海街diaryの作品情報・感想・評価・動画配信

海街diary2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「海街diary」に投稿された感想・評価

そら

そらの感想・評価

-
自分の日記読み返してたら
海街diaryめっちゃよかったって書いてあったから久しぶりに観た
映されていないものが見えるってすごい
Masashi

Masashiの感想・評価

3.4
映画を観るに耐える精神衛生がここ半年ほど戻って来ないから、リハビリも兼ねて少しずつ観た
優しい、暖かいお話はともすれば薄ら寒い理想の押し付けになってしまいがちだけど、三姉妹(特に長女と次女、三女には無理のない自然さがあってそれも良かった)の不器用さが作品に説得力を与えていて良かった
kugutsu

kugutsuの感想・評価

3.8
故郷に帰省し、戻ってきた後、纏わりついた郷愁と叙情性をできるだけ漂わせておきたい。
どんな映画がいいか小一時間考え、たぶんきっとこれだと、確信ではないけど、根拠のない自信があった。

おもしろくない。大きな起伏もなければ盛り上がる場面もない。けどそれでいいしそれがいい。
求めていたのはこんな風に、ただ時間が流れているのをゆったりと感じられる作品。
地元は鎌倉みたいにロマンチックで趣ある場所ではないけど、不思議と同じくらい素敵な場所に思えてくる。
あれだけ帰りたくなかった地元をこんな風に感じられるようになったのは、年を重ねたからなのか、なんなのか。
これからは一年に一度は帰るようにしようと、そう思った。
作品を通して強く印象に残ったのは、実家を思い出させるような縁側でもなく、うちのおばあも作っていたなと思い出させる梅酒でもなく、長澤まさみのえっちさ、それだけ。
こんなベクトルの論評をえっちで締めくくりたくないのは当然だが、それでも言っておきたいほどにはえっちだったからしょうがない。
結局は郷愁も叙情性も、エロの煩悩の前では霧散するしかない。悲しいね。(悲しくない)
キャストが鬼豪華
時間が経つにつれてすずが家族に馴染んでいってる感じが良かった
長澤まさみはどこを切り取っても最高
onoshi

onoshiの感想・評価

3.6
夏帆さん演じる千佳が可愛すぎた…
赤ちゃんみたいだった…
大好きなレキシこと池ちゃんのゆるい演技素晴らしかったです
Moomin

Moominの感想・評価

4.8
情緒

鎌倉で暮らす三姉妹
そこに腹違いの女の子が加わり、4姉妹での暮らしが始まる
それぞれの複雑な思いが交わる

それぞれのキャラクターが
それぞれの立場で台詞を紡いで
それが繊細過ぎて作品の深みが時間と共に深まる

またそれを、羨ましくなるほどワンショットワンショットが美しい
力の入れ方が凄い
これが映画。

1つのテーマが『家』であって
これを新しい形の家族が考えてるのがとても新鮮 だからこそ衝突する度に新しい発見があって それぞれの人間が抱えてるものってあるんだなって
その上で広瀬すずはやはり別格だったと
sunny

sunnyの感想・評価

5.0
何度も何度も何度も見ている作品。
映像が綺麗で出てくる女優さんもみんな綺麗。
ns

nsの感想・評価

4.0
日常を切り取った日記であり、ちゃんと物語でもあって、そのバランスが心地よかった
家族に会いたくなる映画
千佳「ねぇきいてよ、あたしにも」
佳乃「いや、あんた趣味変わってるからなぁ」

本当になんでもないやりとりから、姉妹たちの“これまでの感じ”みたいなのが滲み出ていて好きだった。(すずも少しずつ、その“感じ”の一員になっていくのが楽しくて嬉しい気持ちになって見ていた)

みんながみんな適役で、すごい。
私がすずだったなら、千佳がいてくれたことでたくさん救われるだろうと思う場面が多かった。

居てはいけない、私の存在がまわりを悲しませているのではないか?と悩むすずが、お姉ちゃんたちや新しい友達、大人たちと関わりながら少しずつ今いる場所を居場所として築いていく過程に、暖かくて、少し悲しくて、でもまっすぐな明るさを感じさせられた。

すずが、お友達のお手伝いでお裾分けしてもらった生しらすをカゴに入れ男の子たちと帰っていく姿とかを見て、(ちゃんとこうして自分でお友達と関わっていて)すずえらいなぁ……すごいなぁ…と、いつの間にかお姉ちゃんの気持ちになってしまった。

好きなシーンたくさんあるけど、すずのシーンが印象深い。教室の窓から外を眺めるシーン、きれいだった。広瀬すず、すごい。

まえだまえだの、、、弟?
「おなじ部活の男子でよく遊ぶメンバーの一人」に、めっっちゃいい配役でよかった。
神樂

神樂の感想・評価

3.5
切ない雰囲気の映画は苦手なので遠ざけてたけど、良い映画だった。
滲み出る田舎感が素敵。着てる服とか、食べてるものとか、会話の言葉とか。
「すずはここにいていいんだよ」っていう言葉が、このストーリーで一番言ってほしかった言葉な気がする。
>|

あなたにおすすめの記事