鍵の作品情報・感想・評価

「鍵」に投稿された感想・評価

どろどろねっとり。ホラー映画と見紛うような手の込んだ絵作りはさすがの市川崑。
Alex

Alexの感想・評価

3.8
最後みんな死んだのは思わず笑った
でも、笑うのが正しい反応なんだろうなあのオチは
谷崎潤一郎作だけどまるで乱歩の世界観のような。好きでした
どこを切り取っても一枚の写真にそのまま出来そうな撮り方も。特に木のざわめくインサートが好き。木のざわめき、、気のざわめき、、
予告編では「現代の怪談」と謳っていて、日本家屋と陰影は今にも金田一さんが出てきそうな雰囲気

どこか見覚えのあるような、他の映画とかぶるなぁとずっと思っていたけど出てこない

叶順子があんな地味になるんだからメークってすごいね。話題の眉毛もシーンによって変わってますがな

コミカルな演技が魅力の北林谷栄が不気味さに拍車をかけた上に全部もってっちゃった
京都が舞台。しかもまたしても実家の近くが舞台で、子供の頃の記憶に残る民家が出てきたのでかなり懐かしかったです。たまには帰省しないとな…。

大人の色気ありすぎな京マチ子(35)の関西弁が本格的でいい感じでした。あと眉毛がなんか変だったけどこの頃はこういう眉毛が流行ってたんでしょうかね。

\ / ←こんな感じ。まじで。

『羅生門』を観て以来、京マチ子出演作を何本か観てきたわけですが、たしかに京マチ子の眉毛は変なことのほうが多かったけど、この映画の眉毛が一番変でした。そしてやはりこの方はどこか怖いのでありました。

ストーリーも後半へいくと意外な展開に。ある意味まさかのホラー展開でした。そして物語が進むにつれ妖艶さが増していく京マチ子!
映画男

映画男の感想・評価

3.0
誰も表情と声に感情がない。京マチ子の鬼みたいな化粧。とにかく不気味な映画。
こめ

こめの感想・評価

-
光と影の使い方がめちゃカッケー!!
凝った画面構成がすごい(凝ってない人なんていないだろうけど。。)

いろいろさ~そりゃそうなんだけどさ~面白かったなあ~
し

しの感想・評価

-
自分の愛する妻を他の男に差し出す谷崎あるあるマゾヒズムの話だと思っていたけど、後半がサスペンスっぽくなってる。
原作はどうなんだろう、気になります。
谷崎潤一郎の原作は未読。
最初から全員が全員に隠し事していて嫌な予感しかしない。
でも「嫌な予感...これはもしかしてそういう展開!?!?」って思ってたの軒並みスルーで胸の中ざわざわしたけど結果全然関係なかったなど、
話の先も結末も全く読めなくて面白かったです。
会話というか台詞っぽいのが逆にこの映画には合ってた。
みんな本心じゃあないって雰囲気が出ていて。
不思議な映画だった。
これで18歳未満鑑賞禁止な60年前って厳しいというか慎ましいというか。
京マチ子さんの背中なめらかで日本絵画のようでした。
(2018/03/01 Amazonビデオで)
か

かの感想・評価

3.0
なんやえらそうに


古美術鑑定家で有名な剣持家に何かと接触する大学病院の木村。
木村は妻と娘両方と関係を持つ。それを知った上で、娘と木村の婚約を勧める夫。
奇妙な一家の不協和音
>|