さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物の作品情報・感想・評価

さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物2003年製作の映画)

Desperate Man Blues

上映日:2018年04月21日

製作国:

上映時間:52分

あらすじ

アメリカはメリーランドに暮らす、最強のレコード・コレクター、ジョー・バザード。自宅の地下室に降りるとそこには壁一面に78回転のSPレコードが鎮座している。 その昔、発売当時たった10セントで売られていたブルース、カントリー、ブルーグラスなどなど様々なジャンルの貴重なレコードを、彼は大事そうに一枚一枚プレイヤーにかけ、踊ったり口ずさんだりしている。20世紀初頭、ラジオと並んで音楽が人々の手に…

アメリカはメリーランドに暮らす、最強のレコード・コレクター、ジョー・バザード。自宅の地下室に降りるとそこには壁一面に78回転のSPレコードが鎮座している。 その昔、発売当時たった10セントで売られていたブルース、カントリー、ブルーグラスなどなど様々なジャンルの貴重なレコードを、彼は大事そうに一枚一枚プレイヤーにかけ、踊ったり口ずさんだりしている。20世紀初頭、ラジオと並んで音楽が人々の手に入るきっかけとなったSPレコードの普及から、誰もがいつでも音楽を享受できるようになる現在まで、アメリカ音楽は世界中の音楽好きの耳をとらえてきた。 自分の本当に好きな音楽を聞くために!あらゆる音楽ファンが抱く願望を体現する、この男のミッションは「本物のアメリカン・ミュージック」のレコードを探し、救うことだった!

「さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物」に投稿された感想・評価

一曲終わるたびに思わず拍手しそうになるほどの異様なライブ感に満ちた『ラスト・ワルツ』に続いて、失われたルーツミュージックの手掛かりをボロレコードから紡ぎ出す躁じいさんの映画を観た。本当にただ趣味が高じただけの人で正直映画にするほどのものは何も感じなかったが、彼が曲に合わせて痙攣するほどテンション上がってるのを見て「これでいいんだな」と何か安心した。ルイスブラザーズだか何だかいうマジでど田舎の土着カントリーを聴けたので全然もとはとれた感じ。カントリーも田舎に行くとかなり強烈にアイリッシュが残ってるんだな〜。
家に帰ってライ・クーダーの『ジャズ』を繙いたら映画のおじさんと結構同じ発想のアルバムだった。
2003年に制作された中篇ドキュメンタリー。
世界の片隅でこんな映画が撮られていたなんて!

今でもレコードを愛するレコード好きには外せない映画、と思いずっと楽しみにしていました。
レコードと言っても我々が知っているLPレコードではなく、僅か3分ほどで終わってしまう、LPの前身の1分間に78回 回転するSPレコードですが。
その3分間の芸術が詰まった幻のSPを求めて、何十年もアメリカ中を探し求める姿は、まさにコレクターの鑑。
蓄音機は良い音がしない。
1930年代までのアメリカン・ミュージックが最高。
だからロックはダメ。
と独断と偏見の塊てもありますが、あくまでも趣味の世界のはなしなので許せてしまいます。

自分はコレクターではありませんが、好きなものを追い求める楽しさがよく伝わってきました。
タイトルや、あらすじの内容が
とても興味深かったので迷わず鑑賞。

作品の主な内容は、主役のレコードコレクターのコレクションからの貴重な音源鑑賞と
レコードコレクターである主役の熱い思い(オタ話)。
なのでレコードや音楽に趣向を持たない人達には退屈で、しょうが無い映画なんだろうなぁと。

あと作中で主役がロックを、けなし飛ばすので
ロック至上主義な方にも不向きな映画かも。

2018年4月に映画館で鑑賞
ENDO

ENDOの感想・評価

3.6
コレクターの真髄。手に入れるためには距離だろうが、時間だろうが浪費しようが何が何でも手に入れる。それが文化的な遺産となった時に成就するのであれば評価されるのだろう。50年に渡って探し続ける情熱。憧れる。そこまで好きなものがあるだけで生きる目的となる。人生を捧げるというのは貴い。実行している人が世の中にはどれぐらいいるのだろうか。仮に何の役に立たないとしても。
レコード愛をかきたてられるいい映画だけど、こういうおっさん身近にいたら実際のところ超めんどくさそう
芽

芽の感想・評価

3.0
日曜のお昼にテレビ番組でやってる感じのドキュメンタリーだった。カントリー系の音楽ってディズニーでしか聞いたことなかったからすごいわくわくした。お爺さんレコード聴いてる時のリズム取ってる感じと半ズボンと靴下がよかった。
2年振りにピーター・バラカンさんに逢えて感激した。サントラ聴きながらこれ書いてるけど、高校時代に聴いてたノイズクリアなチャーリーパットンのYoutube録音全集が消えてしまった事
を思い出して歯痒くて泣きたい気分になってる。ホントに雑音ゼロのスッキリした演奏だった。それがチャーリーパットン初体験だったので胡蝶の夢みたいで辛いのです。
ryok0913

ryok0913の感想・評価

3.5
レコードストア・デーに封切られたので観て来た、ジョー・バザードという米国の
超頑固オヤジのレコード・コレクターの
ドキュメンタリー映画。

彼がターンテーブルにかけるレコードは
民家や蚤の市で掘り出し物のレコードを発掘した古いブルース、ジャズ、カントリーといったSP盤ばかり。ロックは断固認めない。

彼が大好きな音楽を聴いているときは身体を揺すり、葉巻を薫せながら満面の笑みを浮かべ、心底幸せそうだ。

あぁ、皆んながこの人みたいに音楽を愛せたらいいのにな、と思った。
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.5
いや もう師匠 最高っす!
こうなりたいもんなぁ こんなジジイになれっかなぁ
傍若無人にロックの事をボロクソ否定しまくってるのは共感しづらいけど 言わんとしてる部分には納得かな

とにかく"愛"が凄いっ 趣味というより その道の職人だし ある意味で信仰に近い
時代がそうだったから仕方ないのかもしれないけど また"78rpm"って…あの扱いや保存の難しさを 我が子を愛でるように見守る表情の安らかさといったらもう…
つーか あんだけ大量のレコードの中から すぐ持ち出せる記憶力もスゲェ!

ぶっちゃけ 知ってる音楽がほとんど無いっ
それでも このジジイの偏った意見と雑な解説を聞いてると アメリカンミュージックのルーツが垣間見えてくるというか "垣間聴こえてくる"わけで しいては音楽史 アメリカ史の紆余曲折さえ その盤に刻まれていようもの
作品自体は10年以上むかしだけど きっとこのジジイは今も"78rpm"を探し求めて さすらっていることだろう
レコード・コレクターの大先輩がありがたい言葉を連発。アメリカのルーツ・ミュージックに疎くても、ジョー・バザード氏がかける曲の素晴らしさは音を聞けば一発でわかるし、お目当ての盤が見つかったときの感動は体験として共感しまくり。その上、彼は集めた盤の整理整頓、収納までちゃんとできている。見習いたい。