万引き家族の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治…

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

「万引き家族」に投稿された感想・評価

BABA

BABAの感想・評価

5.0
映画 恋人たち で橋口監督が「飲み込めない想いを飲み込みながら生きている人が、この日本にどれだけいるのだろう。今の日本が抱えていること、そして“人間の感情”を、ちゃんと拾ってあげたい」と言っていたのを思い出した。まさに万引き家族もこれを描いていたような気がしました。細かく好きな感想はありますが、誰か作ったテレビやネットの報道、誰かが書いたレビューなんてどうでもよく、とりあえず映画館にGOです。レビューしといてなんですが。
納得の出来栄え
日本映画にありがちなオーバーな演出や演技を抑えて
非現実的な部分はありつつもリアリティにこだわった感じ
日本の映画でしか味わえないような侘び寂び
細かいユーモアなどがしっかり詰まっていた
伏線の回収も抜かりなし。
まゆげ

まゆげの感想・評価

4.3
是枝監督の作品といえば、淡々とした演出、静かな雰囲気に宿る役者陣の魂と脚本の完成度の高さ、そしてラストのエンドロールへの持って行き方、が特徴的と個人的に思っているが今作はそれが特に功を奏している作品だと思った。

エンドロール前のあの2つのシーンは鑑賞後ずっと脳裏に焼きつき何とも言えない脱力感と共に考えこんでしまう。

家族という1つの集合体を描く中で、様々な現在の日本における社会問題がしっかりと提起されている。

その中の1つでもある貧困の描き方の手腕も素晴らしかった。
柴田家のあのなんともいえない貧しい空間。
それでもいくつも問題を抱えた(ニセ)柴田家の人間には、大切で幸せな空間。
何度もでてくる決して美味しそうではない食事シーンを中心にしっかりと描かれていた。

また、役者陣の演技も子役2人も含め全員凄まじい。

今作は、淡々とした演出の中でストーリーが展開され、テンポも決していいわけではない。
ただその中で見えてくる丁寧なつくりと美しいシーンはこの作風でないと描けないと後から考えると思う。
特に、重要なセリフや設定がうっかりしてると聴き逃してしまうほどに簡単にあかされるし、鑑賞にはとても集中力が必要。
それでも観終わった後に必ず人々に大きく心に残るであろう今作はパルムドール賞受賞も納得。
まめこ

まめこの感想・評価

3.9
正しい家族の形、愛の形はなにか。何が正しくて何が正しくないのか。正義だと思って行ったことは押し付けではないのか。色々考えさせられる映画。
pants525

pants525の感想・評価

4.3
割り切れない、
正解のない、
ラストにもやもや

鑑賞後じりじり、じりじりと心が堕ちていき、しばらく頭が重くキリキリ

無性に人が恋しくなるような、
子供の頃にたまに感じてた絶望感とか緊張感とかが蘇ってくるような

ちょうど放送だったマジ歌横アリライブを見て取り戻しました。。よかったー感謝

劇場で見てる最中に、もう一回観なきゃと思っていたけど、ちょっと時間を空けて、チャレンジします。今度はもっと隅まで見たいです。
家族ってなんなのか 子供を産んだら親なのか あの家族は温かいながらも残酷で感情がよくわからなくなってしまった

それにしても裕福層と貧困層との家の描写の対比が素晴らしい たしかに大きい家ってもの少ないな〜って思って鑑賞してた
わざわざ大阪でみた。むしろ京都でみればよかった。いやDVDでみればよかた。てゆーか別にみなくてもよかったかな
Fuku

Fukuの感想・評価

4.5
リアルな感じでじーんときた。
女優さんの体張った演技や子役の素晴らしい演技、リリーフランキーさんと樹木希林さんの自然体且つその俳優さんにしかできない演技に魅了されました。
脇役のキャストさんも豪華のひとこと!

パルムドール受賞おめでとうございます。
ざわわ

ざわわの感想・評価

4.3
見終わって3日、ずっとこの映画を表現する言葉を探していた。これはすごい。評価が高い理由が分かる。淡々としているからこそ、心が揺り動かされるような、映画自体は何も語らないのに、否が応でも考えさせられるような、とても邦画らしい映画だったと思う。逆にこれを見て何がいいのかわからない人も絶対いるんだろうなと思う。多くの判断が私たちに委ねられるが、答えのヒントは随所に散りばめられている。是非観た人と感想を話し合いたい。

俳優陣の人並外れた演技力がなければ絶対に成り立たない作品。特に取り調べシーンのシークエンスでは、無言の演技がこんなにも鮮烈な印象を与えることがあるのかと驚嘆した。

ストーリーについては奥深くて素晴らしすぎて私の語彙では表現出来ないので、とにかく1度見て欲しい。
血が繋がっていれば家族なのか。子供を産めば親なのか。では同じ家に住み、笑い合って一緒にご飯を食べ、同じ布団で眠る、この関係をなんと呼べばいい?名前の付けられない関係を、この国は許してはくれないのか。
久々の映画鑑賞ー✨。

これを観て 「誰も知らない」を思い出してしまった。


ケイトブランシェットさんを唸らせた、という 泣きの演技はこれかーーー!…と思った。納得…。

本当の家族じゃないけど、「本当の家族より絆あります」系の映画は今までも結構あったので 自分的に過去一!とまではいかなかったけど、良かった。
祥太くんも鈴ちゃんも上手でした。

子供って大人が思うような子供じゃなくて何でも感じているし一生懸命考えて生きてる 見た目小さな大人なんだよね と改めて感じました。

最後、鈴がフェンスで何かを待っている様な あのシーンで閉じた所が ガツンと余韻残されてとても良かった。

終盤、捜査員が出てくるのだけれども、そこは有名な俳優揃いじゃなくても良かったんじゃないかなー…と
この映画の折角の空気感が有名俳優 で 少し 変わっちゃった感じがしてそこだけ残念でした。
>|