15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.7

あらすじ

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、500名以上の乗客全員が恐怖に怯える中、幼馴染の3人の若者が犯人に立ち向かった――。

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

かな

かなの感想・評価

3.7
本人らが演じているということに驚いた。
少年の頃は大人に認められずに辛い経験をし、結束していた3人が大人になり世間に讃えられ感謝される存在になれるなんて。他人の評価なんて意味の無いものなのかもしれない。
いつ何が起こるか分からない世の中で勇敢に立ち向かって行く勇気は素晴らしい。確率としてはとても低いかもしれないが最低限自分の身を自分で守れる何かを持っていないといけないと思わされた、
Akiyo2

Akiyo2の感想・評価

3.5
結果的に幸運にも生還して映画にも出演できたから、良かったね!
yasu444

yasu444の感想・評価

3.6
それが起きるまでのストーリーとそれでの出来事のギャップが面白い。
ボブ

ボブの感想・評価

3.7
思っていたストーリーと違いましたが、ドキュメンタリー調の前半の話が後のテロ事件の伏線になるのだなと。
YukoMiyata

YukoMiyataの感想・評価

3.8
実話に基づく感動のストーリー。序盤がやや長いがそれが伏線となって勇気ある行動への理解が深まる。
naberu

naberuの感想・評価

3.3
予告やジャケットからテロの様子が緊迫感をもって描かれてるンだろな~と勝手に想像していったらそんなことはなくテロに会った三人の出会いや背景がほとんどでした。

ただまぁそれがあってラストが際立つから良いのだろうけど肩すかしをくらってしまった感...

誰もがドラマを持っているってのも納得ですがそれは何か行動を起こした人ほどそうなのだろうなと見終わってから感じました。あの時あぁしてれば...

それにしてもベネチアはほんとに素晴らしいですね
俳優さんたちが途中で出てくる映像の人たちにそっくりだなと思ってたらまさか事件に関与してる人たちをそのまま出演させていたとしって驚き。
ストーリーは、どうやって犯人を倒したかというより、事件の前まで物語の主要3人がどのように知り合ったか、暮らしていたかがメイン。
パリのテロ事件を実際に居合わせた人たちで実写映画化!なんて超意欲的な、、、齢80を越えた御大が、、、なんて身構えてたら、主人公三人たちによるドタバタ旅行記だったから尚ビックリ!!しかも旅行者の1人になってるような気分で心地よい感じです。なので、メインのクライマックスところはサラッと描いていて、なので、市井の人が「持てるチカラ」を使って、人を救うという展開は説得力がすごくありましたし、優しい着地だなと感じました。
オランダシーンの乱痴気騒ぎも可愛かったですし、イタリアシーンでの女の子もすごく可愛かったです(あの女の子は実在じゃないらしい)。
実写部分と顔変わらない!?と思ったら本人だったのね、演技すごい。
WM

WMの感想・評価

3.1
本人が演じてると知ってから見ても、本当に?と思うほど演技に違和感がなかった。

母親含む出てくる女性陣がみんな美人なのですが、そこはフィクション?

思っていた展開と違かったものの、ドキュメンタリーとしてみたら良質な作品であったと思う。
>|