海街diaryの作品情報・感想・評価・動画配信

海街diary2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「海街diary」に投稿された感想・評価

まるでドキュメンタリー映画のようにリアルに描かれていて「洗骨」に似た雰囲気だった
みんな複雑な事情を抱えてるけど絆を深めていくとこが人間味あって良かった
久しぶりに邦画観て
久しぶりに映画で心満たされてる

生きてる限り
人との繋がりって
紡がれていくんだろうな
麗

麗の感想・評価

3.8
広瀬すずが可愛かった。
とても素敵な話。
原作のすずより落ち着いてる感じ。
日本を代表するであろう美女と美しい映像は保養とはなるが、とってつけたように続く台詞に、心を動かされることはなかった。
是枝さんお得意の、なんでもない淡々と続く日常のすべてがキラキラした宝物みたいな映画
原作は未読だけど、原作も読んでみたくなった
小松菜

小松菜の感想・評価

4.0
ほっこりする映画!
鎌倉に住みたくなるほど素敵な映画でした。
広瀬すずちゃんあまり好きではないけど、この映画のすずちゃんはめちゃくちゃ可愛かったです。
Nayu

Nayuの感想・評価

3.5
飛行機で暇だったので2回見た✈︎

なんだかこの姉妹すきだな〜
お父さんは優しすぎてダメな人だけど、残してくれた宝物(すず)が素晴らしかったというもの

すずはとっても強い女の子だなぁ
今後もこの家をこの4人で残していって欲しいと思いました。
庭でとれる梅でわたしも梅酒飲みたい
個人的にはジブリのような温かさと優しさが溢れる物語
だからなのか?何度か観ているはずなのに、なぜかはっきりとした内容を覚えておらず、また観たいなと思って、気付いたら再度鑑賞してる(笑)
私はこんな家庭に憧れがあるし、私も縁側でバスタオル全開やりたい
鯵の南蛮漬けにも、おっ!となるし、姉妹みんな可愛いし、心地がいい
すんばらしい。
心が洗われる映像。一生見ていたい。

学生時代に思い入れある鎌倉と、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの4姉妹が映える映える。

ゆったりしたなかに確かな物語があり、心の機微がはかなく楽しい話し。
ang

angの感想・評価

4.6
日常の美しさをどこまでも表現した映画。

鎌倉の海や、なんて事のない住宅街。通学路、裏道、海の上。
誰もが一度は経験したそんな日常をどこか淡く描き出すことで、既視感すら覚える。まるで自分がかつて鎌倉で暮らしていたことがあったかのように。

この映画の凄いところはなんと言っても映像である。
特にカメラワークには思わず溜息が出た。邦画は定点で映し出すことがままあるが、この映画ではほとんどの画面でがゆっくりと動かしている。これは物語の中でも変化する季節や、日常の暮らしといったたゆたう時の流れを表しているように思える。

あと、全ての画面に強い色が使われていないところもこの映画の魅力だ。淡く映し出される4姉妹の日常は2時間見ても疲れることはない。それくらいスッと入りこめて、まるで自分がそこにいたかのような錯覚さえ覚えるほどだった。

このように優しさで感じられる映像から描き出されるのは父親という共通点だけでつながっている四人の女の物語である。それぞれが父親に対して思うことがあり、またそれぞれも感じていることがある。映像と脚本のギャップがこの映画の魅力の一つとなっていると言っても過言ではない。

もちろんそれらはミスマッチになっていない。
むしろ人間の表面と裏側を描き出すのに一役買っている。

鎌倉に出かけたくなる、そんな映画でした。是非。
>|