海街diaryの作品情報・感想・評価

海街diary2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:

上映時間:126分

3.7

あらすじ

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。…

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。三姉妹の父を奪ったすずの母は既に他界し、頼りない義母を支え気丈に振る舞う中学生のすずに、長女の幸は思わず声をかける。「鎌倉で一緒に暮らさない?」 しっかり者の幸と自由奔放な次女の佳乃は何かとぶつかり合い、三女の千佳はマイペース、そんな三姉妹の生活に、すずが加わった。季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分かち合っていく。しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れたことで、一見穏やかだった四姉妹の日常に、秘められていた心のトゲが見え始める―。

「海街diary」に投稿された感想・評価

sarinuhe

sarinuheの感想・評価

3.8
落ち着くようなきれいな映画。
鎌倉っていいよね。
tea

teaの感想・評価

3.6
家庭の事情やそれぞれの生活が描かれており、人生を見ている気がした。

細々と、だけど幸せ。
そんな暮らしもいいなあと思いました。

このレビューはネタバレを含みます

よかった映画であることに間違いはないけど、人に自信を持って勧めるほどではなかったかな。リピートはないかなと。
海街

海街の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

海の街、江ノ島を舞台にした4姉妹の記録です。


ゆったりと、しかし慌ただしく生活感をもって流れていく時間と、それを切り取る映像の美しさがあります。


音楽も、柔らかく聴き心地が良いです。


江ノ島と言う場所の、切なくて賑やかなイメージをしっかりと伝えています。


ずっと見ていたくなるような、心に沁みるような映画です。
どんな人生を送りたいか?
それで1番大事なのはどこで暮らすか。
ってことだということが再認識できる。
この優しさとか美しさとか素直さとか。流れる空気とか雰囲気とか。それはやっぱり鎌倉という土地だからこそ。
演者さんの演技ってのももちろんあるんだろうけど、この映画の舞台が鎌倉っていうこと。それが全て。鎌倉好きの僕にはよくわかる。
心に染みた。
momonosuke

momonosukeの感想・評価

5.0
優しい気持ちになれた。
美女はいいね、見ているだけで満たされた気持ちになる。

このレビューはネタバレを含みます

みんな優しくて淡くて一緒にいるのが大事で泡みたいに溶けてしまいそうでした
心温まる。姉妹の絆とか優しさとか、身にしみる。
天野

天野の感想・評価

3.7

男兄弟しかいない私からするとこういう姉妹は憧れの対象。
やろ

やろの感想・評価

3.8
綾瀬はるかがすごくリアルで、美しいってこういう事なんだろうなって思った
>|