IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

上映館(352館)

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。2019年製作の映画)

It: Chapter Two

上映日:2019年11月01日

製作国:

上映時間:169分

ジャンル:

「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」に投稿された感想・評価

ペニー・ワイズの出番多めでうれちい
ストーリーもいいけど、ほとんどキャラ萌えしてた
原作とラストは違うけど、監督の優しさが溢れるストーリー。涙腺緩んじゃう。トラウマの物語で、パート1より原作のテーマはこっち。旧作のITより迫力やら何やらは凄い事に。
ka

kaの感想・評価

3.5
バケモノより人間のほうがよっぽど怖い。びっくりするけどそんな怖くなくてむしろ笑っちゃうとこある。
もすり

もすりの感想・評価

3.2
前作は全くハマらなかったんだけど、今作は割と楽しめた。でもそれはホラー的な楽しみじゃなくって、何かのアトラクション的な楽しみ。老婆のシーンだけはめちゃ怖かったけど、何より怖いのはゲイカップルをボコボコにするチンピラ達ね。

終わる物語でよかったね。
”ルーザーズ・クラブ”が
27年の時を経て再び故郷デリーへと!!
”もしアイツがまた現れたら
その時はみんなでここに再び集まろう”
恐怖と対峙し打ち勝ったあの日
仲間達で立てた誓いを果たす時が、
そして決着をつける時がやってきたぞい!!


満を辞して
後半chapterの公開となりましたね、
おめでとうございます。
はて、前作では
ビル、ベバリー、ベン、リッチー、エディー、マイク、スタンリーら
まだまだ小さい子どもではあったものの
”ルーザーズ・クラブ”の見事な活躍により
地下下水道にて”それ”は倒された…


…かに思えたんですけどねぇ〜
まあ現実そんな甘くないっすね、笑

仲間とともに恐怖に立ち向かった1989年9月のあの日から経つこと27年、
悲惨なバラバラ死体、相次ぐ児童の失踪事件、
あの日以降も町にずっと残り
”それ”の調査をし続けていたマイクは
再び”アイツ”の活動周期に入ったことを悟るんですね。ほんで
今やすっかり疎遠となり
町を出てバラバラになっている”ルーザーズ・クラブ”の面々に
連絡を取るところからです。


忘れたい嫌な記憶や美化された記憶、
再び迫りくる想像を絶する恐怖、
そして今回も肝となるのは一致団結でした!!
作品の魅力を話せば尽きませんが
他のホラー作品にはそうない
引きつけられる人物描写だったり、仲間同士のたしかな絆だったり、
感動すら覚えるラストや設定の面白さも含めたストーリー、
これですね!!
原作のラストとは違った結末を迎えてますけれど
こっちはこっちで良いと思います。
IMAXにて視聴
意外と怖かったし、意外と泣けました
ホラー要素っていうより、人間ドラマ的な部分が好みでした
あとペニーワイズが生まれた背景とか垣間見えて、良かったです
個人的にはその辺の話をもっと聞きたかったなあとも感じます
amao

amaoの感想・評価

3.5
恐いし、笑えるし、感動もする。
これ以上無いエンタメ作品だった。

ありがとう、ペニーワイズ。
映画の好き嫌いは人それぞれだからこの映画が好きな人がどうのこうの言うつもりはないけど、とりあえず私にとってはクソつまんなかったです。でもまぁ最近の貞子みたいに見てらんないような映像ではなかったです。CGとかは流石って感じでした。

作品の内容はまず上映時間が長すぎる。3時間近くの映画なんてそんな物珍しいものでもないけど内容が面白ければそんなの長いとは感じない。けれどこの映画はジャンプスケアだけで何も恐怖が残らず、しかも同じようなやり方が延々と続く。一瞬で飽きました。
初代itは前後編一本で3時間だったにもかかわらず長いと感じた。だから前後編に分けたのかと思ったら後半だけで3時間って頭おかしいんか。ホラー映画を見るというよりもお化け屋敷に入ってるみたいな感じでした。
1日の1/8を無駄にしてクソホラー映画を見たいという人は是非見てください。僕は二度と見ません。
まゆ

まゆの感想・評価

-
ハリーポッターを観ている時と同じ気持ちになった。

1よりもいろいろな生き物が出てきて、ペニーワイズはエイリアンシリーズでも観たんか?と思った。27年間待ち続けたペニーワイズの「待ってました!!!」感がすごい。テンションぶち上げペニーワイズ。

2を観るなら絶対に1を観てから!気持ちの入り方が全然違う。ルーザーズが愛おしくなる。ホラー映画というよりは、青春映画。

ルーザーズよ永遠なれ。
驚かせ方はワンパターンだけど、ビックんビックんしながら観てた
>|