15時17分、パリ行きのネタバレレビュー・内容・結末

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、500名以上の乗客全員が恐怖に怯える中、幼馴染の3人の若者が犯人に立ち向かった――。

「15時17分、パリ行き」に投稿されたネタバレ・内容・結末

実話っていうのがすごいよね
ラスト30分だけで満足しちゃうけど。




〈記録用〉
クリントイースドウッド87歳!
主役の三人、ルックスグッド!
本人が演じてることもあって、とてもリアル。3人の関係性も良く表されてる。
この3人じゃないと、あの状況でテロリストに立ち向かうことはできなかったと思う。
列車での再現もとてもリアルで、テロリストに銃を向けられても向かっていったスペンサーは本当にすごい。救命士として訓練を受けていたことも、銃について知識があったのも、本当に彼らが言うように神の導きで、その日のために生きてきたかのような。楽しいヨーロッパ旅行が一転してしまったことには間違いないが、あの列車に3人で乗り合わせて、あの行動が出来たのは奇跡であり必然だったのかも。
当の事件に割く時間は後半だけで、前半部は主人公らの生い立ちに割かれていた。正直、それほど見応えはない。アンビリバボーや世界まる見えで紹介されるお話ていどで済む内容…
飛行機の中で英語字幕で見てしまったので理解度が40%くらい(もう一度見なければ…)

当事者達による映画、ドラマ性とか無いのかなあとも思ってたけど主人公達の半生を描きながら、伏線張ってたりしてたのは結構感動したし本当に彼らはヒーローだった
旅行記か?ってくらい旅行のシーン長かった。テロのシーンは誇張してなくてすごくリアルだったと思う。
本人たちが演じてたっていうのが驚き。
本人が出演しているとのことで、他のどの映画よりもリアルな内容

普通に観光をしていて
普通にパリに行こうとしていた
テロとは、普通の生活にいきなり入り込んできます。

最後の、犯人は300発もの銃弾を持っていたという言葉には驚きました。
銃を奪われた時の1発しか使わなかったのかな?

彼らが偶然あの場所にいて本当に良かったと心から思いました。。
2015年8月21日、高速鉄道タリスで突如発生した銃乱射事件。その車内に乗り合わせた3人の幼馴染たちの、犯人に立ち向かう勇気ある実話。

休暇でヨーロッパ旅行中の3人が乗った鉄道内での事件発生。
銃を持った犯人に立ち向かうなんて軍人だからできる、とかではなく、1人の人間として本当に凄いことだと思いました。行動を起こすことが大切、見ているだけではなにもできないこと。全くの人事ではなく日本でも物騒な事件は実際に起こってしまっているけれど、やっぱり身近で起こったら自分は何も出来ずに逃げる側なんだろうな、と。困ってる人がいたら助けてあげられるような人間性を持ちたいものです。色々考える映画でした。
ストーリーの流れとしては好き。最近の時代に合った映画だと思う。
ただ、タイトルが列車の話なのに、列車に乗るまでの前置きが平凡で長い。そして、乗ってから話が終わるのは早い。そのためか、話にのめり込めなかった。
けど、これ実話の本人達が演じているということでプラス0.5点!
最初に明記してくれればのめりこめたのに。
主役3人が本人だったことにびっくり。
観光の場面とか少し間延びしている気がしたけど、最後それを知って物足りない感が打ち消された。実話を俳優さんが演じた映画とはまた違うメッセージを受け取った感じがする。
>|