海街diaryの作品情報・感想・評価

海街diary2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.7

あらすじ

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。…

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。三姉妹の父を奪ったすずの母は既に他界し、頼りない義母を支え気丈に振る舞う中学生のすずに、長女の幸は思わず声をかける。「鎌倉で一緒に暮らさない?」 しっかり者の幸と自由奔放な次女の佳乃は何かとぶつかり合い、三女の千佳はマイペース、そんな三姉妹の生活に、すずが加わった。季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分かち合っていく。しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れたことで、一見穏やかだった四姉妹の日常に、秘められていた心のトゲが見え始める―。

「海街diary」に投稿された感想・評価

複雑な家庭環境。
3人の姉妹に父の浮気相手の娘が住むことに。
p

pの感想・評価

3.5
ふとした仕草や表情が切なくさせる。
おばあちゃんが作った最後の梅酒。浴衣に染み付いたおばあちゃんの匂い。
今居ない人のかけらが残ってるってなんだか切なく勿体無い、けど嬉しい。
花音

花音の感想・評価

3.0
鎌倉ってとっても素敵な街なんですね〜 行ってみたくなりました!
いや、暮らしたい!
Eno

Enoの感想・評価

3.5
日本の綺麗な風景や昔ながらの手仕事が美しい映像で丁寧に描かれた作品。
きつい言葉のやり取りはあるが、全てが柔らかなガーゼに包まれたような印象だった。

英語タイトルは「Our Little Sister」。
原題からかけ離れたタイトルを付けたのは、異母妹を引き取るという欧米受けしそうな点を強調したかったからか?
愛フジ

愛フジの感想・評価

3.8
家族って素敵、人はダメな所も良い所もあってそれでいいって思える作品。
すごくのほほんと観れるけど、結構複雑な人間関係が入り乱れてる。その中で家族と関係性やそれぞれの人生、緩やかに変化してどんどん自分らしくなっていく。
信頼出来る人や何気ない日常って素敵で色んなストーリーがあると感じた。
そしてキャストが豪華で、みんな演技がすごく上手。とてもナチュラルで空気感が伝わる。過酷な演技をするのもプロだけど、自然な演技を違和感なくするのも尊敬しました。
ふとした時に見ると、大切なことに気付ける作品。
ゆったり流れる
鎌倉の四季と

そこで生きる
美人姉妹を

柔らかい映像で
スケッチした作品

たまにはこういうのもいいかも
地元が舞台だったので鑑賞
長澤まさみキレイ(;_;)
広瀬すずかわいい(;_;)
以上
ami

amiの感想・評価

3.5
この独特の雰囲気がやたら心地よい。
オープ二ングの長澤まさみちゃんが綺麗。

記録
anomusuB

anomusuBの感想・評価

3.8
はやく夏が来てほしい。
邦画嫌いでしたが、とても綺麗でした。
ひかり

ひかりの感想・評価

3.7
三姉妹とすずちゃんの関係性、本当だったらすごく複雑なのに


めちゃくちゃ綺麗に美しく描かれてて

その描写がなぜかとても心を切なくさせてきた


綺麗だった

憧れるような綺麗さ
>|