サニー/32の作品情報・感想・評価・動画配信

サニー/322018年製作の映画)

上映日:2018年02月17日

製作国:

上映時間:110分

2.6

あらすじ

「サニー/32」に投稿された感想・評価

KED

KEDの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

元ネタがあるから見た。
でも元ネタの映画では無く
元ネタを元に作られたやつらしい。

最初の30分くらいは面白いかなって思って見てたけど、見れば見るほどそんなに面白くなくなっていった。
生きることは辛いことです…。中身はあるようでない?ないようである?

こういうコミュニティーとかネット配信本当にありそう…。そこまで追い込まれるまでなんかね?人間関係って。逃げちゃえばいいのにねぇ~。

エヴァ風の死亡告知テロップ(笑)

ヤクザピエール、チンチンカキカキリリーコンビは鉄板ですなあ。映画自体はいかがなものかと…。

門脇麦の演技だけがズバ抜けてて…。

あぶない人たちの集まりですので、真似しないように。

ドローンにぶら下がることはできません(笑)

ゆうくんのひとりごと

『読書のチカラ』って齊藤孝の本読んでますが、なかなか手厳しい…(笑) もっと自由でいいと思うんだけどな~読書って…新聞読まない人が何を言うかぁぁ!?って怒られそう(笑)
リリーさんとピエールさんのコンビで白石監督だから間違いないだろうと思って期待して観たら話が全く面白くなかった…

題材とか予告の映像とかポスターまではすごく良かったのに、肝心の中身がスカスカだった。もうちょっとやりようがあったんじゃないかなと思った。
nok

nokの感想・評価

-
シリアスとコメディを両方良いバランスでやろうとしてどっちつかずで最後まで走りきる系ムービー

リリーフランキー、ピエール瀧、門脇麦、この3人が居なかったら正直最後まで観るの厳しかった
北原里英は、機能性構音障害があるんですよね。
母音のあいうえおのい行の発音が不抜けちゃう。

例えば刺身さしみ、さぁしぃみぃ、しとみの発音が少し変わっていて、側音化構音といいます。
訓練で矯正出来るとは言われてますが実際のところはどうなのか定かではありません。
この子を見るといつもこれが気になってしまいます。

映画は、崇め奉られた小学生殺人犯を拉致監禁するお話です。
罪を犯した当時小学生だったが、大人になり監禁され心情がどう変化していたのか?を描いています。

殺人の罪は何をしても消えない、許される事は絶対にないんだ、と心からのセリフが胸に刺さりました。
犯罪は、ある一線を超える事。
それが出来ちゃう人のメンタリティはやっぱりどこか狂っているのだと僕は思います。
例えそれが理性的じゃない状態だったとしても。

超えられちゃう人はヤバイと頭に叩き込んでおいた方がいいです。
軽犯罪でも同じ事なので。
あらた

あらたの感想・評価

3.0
あまり良い評判は聞かなかったけど、なかなかどうして、表層だけ見れば構成・展開はわりとおもしろい。
しかし、NEVADA事件という実際にあった事件を下敷きにしているのに、リアリティレベルがとても低く設定されてるという違和感が大きい。
あの事件をエンタメとして、しかも低いリアリティで消費してしまうことへの嫌悪が先に立ってしまうところがどうしてもある。
それと、録音・ミックスのクオリティが低い。
ハリー

ハリーの感想・評価

2.5
佐世保小6女児同級生事件を元にしてるらしいけど、加害者をネットで神格化してるのが同じだけで後は全くの別物。ネバダたんに謝って下さい。ピーエル瀧とリリー・フランキーのせっかく変人っぷりが台無し
なんか残念だな。
題材は悪くない。もっとやりようあったと思う。なんだかな。もったいない。
なんで、きたりえなんだろう。
nmt4410

nmt4410の感想・評価

2.0
ピエール瀧とリリーフランキーと門脇麦の無駄遣い。きたりえの演技は悪くなかった。
ryo

ryoの感想・評価

1.5
評価悪いけど凶悪の監督とコンビだしさすがにおもしろいとこもあるでしょって思って観たけど、全然面白くなかった。
最近のよくないところが出てる園子温の映画みたいだった。
>|