海街diaryの作品情報・感想・評価

海街diary2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:

上映時間:126分

3.7

あらすじ

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。…

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。三姉妹の父を奪ったすずの母は既に他界し、頼りない義母を支え気丈に振る舞う中学生のすずに、長女の幸は思わず声をかける。「鎌倉で一緒に暮らさない?」 しっかり者の幸と自由奔放な次女の佳乃は何かとぶつかり合い、三女の千佳はマイペース、そんな三姉妹の生活に、すずが加わった。季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分かち合っていく。しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れたことで、一見穏やかだった四姉妹の日常に、秘められていた心のトゲが見え始める―。

「海街diary」に投稿された感想・評価

ShinyaIto

ShinyaItoの感想・評価

3.5
ふと家族との暮らしていた時間を思い出す。
あの時の日常は淡く尊い記憶。
あの時の一つ一つが今を導く。
離れていた時間を少しづつ取り戻して行こうと。

心デトックス。
ことく

ことくの感想・評価

3.2
一気に広瀬すずちゃん好きになりました
ナラ

ナラの感想・評価

3.7
自分だけがと抱え込むことは、自分だけではないし、自分がいなければと思うことは実はそんなことも無いんじゃないか

お姉ちゃんと最後に呼んだすずの心の壁が描かれていなかった隙間の物語
odasu

odasuの感想・評価

3.5
色んな賞ノミネートされてたから気になってたけど、期待は上回らなかったかな。姉妹顔似てなさすぎ。でも!!いい感じに姉妹感でてた。綾瀬はるかさんのあんな落ち着いた役って久々みたかもー。いつものハッチャケてる感じの方が好きだな。血の繋がりがすこしねじれてるけど、結果この四人になれたなら良かったと思う。景色とかがよかった。大竹しのぶの演技って良いね。
ちょっと難しかった
美人姉妹
終始静かな気持ちで観れた
MATSUZO

MATSUZOの感想・評価

3.6
特にサプライズがない展開なんだよなぁ。反面わかりやすく作ってるということでもある。個人的には、何も考えずにぼぉーと観れる映画なので、そういうときに観たらいいかなと思ってる
>|