ONODA 一万夜を越えての作品情報・感想・評価・動画配信

『ONODA 一万夜を越えて』に投稿された感想・評価

横井庄一さんや小野田寛郎さん帰国のニュースを子供の頃にライブで見聞きしていたとは、今思えばまだ「戦後」の空気が残っていたのだなと再認識。
当時は知る由もなかった、ルバング島での小野田さんの日常に触れて、「生き残る」とはこういうことかと思い知る。
戦争にのめり込むもの、受け入れられぬ者、様々な人間模様が描かれていて、見入ってしまいました。

ONODA本人の内面については徹底してはっきりとは描いていなかった。
現実の小野田さんについて回る「本当に終戦を知らなかったのか」「知っていてインドネシア人を殺害したのではないのか」という批判について、姿勢を明らかには描かなかった点も、個人的には好感を持ちました。

雄弁なのは言葉よりも瞳
約30年間戦い抜いた小野田寛郎を遠藤雄弥と津田寛治が演じる。
極限の環境と精神状態で人はどうなるのか?
帰れなかったのか?帰らなかったのか?
横井さんとなんとなく勘違いする部分があるけれど、
こちらは、定住してないあたりが本当に凄い!
津田さん素晴らしかった、昔の中村獅童のドラマも良かったですけどね。前に小野田さんの本をいくつか読んだんですが、本には無かったような出来事も描かれていて、実話なのかフィクションなのか分からないところもありました。あと島田さんと小塚さんはフィリピンの警察と撃ち合って亡くなったのではなかったですか?勉強します。
アンヌ

アンヌの感想・評価

3.5
最後まで軍人であり続けた
プライドに脱帽!

子供の頃 小野田さんという人が戦争終わったのを知らずに 約30年間任務のためにフィリピンのある島でひとり戦い続けていたのだが 見つけ出し説得してようやく日本に帰って来た
というニュースが世の中を騒がしていたのは知ってはいました

それがどんなに過酷だったかを描いた作品です

小野田さんへの命令は フィリピンのルバング島へ潜入し 仲間とアメリカからこの島を死守せよ!
というような命令でした

どうやら小野田さんは最初からひとりで戦い続けたわけではなく
最初は結構な人数がいたようでした
それが色々な事が起き
バラバラになり
最終的には小野田さんを含め 4人の精鋭部隊になりました

食料の調達
病気や怪我など
それこそジャングルでの潜伏生活は過酷を極めました

そうこうしていくうちに
戦争は終わります
しかし!その4人には伝わらず
そのまま潜伏生活を続け
病気や地元のフィリピン人からの攻撃 
投降 
なので
ひとり減り
2人減り
と最終的には
小野田さんひとりぼっちに…

それまでは気心知れた仲間と
それなりに充実をした生活のようでした

うすうす日本は終戦になったこと
そして日本が負けた事
はわかっていたようですが
小野田さんたちは決して投降や戦争をやめるつもりはありませんでした

しかし小野田さんを見つけ出し 日本へ連れて帰り有名人になろうとしたひとりの若者(この若者もかなりの冒険家で変わり者 最終的には小野田さんを見つけた後 雪男を探しにゆき遭難して絶命!!)と出会いしばらくひとりきりだっせいなのか その若者と友情みたいなものが芽生え ようやく日本へ帰国するのまでの映画です

約3時間ある映画でしたが
全く長く感じず
あっという間に観終わりました!

本当に見応えあり
感慨深い作品でした

あの頃の日本には
良くも悪くも
サムライ
がまだいましたね

小野田さん役の
津田寛治さん
本当に小野田さんにしか見えませんでした!!😳
小野田さん役の若い役者さんも
見事でした!!🤗

オススメです😎

追伸 
確か小野田さん日本へ帰ってからは 最初英雄扱い しかし後にフィリピンでの蛮行が報道され バッシングの嵐にあい 日本に幻滅し 約1年ほどでブラジルへ移住し そこで兄と牧場経営
サバイバル術や乗馬などを教え 結婚もし
それなりに幸せな晩年だったように記憶しています
Yuri

Yuriの感想・評価

2.5
ドラマは何度か観たことがありますが、本作はフランス映画で、映画で小野田さんが描かれるのは初めてなのだそうです。なぜ?ハードモード過ぎるのがずっと続く重たい映画だから?ドラマは子どもの頃に観たことがあるけれど「30年間終戦を知らなかった男性の軍人の帰還」という出来事自体がインパクトがあり過ぎて、小野田さん自身の人となりはいわゆる典型的な日本軍人としか描かれていなかった気がします。当時の日本に、秘密戦の特殊訓練兵なんてマーベルみたいな人たちがいたかはわからないけれど、小野田さんがチンピラ、ごろつきなどを集めた特殊兵という設定は初めましてで興味深かったです。太賀を見つめる津田さんの目つきがまさに武士のそれで、物言わずとも流石の名演だと思いました。小野田さんと仲間1人が勘違い論を展開していく様はカンヌでは笑いが起きたみたいですが、ハードモード過ぎて笑えない・・・。最後の仲間が殺されちゃった件りとか、気持ちを想像したらもう胸が潰れそうでした。太賀演じる旅行者に「野生のパンダと雪男と小野田さん」と同列に並べられているのは笑えました。小野田さんが戦地に赴くまでの件りがあるからこそ、これまで物語に深みが生まれているのだけれど、上官と歌の件りとか眠くなるのも事実で、上映時間も長いのでもう少しテンポよく描けたのではないかなと感じました。今の若い子は小野田さんの存在自体知らない可能性もあるので、知らないなら絶対に観た方が良い作品です。
竹千代

竹千代の感想・評価

3.7
戦争中だと思いフィリピンの島で生き続ける小野田さんを映画いた作品。歴史を知る意味でもリアリティがある作品です。
長いので暇な時に是非👍
shin

shinの感想・評価

3.8
彼は30年間ジャングルの中で何と戦い続けていたのか。人生のほとんどを戦争に捧げた小野田さんもまた戦争の被害者だと感じた。
ただ残留兵が島民を殺害するシーンは、いくら残留兵は戦争中という認識であったとしても、島民からしたら許せない出来事だろうと思った。
小野田さんを映画化するのは意外にもこれが初めてらしい。しかもフランス人監督とスタッフなのですね。3時間は少し長いですが30年の月日を体感するのにはちょうど良い長さだと思いました。みんな良い俳優さんだったな。
現代の人は、戦争は国民は洗脳されてたとか軍部が暴走したとか、何故か上から目線で語るが、現代人は何も進化してないのはコロナ禍で痛感。
有色人種を下等なサルと東アジアを植民地にしていた差別主義欧米列強の白人どもに目にもの見せてくれた日本軍には拍手。
この戦争をキッカケにアジアの国々は独立を果たした事を思うと歴史を客観視する入り口としても、良い映画です。
ty97

ty97の感想・評価

4.3
保守的な価値観を理解した上で行動できるのが本当のリベラル。日本人のアイデンティティを持たない監督だからこそ成し得た作品だと思う。傑作。
>|

あなたにおすすめの記事