海街diaryの作品情報・感想・評価

海街diary2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.7

あらすじ

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。…

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。三姉妹の父を奪ったすずの母は既に他界し、頼りない義母を支え気丈に振る舞う中学生のすずに、長女の幸は思わず声をかける。「鎌倉で一緒に暮らさない?」 しっかり者の幸と自由奔放な次女の佳乃は何かとぶつかり合い、三女の千佳はマイペース、そんな三姉妹の生活に、すずが加わった。季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分かち合っていく。しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れたことで、一見穏やかだった四姉妹の日常に、秘められていた心のトゲが見え始める―。

「海街diary」に投稿された感想・評価

ゆるり

ゆるりの感想・評価

3.0
あんまり面白くなかった。
是枝監督の作品らしい日常感はよかった。
火星人

火星人の感想・評価

3.5
リアルで自然な空気がよかった。
よっちゃんみたいなお姉ちゃんほし〜〜
daisonu

daisonuの感想・評価

-
血の繋がりって何だろう、家族って何なのだろう、そういうことを改めて感じるあったかい映画だった。こういう心があったまる素敵な地元、場所があるのっていいな。
MISA

MISAの感想・評価

4.3
雰囲気映画として好き!おうち素敵!原作の漫画も素敵だからぜひ読んで!
当時は何とも思ってなかったけど、中学生くらいまでの、季節の変化を写してる生活の断片って大人になっても記憶に残ってたりする
都会でも都会なりに丁寧に暮らして行きたい
海沿いで暮らす美人4姉妹ってだけでとても良い。けど広瀬すずがめっちゃいい子そうだけど父親を恨むシーンもあって、思春期のもどかしさが伝わってきた
のぶ

のぶの感想・評価

4.5
強く美しい女性が4人も…樹木希林と風吹ジュンも入れたら6人も…夏帆と広瀬すずのやり取りにほっこり
死ぬって分かってもきれいなものをきれいって思えるのがうれしい
Maria

Mariaの感想・評価

4.0
ホノカアボーイ以来のほっこり感。疲弊が溶けていくリラックスムービー。それでも綾瀬はるかと長澤まさみの曲線美にうっとり。
最近見た鎌倉物語といい鎌倉欲が熟れてきた。なにか特別なのかしら鎌倉。

病院が出ると見方変わるんだけど、綾瀬はるかみたいな美人看護師は居ないはず。
juuu

juuuの感想・評価

4.0
のんびり時は流れるのに感情が少しずつふつふつと現れてくる感じがとても良い。
当然のように江ノ電沿いに住みたくなり、鎌倉住みの友人を羨ましく思った1作。
>|