15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、500名以上の乗客全員が恐怖に怯える中、幼馴染の3人の若者が犯人に立ち向かった――。

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

クリント・イーストウッド作品が好きです。今回の映画も何故そうしたのか…何故出来たのかを本当に丁寧に表現してあった。
KeiHonda

KeiHondaの感想・評価

4.1
さすが、クリントイーストウッド
視点が良い。
乱射シーンが少ないのも良い
pecori

pecoriの感想・評価

3.9
10数分でコードブルーとかの何倍も救命の素晴らしさを感じれたよ。
スペンサーGOがマジでカッコいい。
イーストウッド先生、これを映画にするには無理があったような。

ニュースで十分やったような気が。
すんません。
実際に電車に乗り始めるのがすごく後で驚いたが、
これがリアルかと思うとゾッとしたというか、それでも勇敢な3人で、

勇気をくれる作品だった
竜平

竜平の感想・評価

4.0
2015年にアムステルダム発パリ行きの列車内で実際に起きた事件を、偶然そこに居合わせ事件に立ち向かった3人の若者の生い立ちを軸にして描く。
個人的な見解ではあるけど、イーストウッド作品にはもはや安定の面白さがあるなと。今作も彼ならではの出来。事件当日のことを大々的に描くのでなく、そこにたどり着くまでの経緯、当事者たちが抱えていたであろう想いや信念といったものをじっくりしっかり描いていく。かなりの回り道のように見えるけど、これぞイーストウッド節というか、積み重ねて積み重ねて最後に一気に崩す、その構成に実話というのも合わさってどっしりとした何かを受け取らざるを得ない。まぁそこらへんの好みはやっぱり分かれそうだけども。
そんなストーリーテリングもさる事ながら、この映画で一番驚かされるのが主演の3人、じつは実際にその事件に居合わせ経験した本人たちが務めているという点。演技に関して全くの素人。見る前からそれって大丈夫かよと思っていたけど、そこにあるのはなんというか嫌味のない自然体の姿と、妙な現実味と、俳優では間違いなく出せない空気感。ドキュメンタリーと映画の狭間に上手く収まった印象。俳優が演じてるパターンも見てみたかったかも、という想いも少しはあるけど、この挑戦は結果的に素晴らしかったなと。それはラスト含め、メッセージ性としても功を奏してる。とにかく一度は見てみてほしい、そんな作品。DVDの特典を見て、事件に巻き込まれた夫婦役も本人が演じていたという事実に驚いた、のは俺だけじゃないはず。
ス

スの感想・評価

3.5
実際に事件を経験した人たちが演じてるっていうことで現実味があったし、素晴らしい映画だなって思った。
Interest

Interestの感想・評価

2.0
実際にあった事の本人たち出演による再現ドラマ…それ以上それ以下でもなく。

一般人によって多くの犠牲を出さずにテロを防いだ事の背景を知りたい人にはイイかもしれない。

大きな脚色を求めてる訳じゃないけど"映画"として何か物足りなさを感じた。"ドキュメンタリー"とした方がしっくりきたような。
ごめんなさい何も知らずに観ました。
あとから調べたりしてみました。

やんちゃな幼なじみ3人組が成長して軍人に。
それぞれに波はあったものの仲の良さは続き、
ヨーロッパ旅行。
ただただ楽しそう。普通に。楽しそう。
※実話なのは知ってたけど3人が本人って気づかなかったです、いやまじで演技がナチュラルすぎて素人感なかったよね?

そっからのあの事件。
非日常が急に訪れたのに冷静で勇敢な判断と行動。
本当にすごい。こんな言葉しか出なくてごめんなさい、すごすぎます。
※乗客も当時の人たちらしいですね…さすがだ…。

イーストウッド監督やばいな、すげぇ。
この人じゃなかったらここまで忠実に再現できてないんだろうなー。

何事にも勇気を持って行動できるよう精進して参ります。
ケリー

ケリーの感想・評価

3.6
実話ということで、どのような映画なのか気になっていた作品。本人出演ということで、お芝居は?と気になる所だったが、自然体な演技に驚き。私はこの事件のことを知らなかったので、3名(4名)の勇敢な方のテロとの戦いを知ることができて良かった。ヨーロッパの観光地を転々と映し出していた所が、自分も小旅行している気分になれる。
>|