サニー/32の作品情報・感想・評価・動画配信

サニー/322018年製作の映画)

上映日:2018年02月17日

製作国:

上映時間:110分

2.6

あらすじ

「サニー/32」に投稿された感想・評価

gumico

gumicoの感想・評価

2.0
佐世保小6女児同級生殺害事件をモチーフにした作品。なんだけど…違う、そうじゃない。せっかくの題材と役者が勿体ない。
誘拐された直後からずっとよく分からない映画でした。最後盛り返すかと思ったけど、そんなこともなく。始まり方はよかったんだけどなー
Log

Logの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ネットのノリがリアルでちょっと引いてしまった。ルッキズムで対応変わる感じが……。
セカンドレイプしんどかったです。冗談という免罪符を使えばなんでも許されるというわけではないですよ!
「歯ブラシはまだ使える」LINE、もしかしてストーカー使用しましたか?気持ち悪すぎます。
いい先生だけど共感を示すのは悪手だなと感じました。思春期は難しい年頃なので…。
楽しんでたんじゃないの?とセカンドレイプした男性教師がストーカーだったとは…。パトカーに乗せられていても笑顔でこちらを見てきて気持ち悪かったです。
写真プレート付きのケーキ、恐怖……。
柏原は家庭も仕事も捨ててサニーへの気持ちだけを持ち続けてきたことを愛だとかぬかしておりますが、それは愛ではなくただの執着心では?と思いました。
この映画しんどすぎます。色々と辛いです…。
助けに来てくれたと思った人もサニー信者なのキツすぎる。絶望とはこのことか。
比較的まともそうなおじさんが刺された…。そして死んだ…。またもや絶望。
無理矢理暴力を振るうように仕向けるの、恐ろしいです。
赤里さんがどんどん正気を失っていくの悲しいです。どうか助かってください。
暴力行為の後抱きしめて共感示すの怖すぎる。完全に正気を失いつつあります。宗教…。最初の生徒への対応とある意味似ているな…と感じました。
数字で価値を測る的なこと言ってたけど、自分もそうなりつつあり、承認欲求とは恐ろしいですね。
本物のサニーの殺害理由、身勝手だけど悲しいです。
まさにカオス。救いはどこに…!?
カオス具合が『みんな死んだ』に似ていました。
結局向井さんは殺さなくて良かったです。最後赤里さんが向井さんを抱きしめるシーン、良かったです。
白石監督好きだけどこれは合わなかった
主人公が急に覚醒したのも謎だし最後のドローンのシーンもギャグで冷める
あおぽ

あおぽの感想・評価

2.5
サスペンスではなくコメディ…?
実話を元にした物を、ハッピーというか良かったね方向持っていくの好きじゃないなあ…。
評価低いけど怪演俳優陣だしなんだかんだ面白いだろ!と思ってみた。
とっちらかってる。
ごぶ

ごぶの感想・評価

2.5
佐世保小学生殺人事件をネタにした映画。
事件当時はNEVADAとしてネット上でめちゃくちゃさわがれましたね。
かく言う自分も不謹慎ブログを作った思い出があります。

映画自体は事件の詳細がわからないから、実録ものでなくて、事件のその後を膨らませたもの。
よくある殺人事件を元にした悪ふざけしすぎ映画…もっと陰惨なものを期待してたかな。題材的に厳しかったか〜。
面白いんだけど、ちょっとストーリーがなぁ。
白石監督のハズレ作品。
宗教❓
弱肉強食。

良くも悪くも、忘れて棚に上げちゃうんだわね💧
ネットによって神格化された犯罪者の少女を崇拝する信者たちが、同姓同名の女性を誘拐するサスペンス。
佐世保小6女児同級生殺害事件がモチーフ。みんな愛されたいけど、愛されかたがわからない。
北海道小学生同級生殺害事件、所謂"サニー事件"。"犯罪史上、最もかわいい殺人犯"。新潟の中学校教師・藤井赤理。"32タンポーズ"。謎のドローン。"momo LIVE"。静電気で"神降臨"。"キタコレー!!"。2月28日はサニーの日。本物のサニーの指折りの罰。「ずっと会いたかったよ、サニー」。「みんながサニーと呼ぶなら、私はサニー」。「さあ、冒険の始まりです。私を探し出して罰を与えてください」
yutorie

yutorieの感想・評価

1.1
出ている俳優達にも黒歴史では?目が死んでいる。
制作スタッフは納得しているのか?監督は満足なのか?スポンサーは作り直しの指示出せないのか?
これいいっスよとか会議とかで盛り上がっているのでしょうか?
azkyon

azkyonの感想・評価

2.3
辛抱強く最後まで見た。

犯罪者を教祖のように奉るってのがよく分からないんだよね…。
>|

あなたにおすすめの記事