万引き家族のネタバレレビュー・内容・結末

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.1

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治…

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

「万引き家族」に投稿されたネタバレ・内容・結末

普段洋画ばかりなので、見るか迷っていましたが周りで見てる人が多かったので自分も見てきました。
万引きを生業としている家族の物語です。個人的には最近安藤サクラさんや松岡茉優さんなどが出演されていたので、見る気にもなっていました。
このお話では、小さい子供たちまでもが、万引きをしているシーンが多く見えました。一緒に住んでいるお婆ちゃんは年金を貰っていて、さらにみんな個人で働いている設定ではありました。だから、個人的には本当にお金に困ってるわけではなくただ貧乏なだけって思って見てました。普通に生きていけてたので、、、
それで、結論僕はこの家族は、自分が誇れるものが万引きしかなく決して一般人には理解できないことではないですが、この人達の中では、こーいう生き方しかできなかったんだなって思いました。
最後は捕まってしまうのですが、そこに至るまでに深く考えさせられるシーンがあったので、見終わってからもジーンときました。自分は。
来年多分テレビでやるだろうし、その時に家族で見てほしいです。
キャストが素晴らしいすぎる
あんなに生々しくリアルな、もはや演技にみえなかった
誰よりも松岡茉優に驚いた
最初わからなかった


あとは絵が、構図がよき
屋根から縁側向けの花火みてるカットが最も好き
素敵できゅんきゅんした

安藤サクラ
松岡茉優
改めて本当素晴らしかった

(池松壮亮の使い方が贅沢かつ良きだった)

捨てられたものを拾った
なんていう言葉だろう

パルムドール納得作品でした
ギリギリ映画館でみて本当よかった
劇場にて。

家族とは、血が繋がることとはなにか。
正義とは。
複雑で重苦しい題材を取り上げているが、終始どこか微笑ましく、確かに幸せがあった家族の話。

最後警察に、
実際に子供を産まないと母親にはなれない、とド正論をたたきつけられた信代は
確かに2人の(特にりんちゃんの)母だったはず、でも母とは呼ばれてないし、何も言えない、言いようがない。なんだろうね、と。
実際前半の微笑ましい家族の光景を見ていた僕でさえ、この人はお母さんなんだ!とは言いきれないのは何故なのか。金なのか、地位なのか、血縁なのか。どれも答えであり答えではない、気がした。

相対して、
祥太にとって父でありたいと思う治、
を最後まで父だとは言えなかった、振り返らなかった祥太の成長と葛藤。
信代は
「私たちじゃ親はつとまらない」と祥太に言うが、ラストシーンからはりんちゃんにとって信代は確かに母なのだと思った。
治も口では「おじさんに戻る」と言いつつも、どこかまだ父を諦めきれないでバスを追っている。

男女の親としての意識の差、ともとれるかなと思った。

ばあちゃん、父さん、母さん、妹、息子、娘
血が繋がらない各人間の関係性も上手く描いていて、考えることがとまりません、
誰か語ろう。

是枝監督、の作品は苦手な方
とはいえ、すごくいい作品でした。

俳優さんの演技が素晴らしい。
勝手に震えてろ、からの松岡茉優のファンになった。笑
細野晴臣の音楽が良すぎた。音だけでも伝わるような。邦画は一番前で見たほうがいいって誰かが言ってたけどその通りかも。ショウタの成長の過程がリアル。
誰かを救いたくて、
負の連鎖に陥っていく。

彼らの生活は、
ギリギリのバランスを保っていたのだ。

少しでも均衡が崩れればおわり。

スイミーのようにみんなで集まって、
大きな敵をなんとかやり過ごしていたのに。

せつなくてあたたかくてやるせない。

演者一人一人が本当に上手かった…。
本当に、その人たちが、そこにいた。
現実的な映像のはじまりにまず驚いたが、淡々としたゆったりとした変わらない幸せが、突然になんとなく予期して出来てた世界の現実にさらされて離れ離れになる、全体の流れが良かった。すごく終わったあとに考えたくなった映画で、言葉にしてしまうのが勿体無いとも思った。
4番さんの短時間ながらの存在感すごかったことと、のぶよがゆりに親の居場所を教えた時の表情もよかったし、特に一番取り調べのシーンが圧巻だった。忘れられない。


家族の絆は束縛に近いものだと感じた。

もちろん、あの家族にはそれぞれ新しい出会いが待っているはず。

スイミーがたくさんの仲間に出会ったように。
孤独感を埋める世代がバラバラの血のつながっていない者同士。
安藤サクラの「刑務所に入ってもお釣りが来るほど幸せな時間だった」という表現で貴重さが伝わってきた。
決して裕福ではないけれどその環境の中で描かれた家族の絆が見ていて綺麗だった。
しかしその綺麗な家族の絆でさえも本当なのかどうか分からなくなるような後味の切ないエンディングだった。
万引きが多く描かれていて「盗む」ことを強調させていただけあって、実は息子でさえも盗んできたものだったことはだれも予想のつかないオチだっただろう。
それでも安藤サクラさん演じるのぶよの息子や女の子、家族に対する愛は嘘偽りのないもので、親と子の関係には産んだとか血の繋がりとかは関係ないんじゃないかと思わされる作品だった。
何よりも松岡茉優さんが見たくてこの映画を観に行ったので、清楚とはかけ離れたシーンもあって個人的には大満足(笑)
普通の親が子どもにサッカーを教えることの"代替物"が
あの父親にとっては万引きだった。

それはもちろん許される行為ではないですが、
彼らが”理想の家族”になるには、その方法しかなかったということです。

しかも、その歪んだ手段でも"家族"になれてしまった。
血の繋がっていない者同士が盗んだもので食卓を囲んでも
幸せな家族の時間は作れてしまった。

家族は鋳型に流し込んで作るような
決まりきった形のものではありません。

それぞれにそれぞれの形がある。
『悪魔のいけにえ』に描かれるのも『ゴッドファーザー』に描かれるのも家族。
それは周りがどれだけ否定しても、認めなくても、揺るがないものです。

『万引き家族』で描かれる家族は最後にバラバラになってしまいますが、
ラストカットの彼女の顔に希望を見たのは、
どこかに生きる家族のことを思っているように見えたからではないでしょうか。
>|