15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

事件の被害者達が演じていると知ったうえで観たけど、全編に渡って出演しているとは思わなかったので驚いた。
ご本人に演じさせることはもちろんだけど、その上かなりプライベートな部分まで描いてしまうことを納得してもらえたのはイーストウッドだからかな。
実際のニュース映像と撮影したシーンの登場人物が一緒ってフツーじゃあり得ないよね。
こんな突飛なこと思いついてやらせちゃうイーストウッドってやはりとてつもない人だね。
ゆかり

ゆかりの感想・評価

3.6
テロのシーンが思ったより短かった。本人と似てるなーって思ってたら本人たちが演じてたなんて!すごい!
ルイ

ルイの感想・評価

3.8
"人生に導かれてる。そう思わないか?"

"皆に物語がある。それを語るべきだ"
Taki

Takiの感想・評価

3.3
電車内のテロを防いだ人達、本人達が演じた映画。なので、普通の映画とは随分違うと思う。内容は思ってたのと違って、事件の場面はちょっと。彼らの幼少期とか旅行の最初の方が主。すごい面白かった訳ではないけど、この内容を普通に観れる映画にしてしまうC・イーストウッドは凄いですね。
ルート

ルートの感想・評価

3.5
途中のロードムービーは何を見させられているんだという気持ちになる。最終的にはすべて「平和を求める祈り」に帰結する
捕まえるシーン一瞬。
いつくるんやろーいつくるんやろーと見てて旅行のシーン多かった
見所のテロのシーンが思った以上に短かくて味気ない気もするけど、素人なはずの役者の演技も自然だし、主人公達のエピソードが伏線のように作られていて、グッと来るものがありました。

やはりイーストウッドは凄いんです…

人生何が起こるか分からないけど、来たる時の為に肩甲骨でも回し始めるかなぁ〜!
maipop

maipopの感想・評価

3.7
クリントイーストウッドって本当にすごくない?!すごいよね!本人たちを起用するなんて誰が思いつくの!素晴らしいね。
前半はとても見やすいし、おすすめ。
じーじ

じーじの感想・評価

1.5
冒頭で映される、社内テロのシーンまでただひたすらに抑揚のない青年の人生を見せられ
ようやく話の肝と思われるテロのシーンまで来たと思えばものの数分で終わってしまう。

見方が悪かったかも知れない。
物語やアクションを期待して見るべき映画ではなかった。
nobu0326

nobu0326の感想・評価

3.9
悪ガキトリオが15時17分発の運命に導かれし場所に集い善行の結果サクラメントのヒーローになったお話。この事件は残念ながら知りませんでしたがさぞや3人の母親たちは鼻高々だったでしょう。さらに最後の小山薫堂のwowowの解説で分かりましたが、映画に出演していた3人は本物の3人だったということにびっくりさせられました。やるなクリント・イーストウッド監督。
>|