ONODA 一万夜を越えての作品情報・感想・評価・動画配信

『ONODA 一万夜を越えて』に投稿された感想・評価

美亜

美亜の感想・評価

4.0

2024.59本目

太平洋戦争終戦を知らずに、フィリピンのルバング島で30年過ごした小野田陸軍少尉

3時間の映画だけど飽きずに観れた。実際は30年やから壮絶な人生だったはず。役者の痩せこけた感じ…

>>続きを読む
noa

noaの感想・評価

3.1

特にここ!って気づけなかったけど
監督が日本人じゃない日本題材映画って独特の感じがある、ような気がする。
監督が日本人じゃない時、結構日本語変な俳優さんのことあるから、これは全然違くてキャスティング…

>>続きを読む
ぶん

ぶんの感想・評価

4.0

最初に、実話でどうとかよりもドラマとしてとても良かったぁ。邦画じゃないのに役者のチョイスに長けてて、背景も綺麗だし、なんと言っても文化の違いといった感覚の偏りがない感じ。

小野田さんの映像は今も目…

>>続きを読む

小野田さんの話を初めて知った時、そんな過酷な人生ってあるものだろうか、と、衝撃を受けて以降、そういう人がいた、というのを時々思い出しては心を揺さぶられていた。
いつか映画にならないかなと思っていた。…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

小野田さんがどうやって生き延びたのか、発見されたのか知らなかったからいい勉強になった。

仲間が死んでいく中で30年間生き延びられた精神力は辛いとか強いとかそういうものを超越してる。

戦争が終わっ…

>>続きを読む

太平洋戦争で、高所恐怖症を理由に航空隊から陸軍への転属を余儀なくされた小野田は、何があっても生き延びて情報工作などに従事するための特殊訓練を受ける。

その後、フィリピンのある島に派遣された小野田は…

>>続きを読む
ゆう

ゆうの感想・評価

4.0
3時間だけどあっという間に感じた。

おのださんの心理描写がとてもよかった。
写真取るシーンよかったなー。
あま

あまの感想・評価

4.5
合計1197作目
2024年20作目

小野田さんの心情をことを静かに丁寧に描いてくれていて、3時間と長丁場だったが、苦はなかった。
ザン

ザンの感想・評価

3.6
戦時中の刷り込み教育と国粋主義が掛け合わさった懸案か。
リアル浦島太郎が現実を見た時の衝撃は計り知れない。
ひよ

ひよの感想・評価

3.7
とても静かな映画だった

小野田さん知らなくて調べた
これまで知らなくて恥だと思った

終戦後30年間闘い続けるってすごい
30年は長い
.
2024-13
>|

あなたにおすすめの記事