われて答えに詰まっていたのが印象的。母語だとかっこつけて話せなくなるというのはありそうな気もするけど、単にいい表現が思い浮かばなかっただけかもしれない。
 
作品とは関係ないけれど、ヒューマントラストシネマ有楽町で文芸作品を観ると、毎回マナーの悪い客に遭遇する。今回は隣の年配の女性がずっと袋のようなものを手で触って音を立てていたので、途中で文句を言ったら収まった。割と空いていて抑制が効かない年配の人が多いからかなぁ。
人間の身体はなんて美しいんでしょうか…
(エンドは微妙だったけど)
Kelly

Kellyの感想・評価

3.6
ところどころ挿入される自然の風景など、映像表現がおもしろいドキュメンタリーでした。ダンスにしっかり魅せられるのは良いんですが、最後の出来上がった公演はもっと見せ切って欲しかったと思ってしまい、やや消化不良な気持ちになりました。しかし、感情をばしばし表現されると、やはり感動しますね。
自分がドキュメンタリーに求めているのは「葛藤」「障害」「克服」と言った少年漫画要素なようで、、この映画にも勿論そんな描写もあるのですが、割と淡々と話が進み、部隊が出来上がっていく様子を様々な視点を通し見ることとなり、沸点は低め。
memomemo

memomemoの感想・評価

4.2
ただのバレエの映画ではなく、舞台を作るまでの過程、意図、構成など含めてベジャールの考えに触れられる。それを知った上での最後のバレエを見るとさらに感動。本番の舞台をもっと見たかった。#人類皆兄弟という感覚をもってもらうためのもの #希望は常に勝利である。
>|